Sorting by

×
Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

2週間前、私はアムステルダムのレンブラントハウス博物館を訪れていました。レンブラント・ファン・レインは1639年から1658年までそこに住み、絵を描き、絵画を販売していました。オーディオガイド付きツアーでは、レンブラントが破産に直面して所有物が競売にかけられたときに保管していた目録に基づいて細心の注意を払って再現され、キュレーションされた家の各部屋を紹介します。壁はもちろんアートで覆われています。レンブラントの作品、友人の作品、同僚や生徒の作品。しかし、その朝、私の想像力をかき立てたのは、アートでも家具でも、彼のスタジオのイーゼルでもありませんでした。むしろ、パーラーのガラスの箱に入った小さな銀メダリオンが私の興味をピークにしました。

これは葬儀用のメダルです。片側には聖ルカギルドと1634年の紋章が描かれています。一方、レンブラント・ハーマンズという名前とSの文字聖ルカのギルドは、彫刻、塗装、棺桶の建設、彫刻などを行う芸術家と製作者で構成されていましたが、アムステルダム市内でその技術に取り組むには、すべての職人がギルドに所属し、会費を支払わなければなりませんでした。そして、1579年の時点で、ギルドのすべてのメンバーは、仲間のギルドメンバーまたはその妻の埋葬に出席することが期待されていました。聖ルークのすべてのメンバーには、紋章とギルドへの入会年、名前と職業が記載されたメダリオンが発行されました。そこで、1634年にシルダー、つまり画家としてギルドに加わったレンブラント・ハーメンス(当時は彼と呼ばれていました)がいます。ギルドメンバーが死亡すると、ギルドの使用人は所有者にメダリオンを配り、所有者は葬儀で再びメダリオンを引き渡します。葬儀に出席せず、メダリオンを提出しなかった場合、罰金を支払う必要があり、欠勤するたびに罰金が科せられます。罰金から集められたお金は、金銭的に困窮しているギルドのメンバーを助けるために使われました。この慣習には争いがないわけではなかった。1621年までに、ギルドは非常に大きくなり、全員を追跡することが不可能になり、必要なのは自分の職業や職種のメンバーの出席だけでした。しかし、何が自分の「技術」を構成するのかは、議論の余地のある問題でした。1735年には、一流の画家や芸術画家(クントシルダー)は、家の画家(クラッドシルダース)の埋葬に出席する必要はないと感じていたようです。このささいな問題を解決するために、この区別は取り除かれ、皆がシルダーになった。1誰もがこのギルドの要件を高く評価したり守ったりしたわけではないという証拠があっても、これは驚くべき慣習だと私は思う。知り合いであろうとなかろうと、地域の誰かの葬式には出席することが期待されていました。共同体は、自分たちの一人に敬意を払うために出てきた。そして、『グッド・フューネラル』のトム・ロングの言葉を借りれば、「一人の死は共同体全体にとっての逆境であり、故人に敬意を払うだけでなく、生と死の意味を思い出す機会でもある」ことを記念して集まった。2今日、私たちの共同体意識はそれほど強く感じられていない。「ギルド」を「教会」に置き換えたら、会衆全体が仲間の教会員の葬式に出てくるという考えは、私たちの多くが信じがたいことだと感じるでしょう。確かに、誰かをよく知っていれば出席するでしょう。しかし、彼らがコミュニティの一員だったからというだけではありません。ロングは(「歌を歌いながら一緒に歌う」)、私たちの社会は葬儀を主に悲嘆の管理と遺族の慰めのための機会と見なすようになったと主張しています。ですから、会衆席に追いやられる葬式よりも、より親密な環境でそのような慰めが得られる面会に出席する傾向があるかもしれません。3それでも、ロングは、教会が教会として機能するのは葬儀のときだと言います。そう、葬儀は慰めを得るための機会です。しかし、それ以上に、「亡くなった人、キリスト教共同体、聖徒の交わり、そして人類全体にとっての生と死の意味を定める、劇的な福音の演奏」なのです。クリスチャンの葬儀では、最後の言葉をもっておられるのはキリスト・イエスにあって生ける神であって、死ではないと宣言する物語を練ります。ですから、「葬儀で商人、歯医者、そして教区民の仲間が必要なのは、慰めを与えたり受けたりするためだけではなく(たしかにそうですが)、ドラマの中で果たすべき重要な役割があるからです。死の時に福音の物語を演じるには、彼らを「舞台で」演じる必要があります。」4 これを、キリスト教の葬儀の第一の目的として取り戻し、私たち一人一人が「ドラマの中で果たすべき重要な役割」を持っていると自覚したら、教会はどうなるのでしょう。世の中が変わったことはわかっています。葬式がすべて土曜日の朝か日曜日の午後に行われない限り、働いている人や学校に通っている人が出席するのは難しいです。でも、もしも私たちが葬式を始めたらどうでしょう? 土曜の朝や日曜日の午後に、キリストの全体が参列し、参加し、死後の人生を描いたこのドラマを実際に演じることができるように、聖徒の交わりは時空を超越するという真実を証しすることができるだろうか?私の直感では、そうすることで、地域社会に蔓延している個人主義、孤立、孤独感に深く対抗することになると思います。死や苦しみ、人生の意味について、みんなで話し合うのが上手くなる助けになると確信しています。そして、もっと恵みと謙虚さとおもてなしをもって、会衆の中でつらい瞬間を切り抜ける助けになるのではないかと思います。結局のところ、キリスト教の葬儀のドラマ性の一部は、エリザベス・ジョンソンが言うように、「死の破壊力は、聖体拝領にある人々の絆を断ち切ることはできない。なぜなら、その絆は恵み、愛、そして神自身の存在の共同体だからだ。死ぬとき、人は生ける神の中に入り、永遠に忠実な愛情のこもった優しさによって生き返ります。」5 そして、死ぬときと同じように、生きるときもそうです。

I・H・ヴァン・エーゲン・ジュニアジャスパー・ヒレガーズ、「17世紀のアムステルダム聖ルカのギルド」、オランダ美術史家ジャーナル、第4.2巻(2012年夏)

トーマス・G・ロングとトーマス・リンチ、ザ・グッド・フューネラル:死、悲しみ、そしてケア・コミュニティ(ケンタッキー州ルイビル:ウェストミンスター・ジョン・ノックス・プレス、2013年)、205。

トーマス・G・ロング、『歌を歌い伴って:キリスト教の葬儀』(ケンタッキー州ルイビル:ウェストミンスター・ジョン・ノックス・プレス、2009年)、92。

同書、94。

エリザベス・A・ジョンソン、神と預言者の友:聖徒の聖体拝領に関するフェミニスト神学的朗読(ニューヨーク:Continuum、2003年)、70。

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

9 Comments

  • Daniel Meeter says:

    You are so right. So right. My first five years of ministry were spent in a very traditional Hungarian Reformed church in urban Jersey, where everyone came to all the funerals. And they were thoroughly ritualized over the course of three days, with specific patterns of bell-ringing, and two prayer services besides the actual funeral with its processions and full liturgy and specific hymns, and then a small group of the older men, for example, would be sure to be at the graveside to sing the final hymn, not mention the quick luncheon and beer for the crew aftertward followed by the major meal at The Elks hall,, often including dancing. The joke was that you kept your church membership just for the right to get the funeral. The Funeral liturgy in the 1968 Liturgy of the RCA is one of my favourite rites in the whole tradition, and the long prayer is magnificent. Funerals belong in church, and sanctuary floor plans need to accommodate rich funerals. With processions! Yes, at funerals we become church, witnesses to the Gospel of life and death. You are so right.

  • David Hoekema says:

    Thanks for a persuasive and provocative argument for recovering the drama of the funeral service. Too often, unfortunately, the drama of God’s work in our lives is set aside for vignettes of the life just ended. Another symptom perhaps of a church whose members see themselves as solo practitioners of Xty more than members of one body.

  • Joyce Looman Kiel says:

    No man is an island,
    Entire of itself,
    Every man is a piece of the continent,
    A part of the main.
    If a clod be washed away by the sea,
    Europe is the less.
    As well as if a promontory were.
    As well as if a manor of thy friend’s
    Or of thine own were:
    Any man’s death diminishes me,
    Because I am involved in mankind,
    And therefore never send to know for whom the bell tolls;
    It tolls for thee.
    John Donne

  • Jeff Carpenter says:

    Having just attended a Saturday backyard white-tent party memorial for a dear friend at odds with the church yet whose life and acts of grace touched many family/friends/strangers from many walks of life—many of whom also attended—this article resonates deeply with me. At the same time I’m saddened not to be able to attend the funeral of a community pillar, the first principal who I served under as a rookie teacher, whose death was just announced yesterday and whose funeral will be tomorrow, a Friday.

  • Emily R Brink says:

    Thanks so much, Laura, for this claim that the church, not only the family, remembers and also celebrates (I use that word deliberately) that “In Life and In Death” we belong to God. The quotes refer to the first ever “Pastoral Guide for Funerals” in the CRC, much needed then and still so helpful, written and compiled by Len Vander Zee; I had the privilege of helping get that published back in 1992, part of my work as music and liturgy editor at that time in the CRC, a very different time in our church and in our culture.

  • Gloria J McCanna says:

    This morning, I received notice of the death of a colleague’s wife, neither of whom I know well. Yes, I will attend the funeral, because that is what we do as the church. Surprisingly, and sadly, the service it is not in the church.
    Oddly, though I did not grow up in the church, our family always attended the funerals of relatives, friends, and neighbors. In fact, I was told I went to my first wedding at 3 months old, and my first funeral at 5 months old. Perhaps we were more “church” than we ever knew!

  • Jan Zuidema says:

    Your careful parsing of this this subject during your time with us has had such a profound influence on my view of funerals. Also, playing funerals for 52 years and watching them become occasions for 40 minutes of remembrances that, I believe, belong within the circle of the family, leaving about 15-20 for the Word to be spoken. David is right. Thank you for caring about this part of our lives – from birth to death – a member of the body.

  • George Vink says:

    Once again,we’ll put. Keep putting it so clearly and tightly. It’ll preach and needed now more than ever.

  • Scott Forbes says:

    As missionaries in our early 20’s in Zambia we were stationed in a place where there were no other Western missionaries present. When a young girl whom we loved died of sickle cell disease we took our cues from the church people and began attending the multiple days of mourning at the home. Multiple choirs sang in the afternoon and evening from multiple denominations along with multiple sermons and a central meal in the evening for anyone present. Then people bedded down in the house and yard to sleep. Because we had resources and a motorbike we volunteered to help source food. Each night around ten pm we were told to go home and rest there. So we did as instructed returning the next day with food in the afternoon. It all seemed as natural as breathing. Years later in our presence the most senior member of the denomination stood up at a meeting and told the story about some young missionaries who once upon a time attended a funeral as though they were members of the family and how that had forever endeared themselves to their Christian bothers and sisters. We didn’t know it at the time but had since learned that showing up counts and showing up at times of celebration and mourning counts even more. Thank you for reminding me of this truth.

Leave a Reply