en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

ジョン・シナとチャムになるとは思わなかったけどコビッド-19が私たちを驚かせる状況に導いたと思うセミナリーに戻って,私の友人が映画館で見られるような等身大の段ボールの切り欠きを集めました。彼らは他の友人のアパートに潜入し、あなたが未完成の地下室で光を点灯したとき、恐ろしい驚きとしてそれらを残しました。カットアウトの多くはスター・ウォーズのキャラクターだった。一つは、プロレスの名声の、ジョン・シナでした。

「チームを心配しないでください。検疫中に会社を維持する人を見つけた彼は台所ではかなり役に立たない、残念なことに。」

グランドヘイブンのパソネージに引っ越し、人々が魚鉢で暮らすことについて冗談を言っていたとき、ジョン・シナを借り、時々窓に張りつけることでこれを演じようと思いました。私は決してこれをやって、ジョンを返すことを怠ったので、彼は地下に降格され、3年間棚の上に折り畳まれて、その後、検疫ヒット。そして、私は大きな家の中で一人暮らし、どのようにやっているのかという人々の懸念に感謝しました。しかし、彼らの懸念は私に気づかせました — 私は一人ではありませんでした。ジョン・シナがいた

「ジョンに私の研究論文を手伝ってくれるように頼んだ。あまりにも悪い彼は引用でゴミだ。」

こうして、ジョンが次の数週間にわたって、私の会社を維持するドキュメントを始めました。一緒に料理、研究をする、映画を見る。会話部にはあまり居なかったけど、リスニングスキルは10/10だった。

「アドリエンヌと私たちの朝のヨガ。ジョンは山のポーズを過ぎてしまうのに少し苦労している。」

6月と7月の間,シナを引き出さなかったので,数週間前に屋外バプテスマを計画している間,両親からジョンが出席できるか尋ねられたとき,喜んでいました。彼は、もちろん、義務付けるのは幸せだった。これは間違いなくまだ最高の #quarantiningwithCena 画像でした。ジョンが赤ん坊を「抱いている」と完結する。(そして、ここで私はシナが実際の洗礼のために車に残ったことを述べなければならないように感じる、ほとんどの人が残っていた後に持ち出さ)。私たちはバプテスマのタオルを肩にかけました。陽気性が高まります。

バプテスマは、シナよりもこのような状況についてあまり確信がなかった。

あるFacebookの友人が投稿に「ローラに任せて、いくつかの浮気を聖餐の瞬間に振りかける」とコメントしたとき,「最も深遠な性質の喜劇ではない場合,聖餐は何でしょうか。」と振り返りました。その返信で本当に何の意味もなかったけど、考えれば考えたほど本当だと気がつくこの夏、創世記を通して説教してきました。そして、重複して危険で、うれしい文字の大キャストは、あなたが探すのは難しいでしょう。しかし、いくつかの不可解な理由のために、神は彼らと一緒に行くことを決心します。早い段階で、フレデリック・ビューヒナーからのこの引用を見つけました。このシリーズのバックボーンはたくさんあります。「良いジョークは、例えば神のように、あなたを驚かせるものです。すべての国々のイスラエルが神が選んだものであろうか、サラが90歳でイサクを持つであろうか、メシアが飼い主の姿に立てられるであろうと誰が推測したでしょうか。誰がおそらくカモノハシが来たり、聖シメオンStylitesまたは現在第一長老派で説教壇を占めている文字を見ることができましたか?それぞれの場合の笑いは、物事の、全く予期せられた驚きの喜びの結果です。サタンのジョークは、一方、あなたは通常、1マイルオフを見つけることができます。大蛇がアダムとイブに滑り落ちて来るとすぐに、ほとんどの人は笑いが彼らに起こっていることを伝えることができました。ヨブのように不潔で、直立し、かかとの良い人が、通る前に彼の下から敷物を引き抜くように縛られていた。ファウストであるファウストは、きっと彼の魂から引き出された。最後の分析では、サタンのジョークから多くのキックを得る唯一の人はサタン自身です。しかし、神のいると、最も硬くなったシニックや最も苦い悲観主義者でさえも、時折笑顔を抑えるのに苦労しています。神が本当に行くと,朝の星さえも歌い込み,神の息子たちは皆,喜びを叫びました。」その時,聖餐は何でしょうか。しかし,これまで語った最も偉大なジョークのパンチラインが定期的に繰り返されるのでしょうか。神が自分の家族に人を請求し、彼らを王国の相続人にすると誰が想像できるでしょうか。そうしたいという望み以外の理由はありません。死んでいた神の御子が死んでいるのを止めたあの朝、誰が見たことがありますか。天使たちが「物事の明白な驚きに驚愕の喜びから」笑いをひきつけながら、悪魔たちのトラックを回転させ去ったに違いない。喜劇(特にスタンドアップコメディー)は、ジョークの中で自分自身を見つけることができるとき、あなたが真実を完全によく知っているとき、面白いです。不条理で暗黙的。私の好きなコメディアンの一人は、マイケル・マッキンタイアです。彼は壁に時計を掛けるという悶絶する試練を単に記述して、釘を常に欠けているのです。みんなそこ行ったことあるな安全に、その試練のこの側で、我々はそれを笑うことができます。何が秘跡はとても驚くべきので、驚くべきので、深くコミカルになり、我々は物語の中で、冗談で自分自身を見つけるということです。ボウルとテーブルの通常において,わたしたちはほとんど信じられない真理が語られます。キリストの死と復活はわたしたちのためであり,神の聖約の恵みはわたしたちのためであり,子羊の結婚式の饗宴への招きにはわたしたちの名が封筒に載っています。私たち自身は、神の偉大な逆さまの王国回復プロジェクトの一部であり、すべての証拠がそのような真実を不条理であると示唆している場合でも、それは真実です。すべての証拠は、世界がハンドバスケットで地獄に起こっていることを示唆し、悪は日に勝利し、死は隅々から忍び寄っています。私たちの多くは、その証拠に直面して、ここ数ヶ月にわたって喜劇に転向しました。風刺と立ち上がり、シットコムが再起動し、深夜のアンカーがキッチンからストリーミングされます。過ぎ山のポーズ取れないダンボールの切り欠きだなしかし、私たちの人生は、すべての最高のパンチラインで物語に包まれています。これはこの終わりではありません。死は勝利に飲み込まれ、アッラーは玉座にいる。朝の星は確かに歌う。

フレデリック・ビューヒナーから取った引用, 言葉を超えて.

Laura de Jong

Laura de Jong serves as pastor of Second Christian Reformed Church in Grand Haven, Michigan.

9 Comments

  • I love it. Jesus had a great sense of humor too, with his log-in-your-eye critics, for example, or his extravagantly foolish characters in Luke 15–searching shepherd, woman throwing a party that cost her found coin, prodigal father–to crack open our minds and realize that yes, incredibly, God loves us at least that much. And Buechner is masterful at showing us our foibles in his descriptions of Abraham and Peter in Peculiar Treasures.

  • Jan Zuidema says:

    I’ve been waiting for John to somehow show up here – he must be so pleased to have made the Reformed big time! Leave it to you and said friend to uncover the absurdity of the story. In reading through the Bible this summer and being reacquainted with the details of each OT story, one is struck by how God plays out his purpose through situations that are both tragic and comedic, using people as flawed as each of us. What a joy to be reminded that we are part of this story “with the best punchline of all”!

  • Scott Hoezee says:

    Great stuff, Laura! And Buechner has been so good on this stuff, including the scene where Sarah laughs at the angel’s promise of–finally after 24 years since the first promise–a child in one year. Look closely, Buechner said, and the angel’s shoulders were shaking in mirth a too. And just to show God can both give and take a joke, the angel says “And when the little guy is born, name him Giggles so we will never forget this moment!” Now THAT’S funny!

  • Daniel J Meeter says:

    Marvelous, thank you.

  • Carl Fictorie says:

    Satan laughs at us. God laughs with us.

  • Nancy Meyer says:

    Loved this post! Thanks Laura.

  • RLG says:

    Thanks, Laura, for another interesting and smile inciting article. I like what you say about a good joke being one that catches you by surprise and then relating such surprise to God and his interactions with people, especially his chosen people. Isn’t that the nature of miracles, always attributed to God (or the supernatural) whether directly or indirectly. They catch us by surprise. You say, – “Comedy – particularly stand-up comedy – is funniest when you can find yourself in the joke, when you know full-well the truth implicit in the absurdity…” – Miracles are that way. They are absurdities because they defy common sense. You also say, – “We ourselves are part of God’s great upside-down, set-to-rights project of kingdom restoration, and that’s true even when all the evidence suggests such a truth to be absurd.”

    That’s the nature of religion(s). All religion depends on the supernatural to get people’s attention. Religion without God, the supernatural, or the gods is no religion at all. Without miracles, religion would simply be psychology or story that is flat. All religions, and there are thousands, depend on the supernatural acts empowered by God or the anti-heros, Satan and demons. And because all religion depends on the absurdity of the supernatural, most people easily dismiss all religions but their own. Our miracles (although absurd) are reliable, and the miracles of other religions are false because their miracles are absurd. Believe me, Christian miracles are just as bazar or more so than those of other religions. So, who is the joke on? Thanks again, Laura.

  • David A Hoekema says:

    My late father, a very serious Reformed theologian, had a book on his shelf entitled De humor en de Bijbel, or maybe Komedie en de Bijbel, and he used to take delight in translating excerpts. They never struck me as very funny, sad to say — there wasn’t much relating to the classic themes of comedy from a ten-year-old’s perspective, such as poop and farts. But when we find a way to read both OT and NT stories with fresh eyes there is lots of comedy of the absurd. It’s not a coincidence, I think, that there are echoes of Biblical diction and imagery in Beckett and Camus. But the Bible is lots more fun.
    But as to John, the pastor’s companion I have not yet met in the, so to speak, flesh: I think you are letting him off too easy, Pastor Laura. In addition to mountain pose I’ll bet he would be terrific at savasana, and what about inverted poses? Way better than me, for sure.

  • Outstanding. What a different perspective from what I am used to hearing. Many thanks.

Leave a Reply