en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

4ヶ月前、ミシガン州が在宅注文を開始していて、イタリアが彼らの厚いものだったので、私の夫は私にYouTubeビデオクリップを見せて、私と一緒に立ち往生しました。私の夫はかなり折衷的な音楽の好みがあり、彼はイタリアのオペラ曲、ネッスン・ドーマが好きです。

長年にわたり、私たちは歌の素晴らしい感動的な演歌をたくさん発見してきました。そして、このYouTubeクリップは変わりませんでした。確かに、撮影は絶賛するものではなく、歌手は録音に合わせて歌っているだけですが、ビデオを見るたびに何かがよく合っています。私はクイックに打たれています, この男が彼のバルコニーから下の近所に歌うのを見て, 検疫の毛布の下に厚い.

自分で動画を見たいならここにリンクを付けたけど、見たくなくても、operaがあなたのものじゃなければ、今日どこに向かっているのか理解できると思う。

これは、彼のカジュアルな服を着た男です, 彼の家族は明らかに背景に, 彼は見事に歌います, コンサートのように見事に歌います, 周りにあるかもしれないすべての人のために, 時間内のそのランダムに参加します.

彼は彼だけが提供できる贈り物を提供しています。美しい歌は、痛み、孤立、恐怖、欲求不満の共同シーズンに向けて寛大に広がっています。

これは私の心にあるものです。私たち一人一人が私たちの中に持ち運ぶ贈り物を持っているという考えで、それは拡張されなければなりません。それは単に分かち合えない祝福です。

私が意味を知っていますか?

私はむしろこれらの完璧な贈り物を発見するために完璧なシーズンを移動しているように感じています。つまり、オープンエンドの時間と空間がその作業を行うことを許すならば、もちろんです。日の不安、季節の疲労、私たちを覆う絶望にもかかわらず、私たちは私たちの中の静かで燃える贈り物を浮かべることができます。おそらく、私が意味することは、孤立の緊張と狂気と、根本的に変化する世界が、私たちの深みを完全に垂直にし、良いものが浮き上がるようにしなければならないということです。私たち一人一人に華麗で、寛大で、最終的に親切に共有されるものがあります。

静けさ、静けさ、待ち時間がかなり無駄に感じられることを深く理解しています。私は検疫シーズン中にこのブログを書くために自分自身に座って、私は犬を歩いて、子供同士が生きて食べることを守ること以外はほとんどやっていなかったと感じました。しかし、私は自分自身に座った。私は座って、歩いて、私は平和を保った。私は待っていた、私は心配した、私は疑問に思った。私は祈った。私は読んだ。私はいくつかのブログを書いた。それはすべて静かに感じられ、しばしばまだありません。社会的遠隔、隔離、隔離のこれらの時代は、静かになり、それと闘うのに十分な時間以上を提供してくれました。

私たち自身の内なるモノローグやテレビで同じ静的な声だけを聞くと、孤立は簡単に停滞につながることができます。私たちが自分自身の臍だけを見るのに十分しっかりと結びついたら。そして、離れて腐って、私たちはただ一つのことがトップに上昇を参照してください。そこでは、ぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬるの、利己的な必要性だけである。

私たちは、休憩、飲み物、休暇、またはその他の自己癒しの特権の必要性しか見ることができません。プレッツェル、輪郭のある位置から、私たちは生き物の快適さを少し他のものに固定することができます。おそらく、より良い選択肢は、窓の近くに自分自身を配置し、困っている世界を見抜くことです。その後、私たちの周りの静かな空間が入り、私たちの心に知らせます。

なぜこの歌手は彼のバルコニーに立って、隣人の間で彼の声を上げたのかは確かには言いませんが、私は推測することができます。彼が家の密室の後ろに居た時間が長くなればなるほど、歌は燃え尽きることが想像できます。彼はそれを歌えなかった。

明らかに、私たちは皆、オペラ歌手になることはできません。(うちの近所には誰もネッサンドーマを歌って裏パティオに立って楽しんでくれませんよ!)しかし、私たち一人一人に提供するために、小さな、完全にユニークな部分があります。私は確信しています。私は、バルコニーの紳士のように、あなたの中には、静かで待っている間に、最も完璧な、華麗な贈り物が時々浮かぶことを発見したことを願っています。

私たちの国や世界中の多くの場所で、社会的遠距離と孤立の必要性は続いています。私たちの多くは、この静かなシーズンの重さを感じています。私はこれが家にいるだけ簡単になるとは確信していませんが、私たちはそれを改善し続けることを願っています。

静かな場所から私たちの心に浮かび上がるものは何ですか?それが何であれ、それが共有できない何かが湧いてバルコニーに私たちを促しても驚かないでしょう。

Katy Sundararajan

Katy Sundararajan lives in Holland, Michigan with her husband and two children, but she has left her heart in a whole host of places called home. She values thoughtful writing that allows us to ponder something small and recognize in it, something big

5 Comments

  • Exquisite. True. Thank you for saying it so well, for sharing what has welled up in you. This wilderness time is yielding such wisdom about who we are and how we can be, must be, human together. Just today Renovare is posting James Bryan Smith’s article which references Vedran Smailovic, the cellist of Sarajevo, who could not not play in the ruins to feed the people’s need for beauty. We all have something to share. Even though I write sermons every week, sometimes it feels as though baking pie or thanking the mail carrier is as sacred and helpful as any religious talk.

    • Katy says:

      Hi, Deb. Thanks for your note. As I was writing I thought quite a bit about the work of pastors and others who are deeply called to their work, and the deep fatigue of a season like this… and what that can be like for a “called” individual. I do agree that, sometimes, the little, other gifts that rise up can be so refreshing to offer. Peace be with you.

  • Daniel J Meeter says:

    I love the soul-depth of your mediations.

  • Thomas Goodhart says:

    Thank you, Katy! And I for one would love to hear you sing Nessun Dorma. Better yet if I could join you on the Sundararajan patio in Holland.

Leave a Reply