en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

私はキリスト教改革派教会に関連する学校で教育者として働いています。 私はまた、十二の定期的な読者です. 私は匿名で書いています, やや自分を守るために, しかし、はるかに私の機関を保護するために. 悲しいことに、私はあなたが理由を理解すると確信しています。

先日、「高等教育における代名詞の使用」に関するウェビナーへの招待状を受けました。 君と僕はこれが一人称代名詞か二人称代名詞のことではないことを知ってる 「彼」、「彼女」、「彼女」、「彼ら」のような三人称代名詞にきっと焦点を当てるだろう。

これらの単純な言葉が偏光になる可能性があると予想した人は誰ですか?

「彼らは" 特に注目の中心です。 メリアム・ウェブスター辞書は、2019年の年の言葉として「彼ら」と名付けられ、新学者「自分自身」とともに辞書に三人称単数代名詞として追加されました。 英語の他の保護者もこれを行っています。 どのように複数の単語が単数になる可能性がありますか?

しかし、これが偏光緊張で読み込まれるずっと前に、私たちのほとんどはすでに「彼ら」を共通のスピーチで単数代名詞として使用していました。 私たちは、「誰かが自分の座席にコートを残した」のではなく、「誰かが自分の座席にコートを残した」と言います。 「彼らの" すべての不器用さを取り除き、この例では私たちの耳に大丈夫です。

しかし、「彼ら」は未知の人ではなく、特定の人を参照する場合、それは正しく聞こえません。 このような文は、Time誌から取られた、性別拡散俳優アジアケイト・ディロンについて、目立つ:「彼らの仕事を通して、アジアは新しい空間を切り出しました。 それは多くの人々に黒板の爪のようなものです, 私が含まれて.

もちろん、これは文法以上のものです。 私は文法の角度からこれに来て、最初は会話から熱を少し取り除くことを望んでいます。

質問は、男性または女性として識別しない人の優先代名詞を受け入れるかどうかだけではありません。 もっと大きな質問は、男性または女性として識別しない人を受け入れるかどうかです。 彼らは教会に入る前に変更する必要がありますか?

私は、少なくとも114の可能な性別があるように、私の頭を回転させた最後の数年で性別についてのことを聞いたことがあります。性別はスペクトルです。性別は社会的で生物学的ではなく、構築です。あなたが35歳以上であれば、あなたは直感的に2進数で考えますが、35歳未満の場合は、大きなことが何であるか分かりません。 私は35歳を超えているので、それは私にとってはすべてストレッチです。私はそれらの主張の有効性について多くの議論があることを知っています。

私はセックスとジェンダーの科学の専門家ではありませんが、サラ・シベマ・トルスマ、エリザベス・ヘーグ、ローラ・ファーロングはすべてです。 彼らはノースウェスタン大学の生物学科のメンバーであり、セックスの生物学に関する彼らの記事は啓示的です。 物事は、私たちの多くが望むほど単純ではありません, 植物や動物や人間のいずれか

間違いなく、多くの人がコメントして私を(または北西部の生物学部)まっすぐに設定したいと思うでしょうが、私は実際に生物学について書いているわけではありません。

私は単に、誰がそれを使う代名詞が私の心に来たかを決めることになるかについて4つのことを言いたいだけです。

1.) 所属, 伝道主義の専門家があなたに伝えます, 信念に先行します. 教会のための質問は、その後、教会は性別拡散人々と何か関係を持っていることを望んでいますか? 代名詞を通して表現することができる所属は、始めるべき場所のようです。

2.) カシアス・クレイがムハンマド・アリに彼の名前を変更したときに大乱れを覚えることができるこれを読んでいる人はいますか? カシアス・クレイと呼ぶと主張した人達を覚えています それは失礼と非人道の両方でした。 「あなたが私のルールで遊ばなければ、私はあなたを認識しません」と述べました。 カシアス・クレイ(カシアス・クレイ)をバックファイアと呼ぶと、時間が経つにつれて、カシアス・クレイ(Cassius Clay)と呼ぶ人たちは、憎しみ深く、後方で、そして小さな志向の

3.) 教会は、少なくとも1960年代以来、ジェンダーニュートラル代名詞について話してきました。女性運動は、「彼」が常に神にとって適切な代名詞ではないと指摘しました。 このため、NRSVのような聖書の翻訳が生じました。 家父長制度で育った人にとっては、それが始まったときには大変だったが、今私は神が男性の代名詞だけを使って話すのを聞くと、「無限の神のイメージが、神を人間の性別に制限すれば、あなたの神は小さすぎる」と考えます。 スティーブ・マソネット・ヴァンダーウェルは、この空間で既に見事に書かれているように、神は二進ではありません。 神についてどのように考えるかは、神の創造と神の生き物についての考え方に影響を与えます。

4.) 彼の人生で遅く、ビングクロスビーは私を驚異的に襲ういくつかのことをしました。 彼はクリスマスの特別でデビッド・ボウイを開催し、一緒に彼らは歌いました「リトルドラマーボーイ。」 それは休日の古典のようなものになるので、奇妙な、とても奇妙な、それは動作します。 ブラボー・ビング ビートルズの歌「ヘイジュード」もカバーしました。 これは、デビッド・ボウイのデュエットが持っている魅力を欠いています. ビングは詩から「爆弾-爆弾-爆弾-爆弾-爆弾-爆弾-ディーダダム」の移行を処理しましたが、すべてのものは、絶望の臭い。 そんなに間違っています。 世界はビングを通過していたが、彼は舞台から撤退する知恵を持っていなかった。 彼はそうするべきだ だから、私は年齢とともに、明らかに丘の上にあるビングが「Hey Jude」を歌うのではなく、デビッド・ボウイと一緒にぎこちないまだ少しクールなビングを歌う方法だろうか。 教会はそのような質問に興味があるのだろうか。 ほとんどの場合、私はそれがそうは思わない。

アジア・ケイト・ディロンのような人を彼らの条件で受け入れることができますか?それとも私たちのニーズは、私たちの条件だけで彼女を受け入れるように要求しますか? 文法は、この例で、私たち自身の不快感のための盾と、私たちがコントロールしていない誰かを制御するための武器の両方になります。

私にとっては難しい。 私の目を転がし、嘲笑し、政治的正しさの警察によって逮捕されたことについて否定的なコメントをすることは、彼らの条件で人々を理解したり受け入れようとするよりも簡単です

遠くに「ヘイジュード」のかすかなエコーが聞こえるのではないかと思います。 どうなるの? 全力を尽くしてやる。

11 Comments

  • Daniel Meeter says:

    Thanks for this. This was risky for whoever you are. But you’ve helped clarify some things. These new practices are challenging and require some grace and charity in the application of. I want to learn how to make my language more inclusive and welcoming as well, and I want to respect how people want to call themselves. At the same time I can understand those people who find the whole thing ludicrous. I don’t, Thank you for your courage and candor.

  • Anonymous says:

    I try to respect everyone’s pronoun of choice. The hardest for me is a young African American whose pronoun of choice is ‘it’. I’m 75, trying to understand.

    • Andrea DeWard says:

      That would be a particularly challenging one, and I thank you for writing this and for doing your best to honor the agency of others even when you don’t quite understand.

  • Marilyn Paarlberg says:

    A new book by Dennis Baron titled “What’s Your Pronoun? Beyond He & She” got a positive review in this past Sunday’s NYT Book Review section. Baron is an aging college professor who has learned from his students. https://nyti.ms/3azCFPp

    • Jeff Carpenter says:

      Back in 1987, I spent a summer semester at U of Illinois in Champaign-Urbana, part of the program including sessions with Prof Dennis Baron, reading and discussing his then-latest book, “Grammar and Good Taste: Reforming the American Language,” a history of attempts to reform language in America, from Ben Franklin to Edwin Newman and William Safire. I remember him as being a kind and gentle soul, quick-witted and a generous and gracious host. I’m glad to learn that he is still writing about English, let alone still alive on this good earth.

  • Carlene Byron says:

    I’m also a grammar gal. Here’s what I wrote after a “non-binary” ordination in the UMC: https://christianpurposeblog.wordpress.com/2017/06/13/grammar-queen-m-is-a-them/

  • Grace says:

    Thanks so much for your explanation. I appreciate it.

  • What about the fact that the majority of people in the world already speak a language that does not distinguish gender (“he” or “she”) in spoken pronouns? What about the fact that spoken English until the 13th century also did not distinguish gender in pronouns? Does this suggest that it’s not the end result of this process that is so painful, but rather the transition, the change?

    • Daniel Meeter says:

      Right. Hungarian has no gendered pronouns at all, and very little gender distinction in its language at all. About English to the 13th Century, that’s news to me.

      • Rodney Haveman says:

        Not sure if this is too late to enter the conversation, but my wife is a Spanish teacher and someone who is learning and trying to change with empathy for the way binary pronouns are exclusionary and sometimes hurtful. However, in teaching Spanish, she has encountered a variety of problems. So much of the language is gendered (binary), and the pronouns are gendered. She has students who are not ready to commit to a gender binary and are more comfortable with they. In the English language this may be grammatically awkward, but still more than possible to make the changes necessary. In Spanish, it is not so easy. I don’t have an answer, but given that Spanish is the second most spoken language in our country and only growing, it may be an area to begin to address the issue.

  • Julia Smith says:

    Thanks for posting this! Concerning the complexities of God’s human creation, I highly recommend the documentary Intersex & Faith which explores the stories of several people of faith who were born somewhere between male and female due to an intersex condition. Here’s the link https://storiesofintersexandfaith.com/ – the trailer is available, though the film costs money to get. It’s not outside the budget of a church or college, though.

Leave a Reply