en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

私の医者は、私の食事から砂糖を取り除き、より多くの果物や野菜を食べて、運動することによって、リンパがんとの戦いで自分自身を助けることができると私に言いました。 だから私はちょうどそれをやろうとしている。

砂糖をなくすことは最も難しい変化でした。 私はクリスマスよりもハロウィーンを楽しみにして、それは私がトリックや治療するには古すぎることを意味するので、6年生に入る嘆いた子供です。 しかし、味は変わる。 数日前、私は食器棚にミルクチョコレートの半分を食べたバーを見つけ、それを仕上げることにしました。 それは甘く、ほとんど汚れた試飲だった。

ブルーベリー、サツマイモ、アボカド、ガルバンゾ豆、レンズ豆、ほうれん草、ブロッコリー:私の食事は、現在、いわゆるスーパーフードで構成されています。 私はブロッコリーをたくさん食べているので、肌が緑色に変わり、たくさんの散歩をしてきました。

私の散歩は予期せぬ喜びとなった。 人生ずっとランナーだったので、私はいつも、歩行は運動の劣った形だと感じました。 しかし、私は今、そうではないことを発見しています。 走っているように、歩くと、私の体の意識と私の周りの世界への依存の深いレベルに私を動かします。私が呼吸する空気から、私が飲む水まで、私が食べる食べ物まで、この依存関係の事実は私の中で創造された秩序の贈り物に神の存在感を目覚めさせます。 疲労がすぐに圧倒され、私の心をシャットダウンする実行とは異なり、歩くと、それを解放し、私の考えは遠くに歩き回り、広いさまよう。 多くの場合、私は誰かに話していることがわかります。 祈っていることに気づくのにはしばらく時間がかかりました。

私のお気に入りの散歩の一つは、州立通りの私の家から24thストリートの東向きの公園に私を取ります, ミシガン州オランダの創始者、アルベルタス・ヴァン・ラアルテ家の古いホームステッド. 公園には、森の中や小川に沿って蛇行するトレイルのネットワークがあります。

この秋、私はリンゴが道に沿って場所で落ちていたことに気づいた。 私が停止して周りを見たとき、私は森が成長し、古いリンゴ果樹園を通っていたことに気づいた。 いくつかのリンゴの木が生き残り、神がそれらを作ったことをやっていた、誰もがそれを食べるためにそこにいたかどうかにかかわらず、彼らの果実を落とした。

私はリンゴを拾うのをやめた。 ワームは、それらのいくつかに掘り込んで、動物は他の人に噛んでいた。 しかし、私は良いものを見つけて噛みました。 それはそれについて野生の甘さを持っていた。 私はそれを生み出した空気、水、土壌、太陽の良さを味わい、見ることができました。 私の周りの世界と深くつながり、そのような豊かさの一部であることに感謝しています。 私は一口だけを取ることを意図していましたが、私はそれを貪欲に食べました。

私はリンゴのコアを手に持つ古いリンゴの木の下にしばらくの間、そこに立っていた。 この瞬間、本当に私たちの瞬間はすべて厚いです。彼らは私たちが取ることができるよりもはるかに多くで満たされています。 これを言う聖書の方法は、世界は神の栄光に満ちているということです。栄光が「厚い」または「密集した」という根本的な意味です。

私の考えは、リンゴから生い茂った果樹園に、そして最後に神の庭に走った。 聖書は,わたしたちが非難の者たちを呼び出して接近するのを助ける神についての多くのイメージを提供しています。 改革派の伝統では、好ましいイメージは主権であり、信者は何世紀にもわたって今その豊かな可能性をプローブしています。 しかし、我々は改革派の伝統を無視することを同様に豊かな他の画像があります。

そのうちの一つは庭師です。 創世記の最初の章から黙示録の最後の章まで、聖書は神を庭師として描き、神の園として創造自体を描いています。 神は庭の美しさと豊かさを喜ばせ、すべての神の生き物を餌に喜ばせます(詩篇104参照)。 しかし、神は人間の不服従が庭を落胆し、汚いときに絶望します。 神は、「土地が嘆き、それに住むすべての人が衰えるとき、人間だけでなく、野生の獣、空気の鳥、そして海の魚さえも奪われた」と絶望します(ホセア 4:3)。

ホセアの言葉は、今日の付加的な意味を引き継ぐ。 もう一度、土地は悲しみ、それに住むすべての人は衰えます。 これは、科学的証拠を見るのに十分気遣う人にはよく知られています。 そして、卑劣な力は、一見未確認の統治を続けています。 嘆きの叫び声を聞いたわたしたちの多くは,わたしたちの衰弱の真っ只中に希望を見つけるのに苦労しています。 では、どこに見つかるべきですか? 予想外の場所にいるかも

神の園にはまだ喜びの力があります。 生い茂った果樹園のリンゴの甘さは、創造の贈り物に心を開き、素晴らしい世界のための感謝祭と同情でそれを埋める力を持っています。 感謝祭に満ちた心は,約束された新しい天と新しい地の種です。

この反射は、今後の精神的な自伝から来ています, を通して人生を参照しようとしています:太くて薄い場所, 私は神の存在の痕跡を見つけるために日常の経験の厚さをプローブしている.

Tom Boogaart

Tom Boogaart recently retired after a long career of teaching Old Testament at Western Theological Seminary in Holland, Michigan.

9 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    Thank you. God as gardener. (Like Sam Gamgee.) I like the “world is thick” stuff. On Sunday I talked about thin places, a concept in the air right now, but I really like the image of thickness. That’s good, thick and thin.

  • stan seagren says:

    Thank you Tom! We need a diversity of images of God these days.
    I look forward to your spiritual autobiography.

  • Jane brown says:

    Thank you for taking us on a walk with you-to enjoy the glory of God all around us
    and the beauty and wonder of physically being able to walk

  • John Kleinheksel says:

    Love the “Garden” metaphor. Chapter one in my “Mortals and Mystery, Metaphors of Meaning for the Journey”.

  • RLG says:

    Great article, Tom. Spoken like a true deist. Sounds a lot like David of the Old Testament who praised the God of creation, even though his sins were great. And still David is called a man after his own heart. May we also find room to praise and honor the God we see daily in his created order. Thanks, Tom, for the encouragement.

    • Henry Ottens says:

      Might be time to look up the definition of deist, Roger.

      • RLG says:

        Thanks, Henry. My dictionary defines deism as, “belief in the existence of a God on the evidence of reason and nature only, with rejection of supernatural revelation (distinguished from theism).” This particular article reinforces deism in that Tom appeals to the wonder of God in creation apart from any particular religion or supernatural revelations. Creation, itself, is the revelation of God. David of the Old Testament drew attention to and displayed his affection for the God he saw in creation on many occasions. And, of course, Christianity had not even entered the historical scene till long after David’s existence. Deism is a philosophy rather than a religion such as Christianity and therefor allows for more flexibility. In other words it doesn’t have a Bible or a Koran or a Book of Mormon that defines its beliefs. I hope that helps, Henry.

        • Henry Ottens says:

          Surely Thomas Boogaart is more orthodox than Thomas Jefferson, child of the Enlightenment. Deistic thoughts, perhaps, but a deist? I doubt the label fits.

          • RLG says:

            I agree with you, Henry, that Tom is likely more orthodox in his Christian faith than what his article itself might let on. My reference was to his article and not to Tom. The article of itself lends itself well to fitting in with the likes of Thomas Jefferson or Albert Einstein.

Leave a Reply