Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

ジョークはかなり素晴らしい迅速さで私を変えました。兄と私はスペリオル湖の北東岸にあるプッカスクワ国立公園にあるMdaabii Miiknaトレイルの3日間のハイキングに出かけたばかりです。彼はその機会に新しいブーツを買った。おれは古い忠実のペアを履いていた。「水疱が出ないといいね」歩き始めた時に彼に言った。1時間半以内に応急処置キットを求めていた。昼食までに両方の水ぶくれが飛び出しました。キャンプ場に着く頃には靴下のかかとが赤くなりました。次の2日間、私は足首に怒った、ルーニーサイズの傷口で歩き、それらを清潔に保つためにできることすべてを行い、かかとが擦れないように努めてブーツのつま先に向かって足を詰めました。トレイルの多くが上り坂だったとき、これはかなり困難になりました。朝は最悪だった。キャンプ場の周りにサンダルを着て、いくらか安堵した。しかし、毎朝、私はそれらの危険なブーツに足を戻し、私の体はもう一度痛みに慣れなければならないでしょう。しかし、ここに注目すべきことがあります。それは痛みに慣れました。最初の1時間ほどは楽しくなかった。丸太や岩の上を登り、尾根の側を登ってスクラブしながら、私はむしろゆっくりとハイキングし、息の下でつぶやき、罵倒しました。でもすぐに痛みが後退しているように見えたことに気付きました。それはより扱いやすくなった。それでもそこだけど、それがすべてだったポイントには目立たない。私の足が何かに対して詰まった瞬間、または上向きにぎこちない一歩を踏み出さなければならなかった瞬間にのみ、私は鋭く現在の痛みを感じましたか。平らな表面、または祝福された下り坂のトレッキングでは、水疱がそこにあるのをほとんど忘れることができました。これがどう起こるかを完全に理解するには、体がどのように機能するかについて十分知りません。俺の知ってるのは脳が言ったように感じただけだ「ああ、だから俺たちはこれをやり続ける?これは水ぶくれで歩くこと?じゃあ適応するんだろうね」これはかなり顕著です。驚くべきことですが、本当に、私たちの体が状況に適応して、私たちが続けて、前進し続け、他の足の前に片足を置き続けることができます。この旅行を予約して、ミシガン州を通り、スペリオル湖の海岸に沿って走ったので、私はTara Westoverによって教育を受けました。私は彼女に混沌とした雰囲気の中で育ったという話を聞いた。彼女の父親が彼女と兄弟をそこから守るのではなく危険に押し付ける方法、彼女の兄が怒りに飛び込み、彼が戻ってくる前に彼女に物理的に害を与える方法を後悔で満たした。私は彼女の脳がこれらすべてのことをどのように説明したか、彼女がそれをすべて合理化し、自分自身を守るために、彼女が動き続けること、片足を他方の前に置き続ける、それで彼女は通常通り続けようとする、何も間違っていないふりをする物語を語った彼女に耳を傾けました。そして、彼女は次の怒り、次の事故まで、次の家族の危機が衝撃で痛みを取り戻すことができるでしょう。それは大きなトラウマです。多くの痛み。ブリスターよりも壊れた大腿骨に似ています。最終的には、適応しようとする試みがもはや成功せず、彼女は問題に直面することを余儀なくされた時点に達した。キャンプで小説を読んだ。リリー・キングの作家と恋人。主人公のケイシー・ピーボディは、自己疑惑に苦しむ小説家志望の小説家であり、最近の母親の死を悲しみ、健康検査結果を待ち、安定した関係を探しており、その中ですべてがパニック発作を起こしやすくなる。彼女はそれをすべて湾で抱きしめ、動き続けようとして、片足をもう片方の足の前に置くだけで混乱する。それはすべて大丈夫だと言って、彼女の体と脳をそれぞれの新しい状況に適応させ続ける努力で強制する。なぜなら、彼女がセラピストに語るように、彼女はついに小説の最後に向かって「私が今これを扱うことができなければ、将来大きなものをどう扱うことができるだろうか?」セラピストは彼女を見て、「これより大きいのは何ですか?」と尋ねる。彼は彼女が通っているすべてのことを語り、通り抜けてきたし、「知らない、私の友人。これは何もない」と疑問に思った。Mdaabii Miiknaをハイキングしたとして、私たちは皆運んでいる「何もない」ものではない。水疱は大怪我ではなく、衰弱させない 壊れた骨や捻挫さえある程度まで。私たちのほとんどは、Educatedのような本を読むことができ、そのようなトラウマに直面してどのように続けていることを理解し始めません。しかし、水疱も何もない。小さく、隠された、私たちを見ている人ほど明白ではありませんが、それでも私たちのすべてのステップに影響を与えています。そして、私たちの多くは、水疱で歩き回っていると思います。Covidから、私たちの過去から、物事の壮大なスキームでは小さく見えるが、私たちと一緒に立ち往生している事件から、かかとの後ろに揺れないような永続的な小さな痛みから、私たちは単にそれと一緒に生きることを学んだ。私たちは自分自身に靴下を止めて剥がし、いくつかを置くことを許可しますか傷の軟膏、しばらく包帯で覆う?私たちの危機は、ハイチやアフガニスタンではないかもしれません。彼らは森林火災や地震、虐待や精神疾患ではないかもしれません。多分私たちの何人かにとって、それはこれらのことです。しかし、私たちが物事を考え出すのに疲れているだけなら、あるいはマスクマンデートについて再び決定を下すという考えがあまりにも多すぎたり、去年半が私たちが思った以上に私たちに影響を与えました。それが私たちを裏切った友人、または私たちが自分自身について保持している信念であれば他の人の言葉、または私たちが長い間抱いてきた悲しみのために、これらのことは何もない。そして、水疱でさえ癒す時間と空間を与えなければなりません。

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

5 Comments

  • This is true. Thank you.

  • Dana R VanderLugt says:

    Thank you for this. Feet on fire on this week.

  • Jan Zuidema says:

    Beyond the adapting is the stunning failure of your broken-in hiking boots that let you down when you had counted on them for their known reliability. The well-worn warning “never wear new shoes on a trip with lots of walking involved” should have applied to brother, not you. There’s a harsh message of betrayal there, too. I won’t be surprised by bare feet on the pulpit Sunday.

  • Karin Tersptra says:

    Thank you Laura. I so identify with this as a hiker but also just as a human living life. Hard to find the right balances sometimes in our privileged reality, but we all do live with blisters.. or worse… they are real and can be quite painful even if they are “minor” on the scale of injury. Adaptation is an amazing thing. Our bodies and minds are amazing thanks to an awe-inspiring creator. I wonder regularly at all of creation’s resilience. But carrying the pain still affects us all, often more than we realize for good and bad. Good to pause and reflect on those realities.

  • Henny Flinterman Vroege says:

    I think of those of us living with an alcoholic. We learn to live with it, we keep going. Until the years wear us down, and we just can’t anymore.

Leave a Reply