Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

歴史小説は難しいロープです。過去の情報はありますが、通常はかなりの数の情報が欠けています。論理的または想像力に富んだ方法でギャップを埋めるのは楽しいことですが、誤解を招いたり、より興味深く、より現実的で、より問題のある場合もあります。たとえば、歴史記録には、エイブラハム・リンカーンが実際に吸血鬼の殺し屋であったことを裏付けるものは何もありません。しかし、ストーリーの魅力は理解できます。最近、キンバリー・ブルベーカー・ブラッドリーの「ジェファーソンの息子:建国の父の秘密の子供たち」を読みました。この本は若年成人を対象としており、トーマス・ジェファーソンと彼の奴隷であるサリー・ヘミングス、そしてジェファーソンのサリー・ヘミングスと一緒に生き残った4人の子供、ウィリアム・ビバリー、ハリエット、ジェームズ・マディソン、トーマス・エストンについての物語を作成しています。歴史的な記録によると、サリー・ヘミングスはモンティセロで奴隷にされていた間に4人の子供をもうけ、これらの子供たちは外見が白く、トーマス・ジェファーソンに似ていて、トーマス・ジェファーソンによって解放されました。年長の2人の子供は1822年に出国を許可され、他の2人は彼の遺言で解放されました。サリー・ヘミングスはジェファーソンによって解放されたわけではなく、ジェファーソンの死後、ジェファーソンの娘によってモンティセロを離れることを許可され、息子たちと一緒にバージニア州シャーロッツビルに住んでいました。トーマス・ジェファーソンと彼の奴隷であるサリー・ヘミングスについてかなりの噂があったことも歴史的記録は明らかです。1802年、ジェファーソンがアメリカ合衆国大統領選に立候補したとき、ジャーナリストのジェームズ・T・カレンダーはバージニア州リッチモンドの新聞に、ジェファーソンが「自分の奴隷の一人を側室として飼っていた」とサリーと名付け、ジェファーソンには数人の子供がいたと書いている。私たちが知る限り、サリー・ヘミングスは書面による説明を残しませんでした。1990年代に、トーマス・ジェファーソンがサリー・ヘミングスと子供をもうけたことがDNAの証拠によって決定的に示されました。奴隷制について教えることは、21世紀の聴衆にとって難しいことです。しかし、私にとって理解するのが最も難しいのは、日々の生活と、奴隷とその所有者の間の親密な生活です。歴史的な記録には、しばしば奴隷の出現が記録されています。しかし、奴隷にされた子供たちの白人の父親が歴史的記録に明確に示されていることはめったにありません。それでも、それが定期的に起こったことはわかっています。奴隷と一緒に暮らすことを想像するのは難しいです。そして子供がいる奴隷、そして彼らの多くは白人に見えます。またはマスターのように見える。または彼の息子。または彼の兄弟。誰もが知っている秘密ですが、それについて何も言う人はほとんどいません。誰もが父親が誰なのかについてささやきます。ほとんどの人は家族の類似点に気づきます。それでも、この一般的な慣行については、歴史的記録はほとんどありません。フレデリック・ダグラスは、1845年に出版された『物語』の中でこう述べています。「私の父は白人でした。私の血統について話すのを聞いたことがある限り、彼はその人であると認められました。私の主人は私の父だという意見もささやかれましたが、この意見の正しさについては何も知りません。」ダグラスは続けて、奴隷を父親にする慣行についてこの解説をしています。「私の主人が私の父であるというささやきは真実かもしれないし、そうでないかもしれません。そして、真実であろうと誤りであろうと、それは私の目的にほとんど影響しませんが、奴隷所有者が定め、法律によって確立されたという事実は残っていますが、奴隷女性の子供たちはすべての場合において彼らの母親。そして、これはあまりにも明白に行われすぎて、彼ら自身の欲望を管理し、彼らの邪悪な欲望を満足させるだけでなく、有益で楽しいものにします。この狡猾な取り決めにより、奴隷所有者は、少なからず奴隷に対して主人と父の二重の関係を維持しています。」みんな気づいた。あなたはこの慣習に気づかないように非常に努力しなければならず、歴史的記録には異人種間の子供たちの証拠がいくつか反映されていますが、公式にはこの慣行を認めていません。これにより、これまでに起こった慣習を否定しやすくなる人もいます。トーマス・ジェファーソンは奴隷にされた子供たちの自由を認めましたが、これはまれな出来事でした。サリー・ヘミングスが自分の物語を書いてくれたらいいのにと思うが、彼女は書かなかった。または、彼女が書いたとしても、それは保存されていなかった。

Rebecca Koerselman

Rebecca Koerselman teaches history at Northwestern College in Orange City, IA.

4 Comments

  • Jill Fenske says:

    Ah, how many stories of the vulnerable ( slaves, women, working poor ) were not preserved. We would be richer for them.

  • Rebecca,
    Once more, thank you for your work. Having just come back from the Holy Land with the “She is Called” group, I really lament the absence of the female narrative.

    Blessings,

    Mark

  • James C Dekker says:

    One more example of the “Victor” writing oting history?

  • Pamela Spiertz Adams says:

    Rebecca, I have heard this story many times and it strikes me as extra fodder to add to our country’s BIG SIN which is slavery. Very sad first for the slavery and second for not freeing people you were so close to. Of course, we have to think there was some closeness-how could it not be.

Leave a Reply