en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

サッカーのシーズンはついに終わったが、このシナリオを想像してみてください。 あなたのチームは1〜2ポイント先です。 あなたの防衛が保持され、他のチームの唯一の希望は、長い、長いフィールドゴールです。 しかし、待って、彼らはゴールポストを10ヤード近づけるためにrefにアピールする。 群衆はその承認を轟かし、突然、ありそうもないフィールドの目標は今やメイク可能です。

または選挙前夜、2016年に想像して、ヒラリー・クリントンは、選挙大学が廃止されるべきであり、選挙は単純な多数によって決定されるべきであると宣言している。 驚くべきことに、議会と最高裁判所はすぐに同意し、ヒラリーは勝者と新大統領です。

分かってる分かってる そうは思えない 異様なイラスト。 アメリカの改革派教会で提案された変化と同じくらい異変なことについて, 私の宗派.

あなたが改革派教会の一部でないなら、私はあなたを失ったかもしれないと思う。 なぜあなたはいくつかの壁内争いを気にすべきですか? しかし、ここにはより広範な問題があると信じています。 私は、複雑でニッチな紛争よりも、より大きく、より興味深く、もっと何かについてこれを作ろうとしています。

北米の他のほとんどすべてのキリスト教の体と同様に、改革派教会はしばらくの間、人間のセクシュアリティの問題と格闘してきました。具体的には、LGBTQ人を肯定し、含みます。 過去20ヶ月ほどにわたり、私たちはビジョン2020タスクフォースを前進させました。6月に私たちの最も広い年次総会への報告を予定しています。 (私たちは、少ない、多様なグループを派遣し、勉強し、議論し、以前数回祈っています。)

私はビジョン2020グループに、透明性、コミュニケーション、信頼構築のための高いマークを与えます。 彼らは人々を警戒しないように一生懸命働いてきた。 彼らは、争いのある時代は秘密と驚きの時間がないことを理解しています。

ゴールポストの移動

昨年の年次総会(我々はそれを「一般会議」と呼ぶ)での最後の分操縦では、提案が提唱され、2020グループからの憲法上の変化は単純な過半数によってのみ承認される必要があることを渡されました。 教会命令の私達の書によると、憲法上の変更は、(我々は長老会と同様に、艦隊のためのラテン語から「クラス」と呼ぶ)会衆のローカルグループの3分の2の承認を必要としています。 これは、米国憲法の変更が憲法改正のための州の三分の二の承認を必要とする方法とは異なります。

言うまでもなく、これは大きな論争と抑えを引き起こしています。 その提案についてあらゆる種類の非難がなされている。 ゴールポストを移動し、選挙大学を廃止することは、よく使われる画像です。

少なくとも、単純な過半数のアイデアはタイミングが良くありません。 信頼が低く、vitriolが高い場合は、別のウェッジを引き出す時間ではありません。 RCAの私たちが拘束と慎重な季節にあるなら、この提案はそれを悪くします。 2020年のプロセスの途中で、そのグループの提案を可能な限り落ち着いた環境に持ち込もうとする試みが損なわれる可能性があります。

缶を蹴る

このすべてについての会話で「缶を蹴る」というフレーズが聞こえたら、「単純な過半数」の変化の提唱者と話していることを確認できます。 真剣に、それはいくつかの話点のメモですか?

道を下って缶を蹴ることは、改革派教会がLGBTQの人々についての議論や解散を処理できないことを意味します。 私たちは話し、研究し、十分に長く祈りました-それは主張されています。 それは決定する時です。 何とかして!

信じられないように思えるかもしれませんが、妻のソフィー、そして私は時々同意しません。 時には私たちの意見の相違は、表面的で単純な迷惑ではありません。 同意できない 多分、私たちは意見の相違を言葉にしたり、集中したりすることさえできないかもしれません。 我らは辛抱強い 私たちは緊張して生きています。 私たちは処理します。 私たちは祈ります。 待ってくれ もう少し話そう

私たちがしないことは、「もう缶を蹴ることはできません。 もういい! 我々は今決定しなければならない。 私たちは、確実性と全会一致を持っているか、我々は離婚する必要があります!」 私たちは約束しています。 時間は役に立つと信じています。 ある種の不完全な方法が現れます。 「答え」が見つからなくても、道を見つけるでしょう。

だから、すべてのものが複雑です。 米国が人種差別で道を蹴るのをやめるべきであると主張すると想像してみてください! 南北戦争は160年前です。 MLKは50年以上経過しています。 しかし、我々はまだ処理しています。 物事はすぐには解決しない だから、教会のLGBTQ人についての会話になります。 あなたは本当にあなたが道路を蹴るのを止めることができると思いますか?そして、この会話は単に消えるでしょう?

履歴を知る

この単純な過半数の変化に賛成する人々のもう一つの主張は、我々は独特の凝固状態にあることです。 3分の2の標準を使用し続けることは、私たちがどれほど深く立ち往生しているかを理解できません。 今回は、この議論は例外です。

そのような主張は、単にアメリカの改革派教会の歴史を知らない。 以前は深い部門がありました。 当時、変化を支持する者は、3分の2のバーがちょうど高すぎると言っていたかもしれません。 女性の聖任と第4の教義標準としてのBelhar告白の採用は、はるかに早く起こりました。 RCAは、1960年代後半に当時-「南長老会」と合併しただろう. これらの深い論争の真っ只中に、誰も単純な過半数を提案する無謀を持っていませんでした。

文化への洞窟探検

「文化に魅力を感じる」— 特定のキリスト教界では、それはあなたが誰かや何かについて言うことができる最悪のことについてです。 もちろん、聖霊よりもツァイトガイストに耳を傾け、聖文よりもテレビから手掛かりを取ることを示唆しています。 それはかなり便利で曲がりやすい告発です。 ほぼすべての側が任意の引数でそれを使用することができます。 多くの場合、あなた自身の板ではなく、他人の目に斑点をスポッティングするようなようです。

何度も何度も私は、単純な過半数の議論が私たちの文化をどのようにエコーするか打たれています。

小学校の遊び場以来、私たちは「投票しよう!」と叫ぶように訓練されています。 と「過半数のルール!」 任意の時間分割が噴火する。 選挙人大学を遠ざける努力でこれを聞きます。 カリフォルニア州は4000万人と2人の上院議員を持っていながら、またはそのような10以上の人口の州などの主張で、千万人と20の上院議員を持っています。

同様に、そこに浮遊疑惑の豊富さとRCAは、小さな少数派によって「ハムストリング」または「保有人質」されている主張パイをスライスする数学的な試みのすべての種類があります。 数学が信頼できるかどうかにかかわらず、これらの主張が認識できないのは、クラスが議会地区と同等ではないということです。 彼らは常にサイズが異なっており、サイズは憲法改正に投票する以外に、クラスの多くの重要な機能とはほとんど関係がありません。

教会政府と市民社会、または米国憲法の比較は避けられませんが、学位にのみ役立ちます。 実際、彼らは一般的に役に立たないし、通常、この「文化的降伏」に貢献しています。

教会(ユニバーサル、宗派、地元の会徒)は民主主義ではありません。 「過半数のルール」と「投票しよう」という叫びたい時は、私たちが文化の揺れにしていることが分かります。 私たちは鼻を数え、より公平な表現について議論し、境界を再描画したいとき、私たちは文化の揺れにいます。

投票は、祈りと忍耐と会話、尊敬、反対の同意、忠誠心、他者の資質とともに、教会のための一つの手段となります。

しかし、単純な過半数は、神の道や聖霊の導きについてほとんど何も教えてくれません。 RCAの提案された変化は、焦らし、欲求不満、憤りの表現です。 パワーグラブだ

*****

PS—私は、2020年タスクフォースの透明性とコミュニケーションのための取り組みに感謝しました。 彼らの全体的な方向性が「定義され、つながっている」という焦点が当てられるようになったので、彼らの正直さは贈り物ではなく重荷のように感じるかもしれません。 すでに1つは、それらを信用するためにささやきキャンペーンを感覚-「あまりにも心理的ではなく、聖書的、」などの噂は、2020年のグループの勧告が公式であるように、いくつかの会衆やグループがすぐに脱却することを提案し、一般Synodがそれらを考慮するのを待っていない-あなたが入力するかどうか疑問に私を引き起こすプロセスは、あなたが「勝つ」場合にのみコミットされ、あなたは本当に完全かつ正直にプロセスに入ったのですか?

Steve Mathonnet-VanderWell

Steve Mathonnet-VanderWell and his wife, Sophie, are the pastors at the Second Reformed Church in Pella, Iowa. Steve has served on numerous Reformed Church commissions and task forces, and also edited the journal Perspectives for many years. Before coming to Iowa, he lived and served as a pastor in upstate New York. Sophie and he have two adult children. He holds a Ph.D. from Boston College in theological ethics.

17 Comments

  • Daniel Meeter says:

    Thanks for this, Steve.

  • Fred Mueller says:

    Incisive, insightful and an obvious persuasive appeal from your heart, Steve. Thanks for linking the discussion to the “things that make for unity, purity and peace.” Your showing us how long other things take to find a true resolution is extremely helpful in this deliberation.
    Thank you.

  • Steve, this is magnificent. It is even better than your usual fine work. Thank you for this. It is a pre-Lenten blessing.

  • Marty Wondaal says:

    To look on the bright side, at least it’s not a caucus…

    • Steve Mathonnet-VanderWell says:

      Ah, Marty. So embarrassing and awful for all Iowans who now look like hicks and hayseeds. In our defense, I’ll say caucuses have a lot more moving parts than voting (and that’s what makes them fun and wonderful IMHO). I’ve been to some that were run well and some less so. But the problem wasn’t at the precincts apparently. Still there are so many things funny comments floating around about being too busy milking the cows, the telegraph poles having ice, the carrier pigeons etc. Debacle.
      Shameless self-promotion–read my “The Joy of Caucusing” https://reformedjournal.com/the-joy-of-caucusing/

      • Marty Wondaal says:

        That was an informative post that helped me understand what happened last night. It would be a shame if the caucus style primary was abandoned. It requires voters to be mature, motivated, and informed for it to work, and even last night Iowans demonstrated that. The DNC apparatchiks, not so much.

  • Steve Van't Hof says:

    This was very good. Thanks!

  • Jen Lucking says:

    “if you enter a process only committed if you ‘win,’ did you ever really enter the process fully and honestly?” This will stick with me for a while.

    Thankful for your writing and your reflections.

  • James Hart Brumm says:

    Excellent piece, Steve. Thank you.
    About your postscript: I believe the rumors are true, and I suspect that there are some who would leave even if they won–not all, but a few–they were always going to leave. For some, I suspect–as a believer in total depravity–this was never an exercise in reconciliation so much as an exercise in power. I am sad for them. I am sad for the body. But the Church–and even Reformed churches–will endure. The RCA will probably survive: the True Dutch Reformed schism in the 1820s was supposed to be the end of us, as was the CRC schism. I think God still has some other plan for us,

  • David Vandervekde says:

    This is a powerful question: “If you enter a process only committed if you ‘win,’ did you ever really enter the process fully and honestly?” And it applies to conservative and progressive (for lack of better words) alike.

  • Mario S. Vargas says:

    I just want to say thank you for eloquently expressing some of my sentiments. Today, immediately after reading “The RCA Needs a Miracle” by Ron Citlau aside from feeling disgusted in how information is manipulated to make them sound as truths, I was left with an overwhelming feeling that the other perspective needed to be voiced. In my view your piece fulfilled that need. I am prayerful and hopeful that a miracle does happen come this June and that the simple majority is defeated and as a church we continue to live with the qualities of prayer, conversation, patience, and acceptance of others.

  • Shirley Borgman says:

    Very good explanation for this lay person. Thanks Steve.

  • […] Mathonnet-VanderWel has written an essay about the process unfolding in the RCA titled, “Moving the Goalposts and Kicking the Can”. Published in the, Reformed Journal: The Twelve, this essay is a response to what the author […]

  • […] written an essay about the process unfolding in the Reformed Church in America (RCA) titled, “Moving the Goalposts and Kicking the Can”. Published in the, Reformed Journal: The Twelve, this essay is a response to what the […]

  • Diana O'Brien says:

    Steve,
    I’ve wrestled with this and while my heart wants to feel grace first (as I’ve needed it so many times in my life), I also feel the pressure that has been placed upon us to not waiver “on the only Christian viewpoint we should have”. Your article was exactly how I feel. I feel incredibly sad that this one issue would have the fire to split our church apart. And yes, in the history of the RCA, so many times before the same divide could have happened. So why “RIGHT NOW?” Why not kick the can and continue to pray and continue to love and continue to talk? I think quite possibly could be our own human intolerance and stubbornness that has driven this issue to be one that has forced a decision. Even that speaks volumes to me. Cut off our nose in spite of our face and hope someday our nose won’t be missed. Humm. You hit many nails on the head and I thank you.

Leave a Reply