Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

アイオワは1846年に正式にアメリカ合衆国に加わり、南北戦争中は北軍の側で戦った。しかし、無料の公立学校は、公職、投票、兵役と同様に、白人に制限されていました。法廷での陪審員や証人は白人に限定され、異人種間の結婚は禁止された。黒人アイオワ人は「良い行動の保証」として郡の裁判所に登録し、500.00を支払うことが義務付けられていました。しかし、1868年、アレクサンダー・クラークを含む公民権擁護者たちは、アイオワ州の憲法から「白人」という言葉を落とすことに成功しました。これにより、アイオワ州の黒人男性(女性ではない)が投票することができました。クラークはマスカティン学区を訴えたのは、彼女の肌の色を理由に娘の通学を許さなかったためである。1868年、アイオワ州最高裁判所は、教育委員会が「色、国籍、宗教などの理由で、特定の学校への青少年の入学を否定することはできない」という判決を下した。クラークの子供たちであるスーザンは、姉のレベッカ、そして彼らの兄弟であるアレクサンダー・ジュニアとともに、マスカティン高校に通い、卒業しました。アレクサンダー・クラークと息子のアレクサンダー・ジュニアはともにアイオワ大学ロースクールで法律を学び、それぞれ1884年と1880年に卒業した。はっきり言うと、これは分離禁止に関する1868年の教育委員会の決定であり、1954年または1968年ではなく、アイオワ州を人種に関してかなり進歩的に見せている。もう1つの重要なランドマークとして、1884年のアイオワ公民権法により、公共施設での人種差別が禁止されました。しかし、書籍に関する法律を持つことと、実際に書籍に法律を施行することは、明らかに異なります。1910年、アイオワ州立大学のアルバート・ストームズ学長は、「黒人の学生はこの機関で全面的に歓迎される。彼らは仲間の学生や他の人によって示されたものは何でも落胆はない」と述べた。しかし、ストームズはまた、「黒人の学生が部屋や宿舎を見つけるのは必ずしも容易ではない」と指摘した。嵐はブラックアイオワ人にとっての難しさをはっきりと示した。公式には許可されているが、白人アイオワ人との住居と生活の実務上の問題では受け入れられず、歓迎もされていない。私はアメリカ史を教える現在のアイオワ州だけでなく、国家レベルでの歴史の最新戦いのカリキュラムについて聞いて読んだ。しかし、歴史上の人種の教えに関する現在の不安は、私を混乱させ続けています。2016年、ウェスト・デイ・モインズの優等高校生は、歴史のカリキュラムについてこう言いました。「産業革命や独立戦争は主に白人でした。だから、本当にカリキュラムを変えることはできない。それは歴史を変えるようなものだからだ。歴史を同じにしておかないと。」この高校生は、過去の現実に違和感を覚えるものから聞いたり読んだりする懸念の多くをまとめているように見えた。学校の教科書やカリキュラムに、常にそこにあったが認めたり、勉強したり、書かれていない話を組み込むのは歴史を変えていますか?黒人は、植民地時代、革命戦争中、産業革命時代、そして現在に至るまでずっと存在していました。公民権は、1950年代と60年代の公民権運動と今日のブラック・ライブス・マター運動のずっと前から存在していた。黒人アイオワ族は、アイオワの歴史のカリキュラムに現れなかったとしても、存在します。歴史は常に変化しているのは人が変わるからだ。私の世代は、両親の世代と祖父母の世代とは異なる質問をします。なぜなら、私たちは皆、異なる歴史的背景を持っているからです。おそらく本当の疑問は、なぜ過去について学び、その複雑さとニュアンスをすべて伴って、一部の人にとって非常に厄介なのですか?ケイティ・スワウェル、「真実を教える:アイオワにおける反黒人人種差別の歴史」、アイオワ州社会問題評議会年次総会、2021年10月4日、アイオワ州デモインでのプレゼンテーション。

Rebecca Koerselman

Rebecca Koerselman teaches history at Northwestern College in Orange City, IA.

3 Comments

  • Daniel Meeter says:

    Amen.

  • Ed Starkenburg says:

    Thanks, Rebecca. We need to hear this perspective. Ignorance doesn’t serve us well.

  • Fred Mueller says:

    “But the current angst concerning the teaching of race in history continues to confuse me.” I might substitute the word “confuse” with other words, such as “disappoint”. sadden”, “anger”, or “flabbergast.” Would it be a simple statement to say that in those curricula, the minority races do not “matter?”

    Thanks for this sobering essay.

Leave a Reply