en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

たぶんそれはクールな言葉だからです:難民。 リフー 私がそれを言及するとすぐに、失敗しない限り、人々は興味をそそられるように見えます。 それが何を意味するのかを説明すると、彼らはこの空腹の外観を得る。 はい、それは私が今欲しいものです、彼らの顔は私に教えてください:いくつかの難民。

私は5月からこの概念を探求してきました。この生物学的現象について十二のブログ記事を書いたとき、生物学を霊的、文化的にどのように翻訳するのか疑問に思っています。 難民は、絶滅危機や火山噴火などの主要な生態学的荒廃の中で生き残る小さな保護ポケットです。 すべての確率に対して、難民は少しの命を守り、これらの小さな人生の場所は回復と再成長の種になります。 キリスト教徒が「難民の人々」として知られるようになることを決定した場合、私は疑問に思った?

この過去の夏、友人や同僚からの支援と励ましをたくさん受けて、生態学、聖書の研究、礼拝、政治的擁護、芸術など、幅広い専門分野から12人の賢明で喜んでインタビューしました。 私は難民について彼らに尋ねました, そして、私はポッドキャスト形式で私たちの会話を記録しました. 先週、私は最初の面接者、生物学者David Koetjeを取り戻し、私たちはこの探査を通して学んだことを一緒に反映しました。

ここでは、Daveと私が議論したいくつかのテーマの簡単なプレビューです。 録音したエピソードは12月6日に公開されます。

危機

収束

最近は危機的状況に陥っています 気候危機は、私たちの想像力の上に大きな織機を織り起こし、私たちの将来の繁栄、快適さ、さらには生存をアップエンドさせる恐れがあります。 米国の政治は、最も劇的に現在の弾劾公聴会によって証明され、明らかな危機にある。 教会は、メンバーシップの減少よりも危機に瀕しており、彼らは宗派、会衆会、さらには家族を破る紛争に陥っています。 人々は疲れ、当惑し、恐ろしい、はるかに長い間、疎外され、抑圧や不公平に苦しんでいる人たちです。

これらの即時

危機は、歴史の大きな弧に埋め込まれています。 近代性は、少なくともで、始まった場合

西は、欧州のルネサンスで、おそらく我々は、そのに達している

結論。 私たちの最も情熱的な熱意と人間の可能性についての楽観と

進歩はますます中空に見える。 20世紀の戦争の恐怖、

核の脅威、そして今気候危機は、私たちの大切な神話を細断している

進歩と人間の良さ。 わたしたちは今,理解しています。わたしたちの力と傲慢が成長するにつれ,

私たちの破壊も同様です。

不思議ではありません

難民は、そのような説得力のあるアイデアのように見えます。 私たちは、避難所の場所を探しています

私たち自身の残酷さ、愚かさ、そして力から。 私たちは必死にリニューアルのために長い。

謙遜さ

おそらく、それは、その後、「私たちが思ったよりも高く自分自身を考えない」ための時間です。 私たちは罪深いです, 確かに, しかし、我々はまた、小さく、脆弱で有限です. 人間が出来るほど賢いことですが、理解できないことがたくさんあります。 インタビューの中で、ジェイミー・スキレンは環境マネジメントに関する人間の知識の限界を強調した。 そして、私のインタビュー者の多くは、謙虚さはあらゆる文脈で今強調しなければならない美徳であると述べました。 私たちはあまりにも長い間傲慢だった。

難民は場所である

わたしたちは謙遜を再学します。 彼らはデイブKoetjeのように、「小さなポケット"、謙虚な場所です

最初のエピソードで述べた。 難民は、私たちが満足している場所です

しばらくの間、小さいです。 待って、静かに、おもてなしのようなシンプルな美徳を実践する

共感。 小規模で能力を築き、再成長に備えること。

私は最近、帝国教会と難民教会の間の反対を人々に仮定するとき、多くの牽引力を得てきました。 難民の人々であるためには、帝国の教会を認識し、拒否する必要があります。独自の力に取りつかれた教会、文化的優位性、人々を虐待し、劣化させるシステムを保護します。 教会は大きく、印象的で、成功することに夢中でした。

私は非常に多くの人々を知っています, 若者と老人の両方, 神を愛し、深く宗教的に自分自身を考える人, 誰がちょうど教会でそれを持っていました. 彼らは彼らの会衆を見て、彼らのキリスト教の友人は帝国の教会に降伏し、彼らは自分自身が突然出て出て感じました。 いくつかのケースでは、彼らはかなりキャストされました。 彼らは傷ついて裏切られ、どこにいても霊的な難民を求めています。 時には見つけるのが難しい場合もあります。

何かだ

死なねばならぬ

最近の

会話, デイブは私の友人のジェフ・チューが議論した何かに戻って行きたかった

彼のインタビューで:堆肥。 ジェフは、いくつかの熱意との力を説明

堆肥, そのスクラップと有機廃棄物の山 —

微生物-生命を与える土壌に変わります。 堆肥は熟すのに時間がかかり、

一方、それは混乱のように見えます。 それは少しの傾向が必要です-

しかし、ほとんどの場合、あなたは人生がその仕事をするのを待っています。 そして、それはより多くの人生を作ります

可能。

私たちはいくつかのものを堆肥しなければならない文化的な瞬間ですか? 私は尋ねた。 はい。 デイブと私は、堆肥は難民のための偉大な比喩であることを、ジェフと合意しました, それは死が再び人生になる場所だという意味で. そして,そこに行うべき仕事がある間,主に御霊が働くのを待っています。しばしばむしろ密かにしているようです。 我々はまた、これらの日、我々はスクラップだけでなく、堆肥しなければならないかもしれないことに合意しました, しかし、我々はそれが難しい手放すために見つけるいくつかのもの:消費者, 特権と権力の構造, 教会がどのように働くべきかについての私たちの前提条件.

私が探検したように

難民を特徴付ける資質は、私のインタビューは、しばしば述べた

難民は、痛みが穏やかに保持され、受け取られる正直の場所です。 ジョン

Witvliet, 彼のインタビューで, 尋ねるように教会を促しました, 誰がそれが痛みを伴うことが見つけます

私たちの中で? 彼は私たちにその痛みに直面するのを恐れないよう促した。

いくつかのこと

新しい人生が成長する前に死ぬ必要があります。 しかし、我々はクリスチャンとして、それを知っている、または我々

すべきです。 死と立ち上がり:それはキリスト教の生活の形です。

ゴッド・ワークス

無し

デイブと私は両方とも高く評価しました

(仲間の十二)ケイトKooymanが彼女のインタビューで作ったいくつかのコメント:その

時々、難民では、そこには何もないかのように見えます。 私は考えている

最近,聖文の明確なパターンについて新たな驚きで,神は

常に残党、最も低い人々、最も可能性の低い作業

物事、敗者と力のない人々。 小さな種子、マスタード種子。

それは神が働くのが好きです。

改革民は大きなシステムと大きな夢を愛する傾向があります。 私たちは機関と非常によくやっています。 恐らくカイペリア族の遺産だ そして、私たちの全身的思考は、私たちの最も重要な特徴の一つです。 わたしたちは全身的な罪を感知し,神の助けをもってそれを戦うために決心しました。 わたしたちは全身的な可能性を認識し,神の助けをもってそれを構築することを考えました。 それはすべて良いことです。 しかし,教会を含む社会的,文化的インフラにおいて大きな混乱に直面したとき,神がどのように働くのかを覚えておく必要があります。 大切なシステムが崩れるのを見ているかもしれませんが、その間、神は小さな難民を作り出しています。

検索または

作る

私はまだこれを考え出していない。 難民を作るのか? それとも見つけたの? それとも両方か? 私はそれが両方かもしれないと思う。 彼らが難民を見つけている人々に尋ねたように、私はあらゆる種類の答えを得ました。 ヨセミテの荒野エリア。 異文化学生事務所。 愛情を込めて包括的になるようにキュレーションされたカンファレンス。 正直な教室だ 湖畔の隠れ家 他の活動家や投獄された女性の間で働く。 教会で歌う 聖体拝領テーブルの周りに集まる。 安息日

難民を記述する私の好きな言葉の一つは、「マイクロカウンターカルチャー」です。 彼らは瞬間と慣行と人々と場所です, 少し時間のための小さなスペースで, 私たちは正直にすることができます, 私たちの痛みを共有します, 私たちの喜びを共有します, 私たちの恐怖や努力から休息, いくつかの美徳を実践します, 神の存在を感覚. 私のインタビューのうち3人は、未来への希望について彼らに尋ねたとき、彼らの創造性、深さ、想像力への憧れを表明しました。 おそらく、もし私たちがそのようなことを長くし、自分や他の人のために難民を創り出すために最善を尽くすなら、私たちはエンジニアリング、想像することさえできない方法で、すでに御霊が働いているのを見いだすでしょう。

Refugiaポッドキャストは、お好みのポッドキャストプラットフォームでご利用いただけます。 エピソードのリリーススケジュールについては、こちらをご覧ください。 ご希望の場合は、すべてのエピソードの転写物を refugiapodcast.com で読むことができます。

Debra Rienstra

I am a writer, professor, amateur musician, science fiction fan, and lifelong member of the Reformed Christian tribe. For my day job, I teach early British literature and creative writing at Calvin University, where I have been on the faculty for over twenty years and still need to pedal fast to keep (mostly) ahead of smart, feisty undergraduates. I have published three books, over two hundred essays for The Twelve, and numerous articles, poems, and reviews in popular and scholarly contexts. I have a B.A. from the University of Michigan (Go Blue!) and a M.A. and Ph.D. from Rutgers. My husband and I have three grown children.

9 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    Marvelous. A great inspiration for congregations, although of course you mean much more than that. Reminds me of the Moravian churches under Commenius, or the Frisian Anabaptists under Menno Simons, or even the Hollanders under Albertus van Raalte. Dangers that way too. Thanks for the summary, for us oldsters who have never come around to podcasts.

    • Debra Rienstra says:

      Thanks, Dan. You can read transcripts of the episodes at refugiapodcast.com (which is attached to my website). Of course, hearing people’s voices is better, but I understand that wrangling podcasts is not always easy.

  • Jan Hoffman says:

    Thank you for this. I hope you’ve been to Camp Fowler and interviewed Kent Busman and staff, committed refuge and refuse makers, patient tillers of the soil, helping people learn to wait and watch. Albany Synod’s gift to the world.
    I’m also interested in the idea of the Reformed being empire builders, big systems people? I didn’t know that. Hmm.

    • Debra Rienstra says:

      Thank you for mentioning Camp Fowler! I haven’t been there (yet!), but Steve Bouma-Prediger mentioned it in his interview! https://debrarienstra.com/episode-3-seedbed-to-be-a-blessing-steve-bouma-prediger-on-refugia-in-scripture/

    • Fred Mueller says:

      Thanks for mentioning Fowler, Jan. It didn’t occur to me but when I read your comment I recognized what you meant right away. It is personal for me as for you. My children’s maternal grandmother was one of the first camp cooks. My wife was camp nurse. I was out camp leader and in camp worship leader, preached, served as president through the synod and program council and so many other things. And my dear father died of heart attack at the camp late one summer evening. So much of the soil of my family was cultivated in that refugia. It is a priceless treasure to countless people and a crown jewel of RSA.

  • Jan Zuidema says:

    So many challenging thoughts, but especially the one of ‘how church ought to work’. Trying to lean into a way of being church that values people and refugia more than structure and programs. Being church in this manner instead of following the way of a world that values power and the ability to win instead of humility. Keep following this path of thinking and keep sharing it to inspire all of us, wherever we are placed. It is in the quiet acts of our everyday lives that the kingdom is built.

  • I found this to be wonderfully enjoyable, challenging, and thought-provoking. Thank you. May God bless you richly in this season of Thanksgiving.

  • Jessica A Groen says:

    Thank you for your work.

Leave a Reply