en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

アウェイホームオン火曜日の夜、トロント・ブルージェイズは、ニューヨーク州バッファローの自宅から離れた新しいホームであるサレン・フィールドで最初の「ホーム」ゲームをプレイしました。通常、トロントのトリプルAアフィリエイト、バッファロー・バイソンズの本拠地、この夏、カナダ政府が先月宣言した後、カナダ唯一のメジャーリーグベースボールチームへのホストを果たしています。は、Sahlen Fieldのインフラ整備をMLB嗅ぎタバコに届けるように海外に立ち上げました。フィールドはジェイのロイヤルブルーで装飾され、ロゴはダグアウトとパッド入りの壁を飾り、下部座席には偽のファンが設定されています。これは、まだ今シーズン持っている何よりも家のように見えます, しかし、ホームそれは最も確実ではありません.CNタワーは頭上に織り、スカイドームはスコアボードを張り出しません。そしておそらく最も重要なのは、「ホームプレートのレディ」は段ボールの切り抜きとしてのみ存在しています。彼女がロジャーズ・センターに現れているわけではありません。すべてのゲームは現在、ファンが欠いています。群衆のノイズがパイプで打ち出され(一部の人は嫌い、私のように、むしろ慰めを見つける)、スタンドの唯一の顔は2次元であり、コメンテーターは自分のスクリーンの前から報告し、私たち全員がそうであるように、遠くからゲームを見ている。野球だし、それで嬉しいけど、確かにちょっと外れてるねシーズンが始まったとき,わたしたちが空の聖域に会衆の騒音でパイプを張ったとしたら,どんなことになるのか不思議に思って面白がりました。ボタンを押して,聖文の後に「神に感謝します。」と聞きます。会衆歌のための異なる音量設定、よく知られている賛美歌のために予約された最もラウド、新しい曲の静かな設定。私たちは、私たちの健全な技術者が私たちの説教のコピー、「amens」をマージンに楽観的に落書きすることができます。MLBは、スピーカー上でブーイングを再生しないよう命じました.私たちはもちろんスーツに従うでしょう。私の説教に挨拶する沈黙よりも、この缶詰のノイズが良いでしょうか?それはすべてより正常に見えるだろうか?それとも、違いを悪化させるだろう, 空虚さ, 教区無pewsに落ち着いている悲しみ, 私たちは私たちのサービスを映画として無視しようとしますが、それは私のビデオ技術が「カット」と言う分排水と憂鬱を残します?それは通常のサービスですが、ほとんどの面では、強大でベネディクションを終了するには、「そして、すべての神の人々は言った」とちょうど2人の賞賛チームメンバーを聞く「アーメン」はとんでもない中で運動です.これらの変更の必要性を知っていても苦痛は軽減されません。それは教会です, そして、私はそれのためにうれしいです, しかし、それは確かに少しオフです.先週とんでもないことから休み取って休暇で行った私たちはすべて経験してきたように、私は私の「私がやっていたこと」を改め、置き換えていました。オンタリオ州北部で家族と2週間キャンプに行ってたろうに代わりに、私は州の東側にあるいくつかの友人を訪問しました.カナダの土を踏み入れたり、家族に会うことなく行ってきたのは、これが一番長いことでした。私は家族や母国を見ずに何年も行く多くの人々を知っています。そして、私は幸運なことに、通常の状況下でかなり定期的にそれを行うことができることを知っています。しかし、国境を閉鎖し、毎月阻止された家に帰る可能性は厳しいです。アメリカとカナダは色んな意味で似てるしかし、彼らは長いショットによって同じ国ではありません。この2つの隣人は、自由、アイデンティティ、社会的責任、多文化主義という異なる概念で、異なる物語によって形作られています。明らかな違い(ヘルスケア、銃のコントロール、グレーとカラフルなお金)がありますが、私には異国を感じるような違いやニュアンス、方法もあります。家に帰っても、数日間は私を接地するのに十分です。私が誰であるかを思い出させるために、どんな家庭ですか、慣れていない人にもう一度入るように落ち着き、要塞化された気分になります。それが不可能で、米国の物事がこれまで以上に混沌と感じるとき、私の家への憧れは、不自由ではなく、ほぼ絶え間ない鈍い痛みです。そして、私を間違ってはいけない-私は私のコミュニティや友人、私の仕事に非常に感謝しています-ここには愛することがたくさんあります。 しかし、それでも、この「家」は私にとって、少しはオフです。私が見つけたトリックは、ホームシックを抜け出すために、地元に住むことです。全国から寄せられたニュースの多くは、困惑の気持ちを悪化させますが、私の町や教会、人々について考えるとき、私は愛をもってそうしています。結局のところ、私たちはあまり違いはありません。私は自分自身を見つける, その後, 孤立とオンライン教会のこの時代に, この場所を自宅のように感じさせる人々, 私を接地保ち, 私たちは、すべての長い間、所属とコミュニティを提供する人々.私は必死に聞きたい、ベネディクトの後に響く「アーメン」。私は国境が開くのを待っているように、その「アーメン」を待っている。しかし、私はクリスチャンがいつも待っていて、いつも物事が「少しずれている」かのように生きている。わたしたちは憧れを抱いて暮らしています。知っていた家庭ではなく、「不義が正しい」とき、すべてが新しくなされ、「アーメン」は大声で、最終的なものになるでしょう。そしてコツは、もちろん、憧れと一緒に暮らすが、憧れによって元に戻されないことです。むしろ憧れは、私たちがローカルでどのように生きるかを形作ることを可能にする, ここで、今, 終末論的な想像力によって色付け.聖文と祈りを通して「遠くの国」にたどりつく, 現在私たちを根底にしたものは, 不慣れな人々の中で私たちを助け, どこにいても、忠実に生きるよう私たちを励まします.物事が少しずれている間(または、時にはたくさんずれている間)、この家はまだ私たちの家であり、神の愛にまだ豊富です。そして、この家では、天が地上にいるかのように生きるよう召されています。私たちが畑の道標となるように生きるために、ダグアウトの横断幕であり、自宅のスクリーンから見ている人たちに大胆に宣言し、「この世界はまだ神に属する。」

Laura de Jong

Laura de Jong serves as pastor of Second Christian Reformed Church in Grand Haven, Michigan.

9 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    Really nice. C S Lewis: Sehnsucht. The hymn, Jerusalem the Golden. So much I’d love to talk to you about. But I just want to say, having been in both Pilot Field (now Sahlen Field) and Skydome (now Rogers Centre), I think the former feels much more like a ballpark.

  • Amy Schenkel says:

    Delightful and honest. Thanks, Laura.

  • Jan Hoffman says:

    I wonder if there aren’t many, many of us who are not feeling at home, who have found closed borders, 14-day quarantines apt descriptions of what we’ve felt for several years now. Covid has given definition to this reality in profound ways. We know we are biblically called wanderers and aliens but that has become true in a new sense to me only since being shut down and shut out or shut in by Covid.

  • Rowland Van Es, Jr. says:

    I clicked on the link to the letter from Peter Schuurman and liked the line about the key to America’s social problems from Katherine Morrison, “The persistent presence of violence and a reluctance to learn from other people’s experiences may be the greatest obstacles.” The pandemic has again shown how reluctant we are to learn from others, even at the expense of losing so many lives that could have been spared if we had learned more.

  • Nolan Palsma says:

    What you suggest for piped in hymns, responses, etc. is very tempting! TV shows have done this for years to give us a more exciting experience. Yet, I prefer reality over false pretense. The coronavirus era is what we have been given and we are called to work with it!

  • Jane Brown says:

    I read letter from Peter Schuurman and liked the line about the key to America’s social problems from Katherine Morrison, “The persistent presence of violence and a reluctance to learn from other people’s experiences may be the greatest obstacles.” And also “peace, order, good government”
    Very interesting to read more about Canada

  • George Vink says:

    Thanks, Laura. You certainly echoed my thoughts regarding the “home” and yet localizing the feelings. Keep writing…you articulate well what others cannot, or do not….

  • Dean Koopman says:

    Thank you for this reflection. It makes me think of all the non-ecclesiastical texture of worship and the thinness of meeting in the online world versus the created world.
    Scripted church sounds would be thin without the clamor of children followed by the shushing of parents, the cacophony of candy wrappers at the beginning of the sermon, or the wailing child whisked from the sanctuary by the embarrassed parent eyed by those of us who have lived the same experience many years earlier.
    It all makes me yearn harder for that which I am without. The sensory richness corporate worship on earth and the greater richness of fellowship to come.

  • Henk Ottens says:

    You vacationed from our pulpit last Sunday, but you’ve treated us to a dandy sermon anyway. Thanks.

Leave a Reply