en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

私のFacebookの友人の一つは、ちょうどカミノ·デ·サンティアゴの仮想散歩を完了しました.「征服者バーチャルチャレンジ」会社は、これらの仮想レースの数をホストします — カミノ, ケリーのリング, 山.エベレスト、英語チャンネルなどあなたは数週間または数ヶ月の期間にわたってどこにいても運動のいずれかの手段でこれらのルートの距離を完了し、あなたが行くにつれてあなたの進歩を記録します。これにより、対戦している仮想エリアのマップが更新され、完了するとメダルを獲得できます。追加ボーナスとして、完了したルートの20%ごとに、会社は木を植えます。それは楽しいアイデアです — おそらくそうでなければ日常的で鈍い運動レジメンにいくつかのモチベーションと興味を追加します。そして、現時点では実際にこれらの場所を見に行ったり、実際のレースで競ったりすることはできないので、私たちの多くはしばらくの間、カミノを歩いていくのに最も近いかもしれません。もちろん、カミノを歩き、近所の周回でカミノまでの距離を歩くことは、2つの非常に異なることです。人々はあらゆる種類の理由でカミノを歩きます, しかし、それは, その中心に, 巡礼です.あなたは1つの場所で始まり、サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂で終わります。道に沿って、歩く、一日中と一日中、瞑想的な練習のようなものになります。あなたの心はさまようし、まだいることが許されています。あなたはあなたに新しい質問をする新しい人に会い、あなたは沈黙の中で多くの時間を費やし、あなたは単に生きています。そのすべてが、うまくいけば、あなた自身や世界、または神について何か新しいことを学ぶことにあなたを開きます。人々は深遠な、永続的な何かを体験したいと考えています。巡礼は、ポイントAからポイントBにあなたを取得しますが、巡礼のポイントは非常に巡礼自体です。先週、著者がこの新年を巡礼の一種と見るべきだと定めた記事を読んだし、その画像がとても好きです。特に2021年には合うらしい。今年の私たちの多くは、私たちが最後にやったよりも勝利の確実性が低いと鳴ったと思います。Meijerは数日前にWhole30承認された調味料からほぼ完全に外れていたので、私はまだ目標と新年の決議を設定していることを知っています。しかし、我々はまた、少ない計画で、今年何が起こるかについての明確なアイデアで今年に入ります。野球のチケットを買うべきか、国境を越えた旅行を計画するのか、それとも屋内6月の結婚式を計画して運をプッシュしないかは誰ですか?一つの選択肢は、この不確実性に直面して、ますます不安でイライラして成長することです。結局のところ、私たちは計画するのが大好きです。それは私たちに楽しみに何かを与え、希望するものを、目指して取り組むべきもの。「私がしなければならないのは、次の月半をやり抜け、それからメキシコに一週間になります。」私たちはアンカーを計画し、私たちに保持するために何かを与える。しかし、おそらくより健康的な選択肢は、巡礼者のメンタリティ、何が来るかについての開放性と好奇心を持って今年に入ることです。異常、新しい、異なるものを受け入れ、それが自分自身について、世界について、神について何かを明らかにできるようにする。私たちはしばらくの間、別の人と住んでいました。それはどんな感じですか、単に耐えるのではなく、抱きしめるためですか?それは単なる希望的思考ですか?たぶん結局のところ、私たちは去年のトラウマや喪失の悲しみ、未知の不安をまだ扱っています。しかし、それはまさに悲しみ、心痛、遷移、変化に直面しているように思えます。多くの人々が巡礼に行くことを選出し、再接続、再中心化、処理、癒す機会を求めています。そもそも不安や悲しみを引き起こすものから本当に逃げることができないとき、そういうことをするのは難しいことは分かっています。しかし、おそらく、この新年に採用できる習慣があり、その空間、その新さ、その開放性と認識、巡礼がそうでなければ手に入れるかもしれない。おそらく、単純な祈り、毎朝ベッドに横たわって、一日を通して彼の意識を持って来るように神に頼んでください。毎週ハイキングや散歩に行く場所、創造の私たち自身のコーナーを探索し、場所の感覚の拡大を感じる。夜の試験の実践、日の出来事、私たちの試練、勝利、私たちの罪と祝福を反映して、夜間の試験の実践。 事実上接続することを選択します (私は知っている、私は知っている、私たちは仮想のとてもうんざりしている) 美術館の講義やコンサートやツアー、それらのすべては、そうでなければ経験するために高価な飛行機のチケットとホテル滞在を必要とします。おそらく、それは私たちの手を伸ばすための簡単な練習です, それぞれの新しい日の前に, または新しい活動, 神に私たちの命をささげて, 神から謙虚に受け取る行為として.そして多分巡礼者になることは、全く新しいことをしないが、単に受け入れ、開放性、あなたの道に来るかもしれないものに生きること。巡礼者として今年に入るには非常に多くの方法がある。このリストに追加するものは何ですか?

Laura de Jong

Laura de Jong serves as pastor of Second Christian Reformed Church in Grand Haven, Michigan.

6 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    May I?
    “He who would valiant be
    ’Gainst all disaster,
    Let him in constancy
    Follow the Master.
    There’s no discouragement
    Shall make him once relent
    His first avowed intent
    To be a pilgrim.”

  • Jan Zuidema says:

    Even this morning, in the aftermath of yesterday, this is a perfect anecdote. Live in the abundance of God, instead of the scarcity that this world has again proved it is totally capable of providing and embracing. Thanks, also, for the link to another thoughtful read.

  • John Kleinheksel says:

    Thanks Laura. The question is, “Will we pilgrims progress, as light-bearers into today’s dark places? Will we admit the darkness is in us as well as others? Jotham’s parable of the trees (Judges 9) is relevant on our journey. We have sown the wind. We are reaping the whirlwind.

  • John Kleinheksel says:

    One other thing, Laura and others. When “order” was restored in the Capitol last night, Mike Pence got one thing wrong in his summation. He said “Freedom” has prevailed. I beg to differ. It wasn’t “freedom” (our control of things); it was “truth,” the “reality” our benighted Leader and his followers refuse to live under. Alternative Reality just doesn’t cut it. People, please get with “Truth”, at least a closer approximation of it.

    • Henry Baron says:

      Yes, that’s where the emphasis needs to be. We often hear “this is not who we are, we are better than this.” Let’s face the truth – we are what you see, we are what we believe and say and do. And it’s not pretty. Right now there are two Americas. We need to face up to that. Thomas Hardy was right when he said “If a way to the better there be, it exacts a full look at the worst.”

  • Joan Bouwma says:

    I’ve been thinking a lot about pilgrimage lately after reading Wesley Grandberg-Michaelson’s book Without Oars: Casting Off into a Life of Pilgrimage. We need to just keep walking, casting off old baggage that we no longer value, dancing into a fuller life of meaning.

Leave a Reply