en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

祈りの機能は、神に影響を与えるのではなく、祈る人の性質を変えることです。

これらの言葉はソーレン・キェルケゴールに帰されていますが、感情は他の神学者や作家の反射も味付けしています。 マザー・テレサは,「祈りは求められない」と言ったとき,同じような考え方に傾いていたと思います。 祈りは,神の御手の中に,神の処分で,わたしたちの心の深みの中で主の声に耳を傾けることです。」

祈りは,神に嘆願したり,わたしたちが望むものやわたしたちが必要と考えるものを与えるよう神を説得したりする試みではありません。 祈ることは、私たちが神に利用可能になり、神が私たちに与える影響を受けやすい姿勢を選ぶことです。

この考えは子供の頃に失われた。 私は取引として祈りを係合する習慣にもっとありました-私は神に何か(私の時間と注意)を与え、神は私に何かを与えます。 もちろん、それは私が期待したやり方には決してなかったので、私はちょうど私がそれに悪いと思った。 ママが病気になるまで

最初は乳がんであり、その後に寛解の祝賀が続いた。 その後、大学の新入生のときに癌が戻りました。 数年後、多くの治療後、彼女は最後に病院に入院しました。 私の父は時間が残っていないかもしれないことを私に伝えるために呼び出され、私はできるだけ早く袋を詰めました。 わたしは教授にキャンパスを離れることを知らせました。わたしはアイオワ州北西部からミズーリ州北西部までI-29を下り,全道を祈りました。 わたしは,母が回復し,苦痛にならず,神が力を与えてくださるように祈りました。

私は正午頃に病院に入ったのと同じ祈りを続けました。 夕方,彼女の体が苦痛の兆候を見せ始めたとき,わたしの祈りは変わりました。 「主よ、平和に彼女の通過を助けてください。」

それは私が祈るとは思わなかった祈りでした。 数年後,わたしは彼女の死に対する悲しみを処理し続け,その日祈りの実践によってわたしが変わったことを理解するようになりました。 私の母に抱きしめたいという絶望は、何か他のものへと進化していました。 勇気かも? 平和? 彼女が神に属していることを信じてください。 それが何であれ、それは私が確かに自分自身で持っていなかったものでした。 それは私に与えなければならなかった。

この経験を深く反映するほど,祈りの新しい理解を受け入れました。 それは取引について少なくなり、神の御前で住むことによって変容を経験することについてもっと多くなりました。

先週の日曜日, 物語講義で, 私たちは、行為でキリストの昇天に遭遇しました 1. そして、弟子たちはこの驚くべき出来事にどのように反応しましたか? 彼らは祈りに専念した(14編)。 今日、使徒3では、ペテロとジョンがラメだった男を癒し、祈るために神殿に向かう途中で会った男を癒すことが分かります。

弟子たちがあまり祈りに尽くさなかったら,ペテロとジョンはその男に気づいたのだろうか。 もし彼らが神殿で祈りの時に行かなければ,その日その門を通り過ぎたのだろうか。 確かに多くの他の人が施しを求める男の多くの通知を取ることなく、ゲートを通過していた、と他の人は、いくつかのコインを共有し、次に続けるのに十分な気づいていた。 それでピーターとジョンがこの男を止め婚約させたのは何だったの? それは祈りの練習だろうか?

祈りが私たちを神に利用可能にし、神の影響を受けられるように助けてくれるならば、おそらくそれは神がそれを見ているように世界を見る助けになるでしょう。 もし祈りが、神を変えることについてではなく、私たちを変えることについてより少ないならば、おそらく、すべてが世界で正しいことを祈るとき、神が私たちを使って世界のニーズに対処できると期待できます。

COVID-19パンデミックである悲劇の真っ只中に、祈ることを約束すると受動的を感じることができます。 新しいレンズを通して祈りを見ない限り。 祈りが私たちを変えたら、国の癒しと愛する人や見知らぬ人の保護のために祈ることは、勇気の行為です。神がわたしたちをパートナーとして委ねてくださり、祈った非常に祈りに答えるときに従う勇気です。

では、「最前線」労働者のために、どうやって祈るの? 現在、ウイルスと戦っているすべての人のために?... 仕事、金融の安定を失っているすべての人のために、そして誰が住宅を失う危険にさらされている?... 特に脆弱であるすべての人のために:高齢者、既存の条件を持つもの、ヘルスケアに簡単にアクセスできないもの、不衛生で人口密度の高いキャンプに住む難民、およびより?

どのように祈るか-私たちが選んだ正確な言葉-優先事項である必要はありません。 力は、祈り、神の御前で住むことを選択することにあります。

教会に来て 祈りましょう

Megan Hodgin

Megan Hodgin is the Senior Pastor of the First Reformed Church of Scotia,  (New York).
Megan is a pastor and teacher, a trained facilitator, and aspiring coach.
A lover of big questions and deeply authentic relationships.
A gatherer of stories and seeker of shalom.

14 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    Thank you so much for this, and the story about you and your mom, and the insight on Peter and John, and the prayers you suggest. I think you’re so right, except I would say one thing; I don’t think it has to be an either-or. For me as a child to ask God to bless my food, and expect God to do it because I asked, is more than a transaction. Otherwise the prayer parables in St. Luke are hollow (the widow, the guest at night, snakes and eggs). Just that one demurral.

    • Megan J Hodgin says:

      Daniel, thank you for your response. You are correct in saying it is neither one nor the other. That is rarely so in this life of faith. “Both and” is usually more accurate in terms of the way God works. Thank you for bringing that nuance to light.

  • Barb Dewald says:

    Amen! Thank you, Megan. Well said. Prayer is transformational.

  • John Kleinheksel says:

    Good to hear from you, friend Megan!
    I am still grateful for all you did for Kairos W. MI when you were on the Board. Thank you Megan!
    Openness to God. Communion with our Lord. Being led by our Lord. Energized by our Lord to take action.
    Yes!
    Question: I thought the passage for today’s lectionary was from Acts 1, not Acts 3.
    O well. The emphasis on prayer is timely. Lord, help us through this time of global crisis. Through Jesus Christ our Lord.

    • Megan J Hodgin says:

      John, thank you for your greeting. Just a quick note regarding the lectionary – I mentioned above that I was referencing the “narrative lectionary,” which is different than the Revised Common Lectionary. If you would like. to learn more about it, you can browse workingpreacher.org. Peace to you!

  • Thank you for this most magnificent blog. I completely understand this as I had similar prayers at my mother’s death bed. Thank you. God bless you. Stay well.

  • Brian Keepers says:

    Megan, this is beautiful, thoughtful, and so wise. Thanks for your vulnerability about struggling with prayer while your mom was sick. Even though there is part of me that wants the transactional nature of prayer to be true (because then I’m in charge!), there is something so much more freeing and ultimately expansive about the transformational nature of prayer. As you say, it also calls us to responsibility. Thank you for this. It’s so good!

  • Ruth Boven says:

    Megan, thanks for this wonderful blog. It’s so great to hear from you again. I appreciate your thoughts about the transformational nature of prayer, shaped in a time of pain and crisis. It’s helpful for today.

  • Chris Godfredsen says:

    Megan, thank you for this today. It is a blessing to learn with and from you!

  • RLG says:

    Thanks, Megan, for your perspective on prayer. As I understand your position, it comes close to, or is the same as that of, Kierkegaard or Mother Teresa. Intercessory prayer is not us interceding to God (or to Jesus Christ) in behalf of those in need so that he would act in their behalf. Rather prayer heightens our awareness of God in a given situation and compels us to act in God’s behalf.

    The Christian (even Reformed) suggestion that Christians should pray as though it all depends on God, but act as though it all depends on you, fits the perspective that you suggest in your article. So when we see good come through our efforts, we thank God for what he has done. But when we see little accomplished or slow progress being made (such as with Covid-19 or the Holocost), shouldn’t that also be laid at God’s feet?

    The reality is that only the second half of that prayer suggestion is true, that what gets accomplished is through the choices and efforts of people (Christian or not). So prayer, in your view, has less to do with God and more with being a self motivator. We influence ourselves through prayer. Why not just remove God like those who don’t believe in God or prayer and out of concern for others, do good? Isn’t that really the bottom line?

  • Tom Ackerman says:

    I am surprised that no one has commented on the graphic accompanying your post. It was a wonderful addition to your thought-provoking words and both my wife and I enjoyed it. For those of us practicing rather severe social distancing because of age and/or other health concerns, prayer remains as an important way to support our church community and our social community. Thanks for your encouragement.

  • Lynn Barnes says:

    Beautiful Meghan, and I hope I can remember that possibly at anytime I pray it may be that I need the change.

  • […] quite a bit more authentic than they were in February. And while I’m praying for the world, as Megan Hodgin wrote about so eloquently in her recent essay on this blog, I’m also praying as much to change my own […]

Leave a Reply