en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

彼女について何を知ってるの? 彼女は本当に、2歳以上の子供だったが、彼女は最先端だった、バッファロー、ニューヨークの五大湖のために構築されたプロペラ駆動の蒸気船は、ヨーロッパの移民の数千人がアメリカ中西部のフロンティアに輸送されるのを待っているだろう、それらのすべてが奇妙な土地に見知らぬ人。 乗船したのは、コーヒー、糖蜜、ハードウェアなど、数百人もの人々も言うまでもなく、持ち運びできる貨物でした。

それは1847年11月だったので、フェニックスは、ウィスコンシン州にバインドバッファローを去ったとき、乗組員はよくお祝いされていたかもしれない-結局のところ、それは年末だった、と所有者は、この旅行は老人の冬は物事を危険なようになる前に、最後になることを明らかにしていた、ミシガン湖の冬の嵐ではないようにおもちゃ付き。

重量だけでは、貨物のほとんどはオランダ人でした。250人もの移民が、新しい国の新しい家への旅行の最後の脚のためにボードに登りました。ウィスコンシン州シボイガン郡に、指導者が決めていた場所、森林が柔らかく砂質の土壌がそうであった場合、ハードワークの日と日を意味する土地作物のためにクリアされる。 彼らは農場を望んでいました。 すべての移民の人々と同様に、彼らが本当に望んでいたのは新しいチャンスでした。

ほとんどは、すべてではないにせよ、「分離主義者」、「アフシャイディング」と呼ばれる宗教的な宗派のメンバーだった、反乱教会、それほどずっと前にオランダの国家教会を出発したアーチ保守派と市民当局による迫害は、その可能性に彼らの耳と心を開いた彼らは自由である可能性が新しい土地への移民。 彼らはアメリカの軍隊だった。

歴史家は、彼らが11月11日にバッファローを去ったとき、エリー湖は穏やかだったと主張しています。天気はそれほど威嚇していません。 しかし、それはすぐに厄介になった。 腫れが巨人の肩のように上昇し、ボードロール上のすべてを作ったとして、彼らはボード上の可能性がどこに人々は避難しました。 彼らはマッキノーで海峡を通って来たとき, ミシガン湖はもはや公正なホストではなかった, 嵐は台無しに行きました

その後、ゆっくりと南へ、フェニックスは穏やかな海に沿って移動し、マニトワックの港に入りました, 乗って非常に多くの夢からわずか30マイル. いくつかの貨物は陸上に置かれましたが、船長が風の復帰に気づいたとき、湖が落ち着くまで、彼は船を港に保ちました。 乗組員は上陸した。 酔っぱらって戻ったと主張する人もいた。

午前1時、湖の穏やかな、星と夜が目覚め、フェニックスは、私はいくつかはシボイガン港に向かう途中で、終わらないと信じていた旅行の最後の脚のために去った。 多分それは火を照らす急いでいた; いくつかは、それが飲み物によって燃料不機嫌な過失であると信じていた. 原因が何であれ、それらのボイラーは過熱し、それらの上の木材を照らした。 すぐにフェニックス汽船は炎に上がった。

間もなく、1847年11月21日の夜遅く乗客は、2つの選択肢に目覚めました:それらの背後にある炎または下の水。 二人とも死を意味した 250人もの人が死亡し、そのうちの多くのオランダ人が亡くなりました。 しかし、その後、誰が本当に、数えていたのですか? -結局、彼らは移民に過ぎませんでした。

私が子供の頃、141年の古い高速道路の標識、ソーク・トレイルが物語を語りました。 私の両親はそれについてあまり知らず、私が覚えているように言及しませんでした。 ママの人々はそれが起こる前にここにいた。おじいちゃんシャープと彼の家族は90年後まで到着しなかった。

それは私の中に物語を入れた高速道路の標識でした, 水の上にそこに悲劇的で恐ろしい死だけでなく, 私が子供の頃の遊び場だった湖で; しかし、それはまたについての話でした「部族」についての話でした. 何とか私が理解した子供の頃-誰も私に多くのことを教えてくれませんでした — 死んだ人たちは自然私自身の人々。

それは静かな夜だったと思う。 船が炎の中で上がったとき、火災はあまりにもひどく見えていたので、Sheboyganの住民はビーチに集まった。 いくつかの救命艇が海岸に来たとき(わずか40人が生き残った)、私は助けることができませんでしたが、浜辺の人々が悲鳴を聞いていなければならなかったと思います。

私が今まで書いた最初の話は、フェニックスについて、暗闇の中での神の存在、その他の神秘的な質問、苦しみと死、人生と希望についてでした。

どういうわけか、ここで涙の谷で、私は人間の悲しみのこのスタークな章は、私たちの多くがそうするように、私が運ぶ移民の物語の一部であったことを念頭に置いていました。

フェニックス災害生存者の墓石(ウィスコンシン州)

James C. Schaap

James Calvin Schaap is a retired English prof who has been something of a writer for most of the last 40 years. His latest work, a novel, Looking for Dawn, set in reservation country, is the story of two young women joined by their parents' mutual brokenness and, finally, a machine-shed sacrament of reconciliation. He writes and narrates a weekly essay on regional history for KWIT, public radio, Sioux City, Iowa. He and his wife Barbara live on the northern edge of Alton, Iowa, the Sgt. Floyd River a hundred yards or so from their back door. They have a cat--rather, he has them.

9 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    I always look forward to your posts. I had read about the Phoenix before, and it’s always worth remembering, for the sake of those who died. Perhaps you know the story of the General Slocum in the East River.

  • Andrew Rienstra says:

    Also, remember the story of that tragic event from my days in Sheboygan County, never better told than you did today! I remember your grandfather telling us about it one evening at the dinner table. Have a number of memories of those evening meals with him.

  • Phil says:

    A powerful reminder of many things, including the power of the Great Lakes. Thanks to the author. One small correction: Straits of Mackinac, not Mackinaw (though Mackinac is pronounced Mackinaw).

  • Pam Adams says:

    Jim, I forwarded your retelling of that event to Chuck, who lives in Sheboygan. Thank you for another immigrant story.

  • Fred Mueller says:

    Sailors know the mantra, “Let the boat take care of you.” Modern fiberglass keel boats will do that. I have experienced the safety of a modern sailboat in horrible weather. I can only imagine therefore the terror of a wooden steamship furiously burning, death either way as you said. Your blog conveyed the horror those poor people experienced in that frigid water.

  • Trudy (Harmelink) Bosman says:

    I was just thinking of looking for more information about this. Thanks for this telling of what happened.

  • Henry Ottens says:

    Always good (and sad) to be reminded of that bit of tragic and fascinating history off the shore where my wife grew up. Like you, she didn’t know what had happened in her “back yard” some 170 years ago. Its oral retelling had long petered out by the time the historical marker appeared 150 years after the fact.

  • Thank you for this. It is easy for some of us to forget the dangers and horrors that all immigrants have faced over the years.

  • Sue Preder says:

    Tragic! The story of the Phoenix sure made me understand their trials and was the direct reason why I have such a huge data base of geneology, as our family were direct descendent of one of the survivors from this ship accident. Thank you.

Leave a Reply