Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

私は彼氏に今週について何を書くべきか尋ねた。「コミュニケーション」と彼は冗談を言った。「男はいかに不吉な人ですか。人間関係がそんなに多くの仕事を必要とするか」と笑った。そして翌朝彼に言った。「私はコミュニケーションについて書いているし、人間関係がそんなに多くの仕事を必要とするかについて書いている。私は不気味な男性について少しは除外します」彼と私は今週、大きくて難しいことについて多くのコミュニケーションをしました。期待。コミュニケーションスタイル。長距離デートの挑戦。私たちが運んでいるすべての手荷物は、他の人と密接な関係にあることで浚渫されています。(そして、あなたが私たちのコミュニケーションについて心配しないように、彼はそれが上がる前に私が彼に言及しているブログを読んで「Oks」と読んで。)すべての良いもの。すべての多くの仕事。しかし、そのすべてが、お互いとの関係をより緊密にし、より良い気分に感じさせます。結局のところ、目標はどちらです。それは私たち全員が知っている真実です-コミットされた関係は単に仕事を取る。ロマンチックな関係の場合だと私たちは知っています。そして友情。そして家族。しかし、私たちは教会について考えているのだろうか。同じレベルのコミットメントで、教会内の私たちの関係を見ていますか?そして、私たちはそれらの関係が繁栄するのを見るために、真実のコミュニケーションのハードワークを行うことにコミットしていますか?数日前、スティーブ・マソネット・ヴァンダーウェルは、「教会に隣接している」友人たちについて、改革ジャーナルの深く洞察に満ちた正直なエッセイを書いた。教会に対して反感的なものではなく、参加することを熱望していない。彼はこれが当てはまるのかもしれない理由のいくつかについて書いています。彼が提案する理由の1つは、コミュニティとコミットメントへの恐怖です。「それは有形物の回避である」と彼は書いています。「個人の脆弱性、委員会の悩み、人々の小柄さ、人々が教会を明確にするすでに満たされたスケジュールでさらに一つのことを恐れ」と書いています。もちろん、彼は認める、コミットメントを嫌うことができるのは教会でない人々だけではない。私たちが正直であれば、私たちが深く結びついているコミュニティとは対照的に、教会を多くの人の選択肢として今日何人いるのか、それとも礼拝に行く場所と見なすが、私たちの主要なコミュニティとして機能しないのはどれですか?そして、もし私たちがこの人々のグループに深く縛られていない場合、なぜ私たちはハードで厄介なコミュニケーションと関係構築の仕事をするのでしょうか?私たちの教会の人々は、物事を緩んで拘束力のない状態に保つことを望むことができます。紛争の回避と同じように。物事を嘘をつき、従事せず、物事を浚渫せず、私たちの痛み、紛争、私たちの深い憧れ、そして失望を通して働かないように喜んでいます。ああ男、そうすることは疲れている。しかし、もちろん、手荷物に直面していない、痛い、憧れ、失望は、それらのものを消えさせない。私たちはそれらを別の方法で扱うだけです。牧師や教会の指導者は、不平を言うことを聞き、意見を持っている、怒っている、物事が向かう方向について恐れているが、それらの人々自身から決して聞かない人「何人かの人々」について聞く。Covidは、誰かが戻っていないと誰かが指摘するまで、最初は気づかずに滑り落ちる素晴らしい機会を人々に提示し、教会指導者は「なぜですか?」私たちは何ヶ月も誰かと楽しく交流し、彼らが私たちがしたことや言ったことについてかなり動揺しており、混乱して不安定な感じを残しています。今、私が文句を言っているように聞こえないように、牧師もこれを完全に罪を犯しています。おそらくもっとそうだ。結局のところ、私たちは仕事を持っています。紛争に傾いたり、私たちを傷つける人に直面したり、困難な状況に対処したり、単に物議を醸す問題について意見を述べることは、実に恐ろしいことです。どんなトラブルが起きるか誰が知っていますか?政治問題、Covid政策、または人間のセクシュアリティに関する考えを共有するために、牧師が何度も燃え尽きていないようではありません。いいえ、物事をやらせて(誰も本当に物事を手放す人はいませんが)、声を上げたり話したりせず、単に素敵な説教を宣べ伝え、病院の人々を訪れ、私たちの在任期間中、一般的に人々を維持するほうがはるかに簡単です。はるかに 私たちの言うことを守り、会衆に自分自身全体を本当に与えないように(そして、いつもこれが賢明な行動と言われたわけではありませんか?)しかし、問題を話すことではなく、紛争に向かわないことによるトラブルは、そうすることによって、人々に応答する機会を与えないということです。私たちは、困難を乗り越え、より大きなつながりやコミュニティの感覚に向かって動く可能性を停滞させます。憤りは煮て成長させよう先週のボーイフレンドとの会話の話題の1つは、何か気になったときにすぐに話さない傾向でした。私はそれに座って、数日間それを処理し、何が間違っているのか、なぜそれが起こっているのか、それについて何ができると思うのかについて完全に磨かれた説明を彼に提示します。当然のことながら、これは彼の好きなものではない。「磨かれたくない」と彼は言う。「あなたとの会話に参加する機会を与えてくれ。それを奪うな。」人々が私たちとの会話に参加することを許さないことによって、善良で真の関係とつながりや帰属をどれだけ強奪しているのですか?正直ではない、紛争に傾かないこと、私たちが本当に考えていることを言わないこと、応答を誘わないことによって?そのような誠実さと脆弱性は枯渇していますか?とてもそうだ。教会体が繁栄するのに必要なのかそうだと信じる。会衆におけるそのような正直さと脆弱性は可能だと思うのはナイーブですか?実際、物事を取り戻すための知恵はありますか?私たちの教会は、そのような親密さとコミュニティを求めるには大きすぎますか?多分。それとも、「さあ、それを議論しよう」と言う神によって一緒に呼ばれているので、私たちはまさにその種のコミュニティになるという独自に位置づけられているのかもしれません。私たちを会話に誘い、私たちを関係に招く神。

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

11 Comments

  • Kathryn VanRees says:

    So good, Laura! Thank you. And your boyfriend and you are winners.

  • Daniel Meeter says:

    “I don’t want polished.” My poor kids, my patient, long-suffering wife.

  • Dana R VanderLugt says:

    Yes! Unpolished and messy is so hard. But better. But did I mention, hard? Thanks, Laura!

  • Coni Huisman says:

    This article blessed me, Laura. It was the struggle I was experiencing – what to say and how much to say, what not to say, and how to say. In retrospect, I believe the results of carrying through in upfront, open communication are beneficial. But the task can be difficult and painful. It seems to me that without open communication in the church in a safe environment, a sense of community will struggle to thrive.

  • Jack Ridl says:

    Thank you. Messy is hard and not knowing, then learning, I am messing up is an awakening I need over and over. Scary.
    Again thank you.

  • Jan Zuidema says:

    Perfectly said! The relational part of being a congregation together is hard, yet the one I am convinced that the Lord admonished us to be because of its witness to the power of the gospel message. When we remain in love together, even when we have disagreements, hurt each other, and act just as imperfectly as those outside the church, we bear a great testimony to the power of the gospel to transform us. Sometimes it takes vulnerability, humility, and grace to remain in covenant with those whom we would like to consider as enemies. Thank you for calling us to a higher goal.

  • Lynn Setsma says:

    Thanks for this. I think much depends on personality type. Because of confronting colleagues, my relationships deepened with them. Many family members and friends would never do this. Good to challenge us.

  • David Sikkema says:

    Thanks Laura. I needed to hear those words. “Messy” is not easy for me but I need to learn it or work at it. I needed to know years ago what you and your boyfriend know now. Blessings on that relationship.

  • George Vink says:

    Well put, once again, Laura!
    Avoiding hard conversations comes so easily, but has so many difficult consequences….at least that’s my experience of 45+ years in church ministry.

  • Harvey Kiekover says:

    I’m blessed by this in-depth look at relationships. Thank you, Laura.

Leave a Reply