en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

11月の感謝祭はまだ私には少し外国を感じています。 「真北、強く、無料」感謝祭は、クリスマスキャロルの衝撃と雪の脅威(通常)の無料、10月上旬に祝われます。 しかし、私は口の中で贈り物の馬を見る人ではない。 私が2つの感謝祭を祝い、2つの大きな饗宴を食べなければならないなら、私はそれについて大丈夫だと思う。 私は学校にいた8年間、10月に家に帰り、11月に友人の家に帰りました。 しかし、私の兄弟も私は10月の過去に家に帰ったので、私たちのどちらもクリスマスのために家に帰ることができないので、私のいとこは明日グランドラピッズで結婚しているので、誰もが今週の後半に私の家に降りて2つの感謝祭を祝う、そしてちょうど上のクリスマスをタック良い測定のために。

そして、これは私が多くのことを考えています。

私は私の家族、すべて一緒にいることの喜び、そしてどのように3日間が短すぎるのかを考えています。

私は結婚式の興奮、拡張された家族を見て、そこにいられない人々をどのように行方不明にするかについて考えています。

私は感謝祭を説教し、結婚式に出席し、クリスマスプレゼントを交換し、日曜日にアドベントを開始することの混乱と休日のむち打ちについて考えています。

私はまた、月曜日の夜を持っていた管理会議と、誰もが去る分を私に会う準備ができているすべての結果の「to-dos" について考えています。

そして、私は私の友人や教区民について考えています, そのうちのいくつかは、新鮮な癌の診断から巻き戻しホリデーシーズンに入っています, 治療施設で自宅から遠くにある他の人, 彼らはホスピスベッドにあるように、まだ家族がそれらの周りに集まる他の人, 天と地球の間の距離になってきて日によってより遠い。

そして、このすべては、私のOpa(祖父)が書いた詩を考えさせました。 彼がいつ書いたかは分かりません。1992年に引退した後、いつかそうだったでしょう。 詩は2004年に彼の葬儀の朝、彼の子供たちによって発見されました。, クローゼットの箱に埋もれた詩の自己出版の本で. 私はそれらのどれも前にそれを読んだとは思わない

オパと私 90年代半ば頃

家族や忙しさ、悲しみ、感謝祭について考えると、この詩は私の頭の中に飛び出し続けました。 家族歴史のコレクターである私の父は、葬儀で叔父によって読まれた詩を記録しました。 それは聞く価値があります, 主に笑いと悲しみの美しい可聴衝突のために.

私のOpaは11月にも感謝祭を祝っていなかったでしょう。 しかし、その月の名による彼の詩では、感謝祭は豊富です。

11月

間の道

オレンジビルとリストウェル

私の前に伸ばし、

無限に。

細かい霧雨が隠されている

耕作された畑

道路の両側に。

惨めな、耐えられない、

実に厄介な天候,

かじる

メモリで

太陽が降り注ぐ野の,

朝の太陽がきらめく

銀の葉

横に樺の木の

幸せなオンタリオ湖.

私のカーラジオは

幸せな気分でどちらか。

CBCトロントのスナッチ

交差するためにためらった

輝くビチューメン

無限の道は、私が旅しました。

音楽はワーグナーだった,

重い、ワーグナーを予言する。

上に浮かぶアルト声

広大なオーケストラ, bewailing

世界の悲惨さ。

私の考えのためのペニー!

彼女はまだ何も見ていない!

このような外部信号

悲惨な、と大混乱を果たした

ソフトの内部質量

グレーがかった物質

頭蓋骨の下に

お父さんを考えた

八十五, ストローク,

老人ホーム, できない

通信します。

私は私たちの住宅ローンを心配しました

更新されようとしている, ぶらつく

いくつかの不親切な言葉、

オタワの一般的な方向。

私は考えた...

それが起こった!

空、空、空

開けた!

私の先に... ロと見よ、

パーマストンは眩しい日差しで!

まるでキューのように、

無線プログラムが変更されました。

突然ウィーンワルツ

1つ-2つ-スルー・スリード

私のバン, そして、私はのように感じました

歩き回るで以上ザー道路

中心線の使用

をガイドとしてご覧ください。

法を遵守する市民として

あなたはちょうど

そういうもの

もちろんです。

私は笑った、

私は声を出して笑った。

誰もあなたを見ない

道路上

の間

オレンジビルとリストウェル。

想像してみて、

何永遠の太陽を想像する

神の恵みの

私たちの生活に行うことができます。

-ヘルマン・デ・ヨング

Laura de Jong

Laura de Jong serves as pastor of Second Christian Reformed Church in Grand Haven, Michigan.

3 Comments

  • Rowland Van Es says:

    Nice poem. I’m not usually a fan of poetry but your Opa’s hit all the right notes and made me wish I’d known him and glad that you did. Thanks for sharing. We need to be more grateful for everyone in our lives and every good meal we get to share together with friends and/or family these days.

  • Daniel J Meeter says:

    Thanks, I enjoyed this on this American Thanksgiving morning. Just the other night a Manitoban living in the States told me that he likes American Thanksgiving better, because you get a couple days, and there’s all kinds of paradoxical good and bad stuff mixed in with it, while Canadian Thanksgiving feels like just another long-weekend-Monday. That’s just him, but I thought some of you could relate. I do love the image in Opa’s poem of the music changing with the sky, how the externals express the inwards so often while driving two-lanes.

  • Carol Sybenga says:

    Laura, I always look forward to your writings here and was especially moved by what you wrote today. Your Opa’s poem even brought tears to my eyes as I envisioned him on the road that November day. He described it so well….dark and dreary fields and then the sky opening up in brightness…. And I laughed as well because I knew your Opa and could just see him enjoying that moment. He was a great story teller – he was my grade 6 teacher as well as my piano teacher and so I heard plenty of his stories – even remember a few of them 🙂 So thanks for sharing this today and Happy US Thanksgiving to you and your whole family who gather this weekend!!

Leave a Reply