en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

ちょうど私の会衆を自慢するつもりです。

日曜日の私の誕生日だった。 私は、この隔離期間中に誕生日が落ちる多くのように、静かな日を予想していました。 私はThMクラスのために紙に取り組むつもりでした(私は知っています-op Zondag, しかし、もう日は本当に重要ですか?) 私の家族に電話して、ワインを飲んでください。

その後、先週、私の友人(私が最近見る非常に少数の人々の一人)は、彼女が私に朝食をもたらしたいと言った。 御馳走! 彼女は9:30('cause #quarantime)に現れ、彼女のバンから取り出し、私の私道に折りたたみテーブル、芝生の椅子、市松模様のテーブルクロス、花の花瓶、ラテのためのミルクスチーマー、ベーコンを設置しました。

「あなたは私の背中のデッキにテーブルと椅子を持っていることを知っています, 右?」

「検疫だ。 私たちはそれを楽しんでいくつもりです。」

十分に公平だ

そこで、私たちは笑って、少し活発な日差しの中でコーヒーを飲んで、彼らは彼らの犬を歩いている隣人に手を振って、すでにこれは私が思っていたよりも良い誕生日になるだろう。 10時に、教会の鐘が通りを渡って通りを鳴らした。

「教会のための時間!」 私は冗談を言った。 そして、もっと真剣に、「今、人々に会わないのは奇妙です。」

その瞬間、通りを数ブロック下り、パトカーのサイレンは、そのライトが点滅するにつれて荒れ始めました。

私は私道で一緒に食べることに困るところだったと確信していました。

しかし、エミリーはこう言います。「誰かがひっくり返ってきたのかもしれません。 見に行こう。」 観察するかなり厄介なもの、私は思ったが、私は得た。

トラブルは起こらなかった 警察の車は、約50台のパレードの前にあった、道路を伸ばし、私の美しい、素晴らしい、心から最愛の教区民でいっぱい、それらの後ろに飛んでバルーンとポスターボードの誕生日カードは、いくつかは、彼らが通過したとして、キャンディーを投げたそこからロールダウン窓をぶらぶら下げたので、いくつかのグランドヘイブンパレードは、キャンディがonlookerの顔にホイップされることなく完了します.

彼らは渡され、鳴らし、手を振って叫んだ、「ハッピーバースデー!」 誰かがトランペットで曲を演奏しました。

驚いたわ 息をのむような気がする。 回復に何時間もかかった。 私の論文は書かれなかった。

私の29歳の誕生日は、これまでで最も悲しい誕生日の一つとして本に落ちるのではなく、史上最高の誕生日の一つとして記憶されます。

私も他の人から聞いたことがあります。 人々は新しく楽しい方法で祝われています。 人々は以前よりも多くのカードを送っている。 電話がより頻繁に鳴る。 月に一度話した家族は毎週話しています。 毎週話した家族は一日おきにチェックインしています。 私は自分の週がFaceTimesとHousePartiesとZoomsとMarcoPolosで満たされていることを知っていて、友人や家族と一緒に私はそうでなければ年に数回話したいと思います。

こんな事前に人を気にしなかった しかし、私はおそらく私たちの仮定が変わったと思います。

たぶん、以前は、他の誰かが、人々が特別な感じ、祝われ、愛されていることを確認するだろうと想定していました。 「他の誰かが彼らにカードを送るだろう。 すでにパーティーを計画していると確信しています。 彼らの日は、おそらく電話や訪問者がいっぱいです, 私はそれらを疲れさせたくありません.」 私は何度もこれらの言い訳をしたことを知っています。

しかし、今、私たちは、人々の誕生日や記念日、あるいは彼らの定期的な火曜日の夜は、彼らがそれを想像していたように見えないと仮定します。 私たちは、人々が孤立し、切り離され、彼らが愛する人々から分離されると仮定します。 だから私たちはステップアップします。 私たちは空隙を埋める。 私たちはコミュニティを生きています。

私の誕生日に仕事を怠った論文は、葬儀の典礼的な教会に関するものです。 葬儀の後でよく聞かれる質問は、「何人出席したの?」 私の勘は、葬儀に多くの人がいることを知りたいのです。なぜなら、私たち自身で多くの人がいることを望んでいるからです。 私たちは、私たちが属し、人々に何かを意味し、私たちが身体の大切なメンバーであったことを知りたいのです。

しかし、私たちがバプテスマで私たちはすべてこの体に移植され、身体の各部分が次のものを必要とすることを公言すれば、所属の質問は決して集会者によって提起されるべきではありません。 私は、トム・ロングのような人々と一緒に、個々のメンバーが故人をよく知っていたかどうかにかかわらず、葬儀で会衆が葬儀に出席しなければならないと主張しています。なぜなら、バプテスマを受けた者との会衆が最後までの信仰の旅に同行するからです。 私たちはコミュニティに生まれ、コミュニティの一部として生きています。コミュニティの一部として死んでいます。

誕生日のパレードとどう関係があるの? 私は愛で私を取り巻く私のコミュニティの暖かいファジーを浴びるとしても、私は多くのファンファーレなしで祝った誕生日は一般的な出来事であることを鋭く認識しています。 私たちの会衆やコミュニティの多くは、隔離されてずっと前に隔離されたと感じました。 私たちの会衆やコミュニティの多くは、彼らが属していれば、彼らが身体に場所を持っているかどうか疑問に思います。

だから私は、この時期に、私たちの仮定が挑戦され、ボイドを埋めるためにステップインしているのだろうかと思います。これは、すべての時間をボイドを感じるかもしれない人、彼らが属していないように感じて、それらを展開するためにステップインする機会でもあります。 この分裂の時期は、お互いのコミュニティになり、お互いのことを覚えるというユニークな機会を与えてくれると思います。 そうすることで,わたしたちはキリストの御体を再会員にすることができ,それが本当に祝うべきことになるでしょう。

Laura de Jong

Laura de Jong serves as pastor of Second Christian Reformed Church in Grand Haven, Michigan.

14 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    Marvelous. Thank you. And Gefeliciteerd.
    I had the privilege of serving my first charge at an extremely old-fashioned Hungarian church in Central Jersey. Everybody came to all the funerals. All the funerals were big church services. The church bell rang three times a day for the deceased from the news of the death till the time of the funeral. Bell-ringing was the most important job of the custodian (his title in Hungarian was actually “bell-ringer”), and why they paid him with the use of a house next door–so he could be present to ring the bells, or his wife if she had to. At the time of the funeral, somebody would keep lookout to see three blocks down when the hearse turned from Main Street into Thomas Street, and then immediately he started ringing the bells (two of them, named Gyorgy and Gabor, for two Calvinist princes) and kept ringing as the till the casket was marched up in front of the pulpit and the last family members sat down in their pews. Then, upon the Benediction, he started ringing again for the whole thing in reverse, until the hearse turned up Main Street. This was not written down anywhere. Everybody just knew it. Those Hungarian funerals were the best in any church I served.

  • Dana R VanderLugt says:

    We have celebrated two April quarantine birthdays in my house for two of my sons, and I fretted about how sad they would be. Neither was. The gift of presence turned out to be most of what they wanted/needed. My newly christened 11-year-old announced to me at bedtime that it was his “best birthday ever.” Beautiful and thoughtful post. Thank you!

  • Scott Hoezee says:

    Once again, Laura, lovely and so very poignant in the end. Thank you.

  • What a wonderful perspective. Happy Birthday.

  • Jim Schaap says:

    What a blessing –for you and us. Thanks.

  • Gail Miller says:

    Beautiful! Thank you!
    And I would love to read your thesis when it’s done!

  • Henry Baron says:

    That birthday surprise present will bless you for a lifetime, Laura!
    Yes, I agree – the deceased church family should be present at the funeral.
    How sad to know that too is now not possible. But a car parade maybe to support the grieving?

  • Carolyn DeNeut says:

    Laura – you make me proud to know you and that you are an alum of where I work. Thank you for your wonderful words…and Happy Belated Birthday! 🙂

  • Ron Nydam says:

    Hello Laura,
    I rarely respond, but I found this piece so delightful. A very happy birth day for you! Great congregation! My wife and I were married in that sanctuary years ago.
    A comment to your paper. I find it quite troublesome that we now ” celebrate the life of” at memorial services with no body, no dead body, before us.
    A funeral to be a funeral need a dead body, it needs to confront death right before us. It ought to begin as a time for lament, a time for real life sorrow, mourning. With our culture, we are now doing grief-lite. It would only be a true celebration were we truly happy that that person finally died. To call such a celebration is truly crazy-making. Enough said. Enjoy Grand Haven! A great place to be alive!
    Ron Nydam

    • Jan Zuidema says:

      As a long time organist who has played numerous funerals through the years, I’m so thankful for your characterization of grief-lite. No matter our joy for the person made whole again, in the presence of the Lord, we need to recognize and voice the grief and hole in the fabric of our lives at the death of a person who we will never touch, speak to, care for, or laugh with again. I find some of the ‘sharing’ that now goes on to be an exercise in dead-aggrandizement, leaving those present wondering if their kids or friends will gush when they’re gone. Information overload at our funerals.

      • Anthony (Tony) Diekema says:

        Indeed, Laura………..know now that you are ministering in “the one true church”. 🙂 Truly a touching and delightful piece. Thanks!

  • Dan I love this story! So rich. Brings back memories of living in Germany and the church bells, of visiting Hungary and the warm full of life and strength people. Thank you for sharing this.

Leave a Reply