en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

どのような多くのキリスト教徒は、イースターについて最も欠場しようとしている

5日間の日曜日は、実際の福音書が主にもあるものです

行方不明です。 ファンファーレや爆風のようなもの

金管楽器の。 フラワーウォッシュのようなもの

風景や高音ドラマ。 物事

ブラインド白paramentsと非常に熱狂的なのホミレティックな礼拝のように

品種。

私が間違ってはいけない:イースターを祝う方法のほとんどは

大丈夫 適当です。 おそらく、我々は雹の勝利を与えられる必要さえある

イースターになること。 それはこれがないということだけです

どのように4つの福音書が復活を提示するのか。

このCOVID-19年で、私たちのいくつかは、復活祭の礼拝のために集まるとき

今日、おそらく私たちの誰もいなくてもいいのですが、私は疑いませんが、

彼らの危険にそうする者。おそらくこれは福音書を聞かせるのに良い時期です。

彼らの控えめなイースターアカウントを提示。

おそらく、これはまた、私たちが静かにすることを余儀なくされている瞬間です

適切にこの証人を受信するのに十分な。

私たちは普段のようにこれをガッとすることはできません。

そして、それはそれ自身の微妙な方法で良いことです。

コメンテーターは長い間、福音書が提示することを指摘している

最も勝利の物語は、これまで非勝利の方法で語りました. 私が何年も前に読んだ1人のコメンテーターは、

これは意図的だった:あなたは非劇的に非常に劇的に提示するとき

方法は、あなたが皮肉感を作成するので、また、読者のコミュニティを作成

「それを得る」というのは、コミュニティを形成する人々が

知っている。

まず第一に考えてみましょう:すべての物語のビットと部分について

は4つの福音書にまたがって異なりますが、共通点の一つは、

どれも、イエスが実際に墓から出てくる瞬間を描いている。 どうやら誰もそれを目撃していないので、どちらも

4人のエバンジェリストが、誰かがやったふりをする物語を飾るのか。 それは良いと正直を提示と呼ばれています

目撃者。 はい、それは

CGI特殊効果のハリウッド風の瞬間(私の小さな時間バージョン

今して教会のイースターのページェントで見ている)が、誰も実際にそれを見ていない

ので、物語の中には残されています。

さらに,福音の話のほとんどには,

混乱。 疑いもある 墓に到着した人はそういくつかの間

大きなイベントが起こった後。 彼らは会う

イエスがもはやないというマニフェストの事実を報告天使または二人

そこに。 ほとんどの場合、人々はそれを蹄に言われます

彼らがマスターに追いついたいのであれば、ガリラヤまでです。 それはのための頭スクラッチャーのビットでなければならなかった

ガリラヤの女性と弟子のほとんどは、北に80マイルでした。 シカゴからの旅行にはかなり近い

ミルウォーキーへ と日時に何も

ロバや人間が歩くことができるよりも速く移動し、それはハイキングです。 奇妙だ

もし皆がエルサレムにいたら、そこでたむろしてみませんか?

それにもかかわらず、しかし、マシュー、ルーク、ジョンは示している

とにかくイエスとのいくつかの事前ガリラヤの出会いは、ほとんどが、ありました

簡潔に。 マークは、もちろん、私たちを与えることはありません

そんなにな マークは第 16:8 章で終わります。

恐怖沈黙の中で墓を逃れる女性のフリーズフレームのようなものと. 口のアガペ, 腕の前で突き出し

爆発から逃れたように見えました そして、それはカーテンが降りてくる場所です

マーク:恐怖と沈黙の中で。

ヨハネの福音は,今年のわたしたちにとって最も良い説明となるかもしれません。

復活祭でいつものように礼拝のために集まることができないとき。 私はヨハネの最初の詩を愛します 20 それは伝えます

私たち全体の物語が始まった "それはまだ暗かった間。」 それは私のイースター説教の私の説教のタイトルです

ジョンから。 イースターは、

暗闇。 復活は私たちに来る

すべての暗闇の中から。 と

ジョンが終わる前に、物語は混乱、疑問、そして小さな

泣きの量。

ハッピーイースター!

しかし、それはちょうどそれです。

それは私たちが幸せではなく、喜びです。

そして、喜びは幸せよりもずっと深く、洗練されています。 ジョン・ヘンリー枢機卿ニューマンがかつて観察したように

幸福は、あなたがそれを期待するところかなりポップアップ表示されます:誕生日パーティー、時

職場でのプロモーションについての良いニュースを受け取る。

幸福は、彼らが贈り物を得たクリスマスに子供たちに見るものです

受け取ることを切望していた。

しかし、喜びは違います。

幸福が部屋を離れることを余儀なくされたときに喜びが正確にポップアップします。 喜びは、墓地のコミットメントサービスであります, で

イエスを完全に信仰して死ぬ病気の愛する人のベッドサイド。 わたしたちが歌うとき,喜びはわたしたちの心の中に存在することができます。

涙が私たちの頬を下って流れても、葬儀で「クリスタルの海」。 喜びはクリスマスじゃない 喜びはイースターです。 喜びは決して最初の感覚ではないとニューマンは言った、

しかし、常に第二の感じ。 喜びは何

悲しみの後に来ます, グッドフライデーの後.

そして、非常に静かにこれはイースターで私たちを見つける喜びです。 だからこそ、4つの福音書の中で、復活した

イエスは壮大で掃引するために私たちの生活の玄関を強打することはありません

宣言するために繁栄する「私はBAAAACKです!」 の

復活は後ろからこっそりしているようです。

予期せぬ場所に飛び出します。

イエスはヨハネ20で泣きだすメアリーの背後に思いついた。

イエスは混乱したエマウス結合の旅行者の後ろに思い付いた

ルカ24の彼らの破線の希望によって。

イエスはジョンのように恐怖からロックされたドアで部屋に飛び込みます

20.

イエスは棒を突いて、ジョン21のビーチで見知らぬ人として表示されます

炭火で魚やビスケットを調理 (これはイエスが復活後にしたことですか?! 彼は朝食を調理しますか?)

それはすべて非常に静かで、非常に非劇的で、非常に控えめです。

とにかく、いつものものものと比較して、私たちは祝うでしょう

ほとんどの場所で今年イースター。 しかし、の

もちろん、ちょうど福音である良いニュースは、それらの静かで薄暗いということです

無向のさえ涙びしょ濡れの場所は、正確に場所であるように見える

イエスはほとんどに飛び込むか、後ろから上にこっそりアップするのが好き復活しました。

今年はそのように彼を探してください。 彼は現れる 彼はいつもそうする

Scott Hoezee

Scott Hoezee is Director of the Center for Excellence in Preaching at Calvin Theological Seminary.

16 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    Excellent.

  • Thank you for this. It is a timely message.

    May you have a blessed and healthy Easter.

  • mstair says:

    “… precisely the things the actual Gospels mostly also are missing.”

    “…to be quiet enough to receive this witness properly.”

    “Look for him that way this year.  He’ll show up.  He always does.”

    Great stuff! Amen.

  • Jan Zuidema says:

    Thank you for pointing the way to a joy filled Easter.

  • Kristen VanderBerg says:

    I needed to read this today. Thank you.

  • Daniel J Meeter says:

    Except for that earthquake in Matthew. I don’t know how much noise an earthquake makes, I’ve never heard one.

  • John Tiemstra says:

    I needed this. Maybe we all did. The virus is affecting even those who don’t have it, and don’t know anybody who does. Thanks, Scott!

    • Brian Keepers says:

      Scott, this is beautiful, profound and true. So, so true in a moment when hope is equated with shallow “happy talk” and blind optimism. I so appreciate your distinction between happiness and joy. Thank you for this.

  • Harvey Kiekover says:

    Well-stated. Needed! And helpful. Thank you, Scott. I’m praying we will again on this strangely quiet Easter be “conquered by joy!”

    Harvey

  • Meg says:

    This is where I was headed with my sermon and worship for Sunday but I didn’t quite have words for it yet. Thank you for adding to the ingredients and giving them a good stirring up.

  • Jane Porter says:

    Scott. I was thinking similarly. Prompted by a comment from Richard deRuiter on Facebook last week. But I still hadn’t decided on which Gospel story to work from. Thank you for your suggestion. Sitting in the dimness of my study with just the early morning daylight coming through an upper window, your article came my way. It’s a blessing. Thank you.

  • Carol Westphal says:

    So beautiful and powerful. Thank you!

  • Mary VanderVennen says:

    Thank you, Scott. So appropriate for this time. However many of the great redemptive moments come in darkness. God announces his covenant to Abraham at night, witnessed by the stars. Jesus is born in darkness. Jesus rises in darkness. But Pentecost comes in the full light of day. Is there a sermon there?

  • Henry Baron says:

    Yes, the Lord comes in our darkness and shows us that in him was no darkness at all. The source of our Joy. Thank you, Scott.

  • Joe Eelkema says:

    Thank you for this, very thoughtful for a year that is so different and sorta flat feeling. Joy versus just happiness… got me thinking in a new and different way. Wishing you all a meaningful and special Easter, blessings,

Leave a Reply