Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

墓石は特筆すべきではなかった。それは道路の曲がり角に立ち、墓地の下部の森林に覆われた端に遠く隠れた。この日曜日の夕方に太陽が沈み始め、木々の中に薄暗い暗闇が生まれました。私はまだ墓地のこの部分を通っていないので、通り過ぎた墓石を見て、名前と日付とタイトルを観察して、散歩を遅らせました。この石の姓は大きく、上部で発音されていました。ハグ。そして、以下、特有なもの。

ジョン・ハーグ:1849-19??

死亡日はなかった。それはそれ自体のすべてに特有のものではありません。配偶者と墓石を共有する多くの人々は、そのうちの一人が死亡したときに両方の配偶者の名前が刻まれており、その彫刻にはまだ生きている配偶者の生年月日が含まれており、死亡日は空白のままです。この場合、彼の妻は墓石に載っていました —「アンナ、彼の妻:1864-1922」。しかし、ジョン・ハーグが1849年に生まれたことを考えると、空白の死亡日は特異なものでした。「これは彼がまだ生きているということですか?!」「ああ」彼女はすぐに答えた。「私はその考えに非常にコミットしていると感じています」可能性のリストから「172になるために生きた」ことを精神的に除外しました。しかし、他にどんな可能性がありましたか?ジョン・ハーグの人生を想像し始めた。墓石が作られた後に彼とアンナは離婚したから、彼らはもはや一緒に埋葬することはできませんでしたか?彼は彼女の死後に再婚して罪悪感を感じましたか?彼は遠くに移動して家族がグランドヘイブンに遺体を持ち帰る余裕がありませんでしたか?家に帰ったらすぐグーグル検索して墓地の記録を引っ張り上げた彼はそこにいた。ジョン・ハーグ。アンナの夫。1849年生まれ、1938年死去。誰かが、墓石の仕上げに回ったことはなかったと思います。ちょっとガッカリした私は一日中休みを図書館と公立博物館で過ごす準備ができて、ジョン・ハーグの痕跡を探して、彼に何が起こったのかを調べようとした。彼はどんな人生を送っていたのか、どこに行っていたのか、どの可能性が果たされたのか。代わりに私はビーチで一日を過ごした。でも、ジョン・ハーグが誰だったのか、彼は誰だったのかも不思議に思う。その日の午後、NYタイムズに掲載されたケイト・ボウラーのOP-EDを読んだことがあります。「死ぬ前にやる予定がないことの1つは、バケツリストを作ることです。」彼女の新しい本『人間のための治療なし』から翻案されたエッセイは、生命の境界を探求し、無限の可能性という私たちの概念に挑戦する有限性です。ボウラーは、彼女が子供の頃に夢見ていたすべての生活、彼女の前に横たわっているさまざまな道を覚えています。「私は理解しなかった」と彼女は書いている。「その一つの未来は他のすべてのものを排除している。みんなお前が一度だけ死ぬふりをしてるしかし、それは真実ではありません。独身で愚かな人生の過程で、千の可能な先物を死んでもいい。」プロ野球をプレイする未来は、法律事務所での仕事の受け入れとともに死ぬ。自転車で世界を旅する未来は、最初の子供の誕生とともに死ぬ。母親であることの未来が目を覚ますと死ぬ、一朝はあなたの人生によく入っていて、それはそうではないことをあなたの腸内で知っています。重要な瞬間を振り返って、私が別のルートを旅していたら、私の人生がどう違うのか疑問に思うことがあります。私がオンタリオ州の州立公園でジュニアレンジャーになったら、カルビン神学校の「あなたの未来に向き合って」に出席する代わりに。カルビンではなくニューブランズウィックの小さなクリスチャン・カレッジに行ったらねジュニア年前の夏にキャンプで仕事に戻ったら、バッグを梱包してオランダに向かう代わりに。私は牧師になりますか?今大好きな男に会ったかな?先を見据えて、私たちが直面している選択肢の結果を疑問に思って、未来がどうなるか疑問に思うことも、時には楽しいことですが、ほとんど常に少し不安を誘発します。私たちは正しい道に向かっていますか?正しい選択をする?私たちは別の未来を追いかけるために、かつて夢見ていた未来に死んでいますか?そしてもちろん、私たちは本当に言うことはできません。私たちは何千もの可能な人生で満たされていますが、生きるために1つしかありません。今から10年、20年、50年後、今日私たちが行っている選択について振り返ると、私たちがどう思うか誰が知っていますか?分かってるのは作り続けなきゃならんよ「私たちの人生は未完成で終わりのない」とボウラーは書く。「私たちはやりすぎて、決して十分ではないし、始める前に完了しています。別の境界のある日の絶壁で、To-Doリストを握って、ちょっとだけ一時停止することができます。もっと痛むこと、つまり人生への欲求は、すべての人の中で最も難しい真理である。」しかし、すべての人の最大の真理によって会った。確かなのは、それが神によって保持され、神の慈悲によって、実際には多くの人生があり、石に刻まれる終末日もないことである。

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

8 Comments

  • Daniel Meeter says:

    As usual, gratifying. I’m curious, Kingswood or Mt. Al? What’s it like to live in cultures where, because of your circumstances of birth, caste, gender, poverty etc , you have no choices or options or diverging roads, but only one course prescribed for you, and your only possible bucket list is fetching water for your family. And how much does our freedom of travel to see Florence and Istanbul or our relatives in the Netherlands not tax the planet. Not trying to be self-righteous here, or like a conventional hobbit hating to see the wide world, just very much appreciating the no-bucket-list freedom and relief.

  • Heidi De Jonge says:

    This is wonderful, dear Laura. As always. It speaks to me as I parent my oldest daughter… who for a great while has thought she wanted to be an English teacher, but recently has wondered if she would rather be a neuroscientist. She’s a week away from 15 and fretting about which courses to take in the next three years of high school. So many paths. I want her to be free…

  • Kathy says:

    I’m not thinking so much about myself right now, as I am about the small congregation I belong to. We are at a crossroads where we must choose a path. Will we survive? Or are we a tombstone just waiting to have a date of death engraved on it? I so much want to live!

  • James Schaap says:

    Wonderful and thoughtful, Laura, as I’ve come to expect from you. But I’ll sleep better if you tell me more about this John Hague guy :).

  • RLG says:

    Laura, there’s a television series on NBC, “Ordinary Joe,” based on your premise of how different our lives might look based on the different choices that we might make, whether those choices are based on love, loyalty or passion. I haven’t watched the series, but it does sound interesting.

  • Anthony Diekema says:

    Thanks, Laura, for another delightful set of reflections! It sounds to me like a not-so-subtle prescription for a sound and solid Christian liberal arts education. Eh?

  • Henry Baron says:

    Cemetery wanderings have the power to evoke thoughts we realize we need to harbor more.
    Thanks, Laura.

  • Keith Mannes says:

    Beautiful.
    Also on this idea: “The Midnight Library”
    Matt Haig

Leave a Reply