en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

主婦だ

世界の巨大で差別化されていない空間から、私たち全員が私たち自身を主張しています。 ある意味で、私たちは4つの壁を持ち上げて屋根で覆い、人生を可能にし、意味のあるものすべてで空間を満たします。

私たちは世界を内側と外側に分けます。 私たちの4つの壁の中には、暖かさ、光、友人、仲間がいる場所があります。寒さ、暗闇、見知らぬ人、孤独の外にあります。 私たちの家は、物質的な物以上のものであり、その価値はドルとセントで測定することはできません。 家とは、生活と死のドラマが演じられる舞台です。

数年前、私の息子はインディアナ州ゲイリーから午後遅くに私を呼んだ。 ミシガン州オランダの自宅から、ミネソタ州ノースフィールドのセント・オラフ・カレッジまで、彼の古いビュイック・スカイラークが決裂しました。 我々はすぐに計画を考案した。 私は彼が壊れた場所にドライブし、シカゴループのすぐ北に住んでいた友人の家に彼を牽引します。 そこで私たちは車を交換するでしょう。 私は私の友人の家に滞在し、午前中に彼のビュイックを修理してもらうだろう。

その計画はうんざりした。 私はシカゴで間違ったターンを取った。 その縄は荒涼とした近所で壊れた。 指示を求めた警官は、牽引がシカゴで違法だったので、私たち全員を刑務所に入れると脅しました。

夜のシカゴは悪夢になっていた。 ついに友人の家に着いたとき、私はリビングルームのソファの上に倒れました。 そこに座って、赤ワインを飲みながら、私は周りを見て、彼の家の意味を取りました。 闇は、光、安全による危険、暖かさによる寒さ、友人による見知らぬ人に置き換えられました。 私の友人の家は間違いなく私にとってその市場価値以上のものでした。

私たちの家は壊れやすく、常に外の世界の勢力によって脅かされています。 わたしたちの主婦は警戒し,家庭の神聖さを守らなければなりません。 屋根は時間の経過とともに漏れ、汚れは侵入、シロアリは噛み切る、火は噴火する。泥棒は侵入して盗む。 そして、それはセキュリティの私達の感覚の損失を置き換えることよりも、コンピュータの損失を交換する方がはるかに簡単です。

壊れやすい家の中でさえ、人々は生き残ることができます。 外は全く別の問題です。 要素にさらされ、ホームレスの人々は苦しみ、死ぬ。 実際には、ホームレスの人々にラベルを付けることは問題を混乱させます。

ストリート人々は、他のみんなと同じように主婦です。 彼らは、放棄されたバス、段ボール箱、公園のベンチ、新聞毛布など、利用可能な貧弱な資源で家を建てます。 オオカミが来るとき — 子供たちが寓話から知っているように — 彼はハフとパフとわらと棒の彼らの家を吹き飛ばします。

私たちは主婦はオオカミを抑えたいが、私たちは皆を抑えたくない。 私たちは結局ドアで家を建てます。 私たちの家は、私たちが人生を祝い、他の人と私たちのリソースを共有することによってコミュニティを構築する場所です。 私たちは人々を招待しますが、誰が私たちのドアを通過するかを決定するかなり厳しいルールがあります。 危険な人がいるから警戒しなくてはならない。

主婦の神

イスラエルの古代人々は、神が主婦であることを理解していました。 神のすべてのイメージのうち — 羊飼い, 王, 盾, 等 — 主婦は、彼らが最も頻繁に回した一つでした. 彼らは、神が目に見えない天国の家に住み、幕屋とその後の寺院は、その目に見える、土のレプリカであると信じていました。 神聖な神殿で,神はあふれるワインのカップと食べ物を豊富に用意し,人々を招待して来ました。 礼拝は帰郷していた。

イスラエルの民は,自分の家とテーブルが神の延長であることを理解し,天国のように地上に神の御心を行うことでした。 彼らは神のホスピタリティと愛が世界を埋める手段でした(詩篇33:5)。 人々は、他の人が神について言ったのと同じことを言うことを望んでいました。「彼らはあなたの家の豊かさを祝い、あなたがたの喜びの川から飲み物を与えます」(詩篇36:8)。

イスラエルの人々はおもてなしを行使しました, しかし、彼らは質問に苦労しました, 誰がテーブルに所属しますか? 聖書は、神がドアを開き、それらとみなさ部外者を許可しようとしている間、彼らは部外者への扉を閉じて、テーブルへのアクセスを制限するために何度も試みる方法の話を伝えます. そして、イエスの日、特にルカの福音で、同じ闘争を読みました。

主婦のサイモン

イエスは,神殿とその家庭への参入を統治する規則について,神の御もてなしを明らかにし,神の人々に挑戦するために世界にやって来ました。 パリサイ人のサイモン(ルカ 7:36-50)へのイエスの訪問は、この挑戦の本質をいくつかの節で捉えています。

サイモンはおもてなしの練習に従事していたが、彼は彼の家のドアを通過することができる人についていくつかのかなり厳しいルールを持っていた。 ナザレの預言者は、彼のテーブルに招待する正しい種類でした。 彼に従った女性は間違いなく間違っていた。 彼女は罪人だった サイモンが懸念している限り、罪は伝染病でした。 それは社会的接触によって広がった。 彼はこの女性の咳の範囲で取得したくなかった。

彼女は彼女の存在によってサイモンの家を汚染しただけでなく、彼に触れてキスすることによってイエスの体を汚染していた。 サイモンは撃退された イエスは真の預言者になれませんでした。なぜなら、この女性が本当に誰であるかをはっきりと見ることができなかったからです。 しかし、イエスは、この質問で彼の上にテーブルを回しました:「サイモンは、この女性を見ますか?」

サイモンは、もちろん、彼女を見ていません。 彼は特定の人々が入り口を得ていないので、見たことがない社会的な世界を構築しています。 これは、すべての主婦が直面する道徳的なジレンマです。 家庭や教会や国を自分で建てるのに忙しいので、主婦はインサイダーとアウトサイダーを区別します。 部外者はあまりにも迅速に彼らの可視性とアイデンティティを失い、すべてがあまりにも簡単にインサイダーの恐怖と嫌悪の対象になります。 インサイダーは皆、あまりにも迅速に部外者を罪人としてラベル付けし、社会の外側へ追放します。

サイモンとの出会いで、イエスはインサイダーと部外者、私たちが少し罪を考える人、そして私たちは多くの罪を考える人たちの間には区別がないことを彼に教えています。 すべては,神の赦しを必要としている罪人です。

イエスはまた、彼の生存は皮肉なことに、特定の人々を抑えながらそれらを入れておくことに依存しないとサイモンを教えています。 イエスの足を洗って油を注ぐこの女性は、彼女の罪の深さを知っているので、彼女が許されたときの神の愛の深さを知っています。

この罪深い女性は、私たちがドアを開けて彼女を入れさせるならば、サイモンとパリサイ人の残りの人たちに、神の堅実で広大な愛について何かを教えることができました。

Tom Boogaart

Tom Boogaart recently retired after a long career of teaching Old Testament at Western Theological Seminary in Holland, Michigan.

9 Comments

  • Well said. We all need the hospitality that opens its doors.

  • Jessica A Groen says:

    Thank you, Tom. A teaching colleague recently pointed me to an article on this topic by Steven Bouma-Prediger and Brian Walsh, which led me to their 2008 book Beyond Homelessness: Christian Faith in A Culture of Displacement. God as homemaker is such a great theme for consideration as we consider the purpose of the homes, faith communities, municipalities and homelands we construct.

    And as we wrestle with decisions about what is the optimal permeability of the borders, entrances, exits for those spaces.
    And as we decide whether to allocate budgets that lean more toward security equipment like Rings, bulletproof glass, alarm systems and firearms, or invest in hospitality resources like serving dishes, spare rooms, and accessibility ramps.

  • Daniel J Meeter says:

    Once I heard Rich Kooistra preach a sermon on the friends of the paralytic who tore the roof off the crowded house to drop their friend down in front of Jesus. Rich preached that just because our churches may be crowded does not mean they welcome in people who need Jesus, and that sometimes we should tear the roofs off our own churches.

    • RLG says:

      Thanks Tom for an important lesson. Our churches can be friendly towards strangers but often fail to befriend such strangers. To be a true friend, they have to become members, accept or own our core beliefs. Then we will truly embrace them. For Christians, Jesus is the only gate to acceptance with God and the church.

  • Cathy Smith says:

    Thank you for this thoughtful post. It’s a keeper.

  • Eric Van Dyken says:

    “A policeman whom we asked for directions threatened to put us all in jail because towing was illegal in Chicago.” Alternative wording: “We were thankful to a gracious policeman who chose not to cite us, instead warning us that rope-towing is illegal in Chicago. The fact that our tow rope broke was a good reminder of just how dangerous this practice can be, particularly in settings with lots of traffic. I should have called a tow service in the first place.”

    Instead of attempting to bring scorn on the public servant and paint yourself as some sort of victim, perhaps you could express gratitude for his service as he works to keep you and all others safe, even while people like you make poor decisions and fail to show your appreciation of his service or understanding of your poor choice.

Leave a Reply