Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

消費を称賛する文化の中で暮らしており、物質主義の圧力と過ごすことの虚しさを認識することは難しい。1882年、「立派な容姿の身なりがいい中年女性」であるエレン・サーディが万引きに巻き込まれた。シンプソン、クロフォード、シンプソンの6番街店にいる間、エレン・サーディは1880年代に3組のストッキングと5枚のシルクを取りました。「Sardyは、彼女の弁護士が窃盗を認めたときに釈放されたが、『過去の囚人はしばらくの間心が弱く、彼女の行動に常に責任があるわけではないという理由で赦免を求めた』。サーディ事件はおそらくニューヨーク市で最初のそのような嘆願ではなかったが、裁判所が中産階級の買い物客の言い訳と定義を受け入れたのは初めてだと思われる。」歴史家のエレイン・S・アベルソンによれば、「盗癖は準医学用語であり、支払いの形式がなく大規模な百貨店から定期的に商品を取り出している、何らかの手段と不確定な年数の女性のイメージを呼び起こした」。言い換えれば、盗癖は中産階級の女性万引き者の用語だった。興味深いことに、労働者階級の女性が万引きを捕まえたのは泥棒に分類されただけだった。アメリカン・ジャーナル・オブ・インサニティの1887年7月号には、盗癖に関する論文が掲載された。シンシナティ・サニタリウム(Cincinnati Sanitarium)の監督であるオルフェウス・エバーツ博士は、盗癖を「病気によって誇張された蓄積を望む自然な欲求」と定義した。エバートは、未亡人であり、「良い社会」の母親である三十九歳の女性のケースを説明し、盗癖の歴史を持つヒステリックとして亡命を認め、エバートが「ヒステリーを伴う窃盗とエロティシズム」と定義した「子宮病マニア」に苦しんでいると説明した。1884年のアメリカ版の教科書『精神疾患臨床講義』は、「一部の女性の精神的安定に対する絶え間ない危険」であった「妨げられた月経」に関連するより大きな問題として「卵巣の狂気」と盗癖を引用した。1880年代の医師や弁護士は、エレン・サーディを「立派な、よくつながっている女性ですが、明らかに手長です。」中産階級の白人女性は、しばしば商品を取った記憶がなく、そうする理由もなかったと主張した。なぜなら、彼らは購入したいものは何でも支払うことができ、したがって商品を盗む必要がないからである。アベルソンは、これらの19世紀の診断を、階級と性別に関する確立された概念を強化するものと解釈している。盗癖症は、女性の生殖機能を本質的に病気と定義しました。これらのマニアは子宮に追跡され、病気と行動の不規則性の両方と混同したためです。また、女性の本質的な弱さについての考えを暗示しているようでした。さらに、医療の専門知識は「犯罪行為を身体的症状に変える」ことに成功しました。アーサー・コナン・ドイル博士は、ロンドン・タイムズ紙への手紙の中で、「道徳的責任に疑いがあるなら... 疑いの利益は確かに性別と地位を持つ者に与えられるべきである... 彼女に我々の考察を二重に主張しなさい。彼女が送られるべきであるのは相談室にあり、独房にはない。」明らかに、中産階級の白人女性は、生物学によって完全に支配され、本質的に脆弱で不安定であると仮定された。おそらくより興味深い質問は、盗癖の診断がその日の医療および法律専門家の間でそのような受け入れを見つけた理由である。結局のところ、万引きが病気の代わりに犯罪と見なされた場合、「立派な」白人の中産階級の女性がかなりの数の犯罪者になった理由を説明するものは何ですか?特に中産階級の白人女性については、1880年代と現在の両方において、消費と物質主義の双子の圧力に対する思慮深い考察が不足している。悪い行動の説明と言い訳の両方として機能する診断は、1880年代、そしておそらく現在では、大きな魅力があるようです。

エレイン・S・アベルソン「盗癖の発明」『標識』第15巻第1号(1989年秋)、123~143。エレイン・S・アベルソン『When Ladies Go A-Thieving: Middle Class Shoplifters in The Victorian Department Store』(ニューヨーク、オックスフォード大学出版局、1992年)も参照。

Rebecca Koerselman

Rebecca Koerselman teaches history at Northwestern College in Orange City, IA.

One Comment

  • Daniel Meeter says:

    Credit to you, Prof. Koerselman, for once again reporting something telling that the rest of us will have missed, or ignored. Apart from the issues you raise of gender and class identity, what is an American but a “consumer,” and how has our American relationship to the rest of the world and its resources not been national kleptomania?

Leave a Reply