Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

私はあまり柔軟性がなく、足が長く、胴体が短かったので、Vシットアンドリーチは得意な分野ではありませんでした。腕を曲げてぶら下げるのも私の得意分野ではありませんでした。タイムドマイルランも、陸上競技やランニングを含む他のスポーツで競っていたのでなければ、あまり意味がありませんでした。また、長いロープの周りに立って、クラスメートが体育館の天井の高さまでロープを登ろうとするのを見た記憶があります。いつもジーンズを履いてロープを飛ばして、みんなを感動させてくれるやせっぽちの農園児がいました。大統領体力賞では、5つのイベントでベンチマークが必要でした。1分間のクランチ/シットアップ/カールアップの数、シャトルラン、Vシットアンドリーチ(またはシットアンドリーチ)、1マイルランニング、プルアップ、または直角腕立て伏せです。1985年の学校人口フィットネス調査によると、この5つの時代に好成績を収めたことが、6歳から17歳までの子供たちのフィットネスの指標になっているようです。それが自分やクラスメートの健康の正確な尺度だったかどうかはわかりませんが、大統領体力テストで成績が悪く、体力不足を恥ずかしく思ったことは覚えています。子供の頃、健康になるためになぜプルアップが必要だったのだろうかと思いました。学校まで歩いたり、自転車に乗ったり、走り回って外で遊んだり、地元のプールで泳いだりしました。アクティブでした。でも大統領体力テストの日以外はプルアップをしたことがないでは、なぜそれがフィットネスの有用な尺度になるのでしょうか?アイゼンハワー大統領は、1953年12月にアメリカの若者の体力不足について懸念を表明した出版物を発表した後、1956年に青少年フィットネスに関する大統領評議会を設立しました。1956年6月にアメリカ青少年の健康に関する大統領会議を開いた後、アイクは国民の意識向上に焦点を当てた「触媒剤」として評議会を設立しました。リンドン・B・ジョンソンが大統領に就任する頃には、「スポーツと試合を通じて持続的なフィットネスの向上を促すため」、「体力とスポーツに関する大統領評議会」に名称が変更され、大統領令に5つの目標が追加されました。プレジデンシャル・フィットネステストは、子供の健康と運動を促進するために1966年に導入されました。今日のプレジデンシャル・ユース・フィットネス・プログラムによると、「学校でもそれ以外の場所でも、身体的にアクティブで健康的なライフスタイルを送ることの価値に重点を置いている」とのことです。このプログラムでは、子ども同士の比較を最小限にとどめ、生徒たちが生涯にわたる健康のために個人的なフィットネスの目標を追求できるようサポートしています。」それが本当であることを願っています。私たちは皆、さまざまな能力や興味を持つさまざまな体に住んでいます。子供たちが成長し、変化するにつれて、それはさらに拡大します。子供の頃、遊んだり動き回ったりするのが気持ちよかったので、体育の授業を楽しんだことを覚えています。また、私は他の人ほど運動能力や協調性がなかったことをすぐに知ったのを覚えています。私はほとんどのスポーツで生まれつき才能があったわけではなく、チームに早く選ばれたこともありませんでした。肩をすくめる方法を学ばなければならなかったし、自分を笑わせること、捕まえたり投げたりするような状況を避けることをすぐに学んだ。そうすれば、恥ずかしくならなかった。私はいつもアクティブであることを楽しんでいるので、アクティブでいることについて規律を持ってきました。そして、アクティブになるにはアスレチックである必要はないと気付くまで、30代から40代前半までかかりました。ウォーキング、ランニング、ローラースケート、リフティング、サイクリング、スピニングクラス、ピラティス、ハイキング、子供を追いかけたり、キッチンでダンスを楽しんだりできました。「スポーティー」である必要や、良いアスリートである必要があると感じることなく、体育とはどのようなものでしょうか。誰もが自分の思いどおりにフィットネスにアクセスできるとしたら、体育とはどのようなものでしょうか?

Rebecca Koerselman

Rebecca Koerselman teaches history at Northwestern College in Orange City, IA.

4 Comments

  • Rebecca, This is the age-old question of who is in charge of the definitions. Who is fit? Who is righteous? Who is pure? Who should make these definitions; a regulatory agency or the individual? I don’t think that this question is an easy one to answer.

  • Dawn Alpaugh says:

    I’m pretty sure I still have feelings of trauma from these physical fitness tests 🙂 I remember hanging from that pull up bar for a 10th of a second, before dangling, unable to pull myself up. I can go back there in an instant and remember how uncoordinated and un-athletic I felt. But like you, I’ve realized that being active and having fun while doing it is the best way for me to be. But that’s tough to realize in middle school 🙂 Thanks for your honesty.

  • Jack Ridl says:

    Rebecca and . . .

    Poetry is taken from nearly everyone for similar “reasonings”—placing the value on accomplishment rather than enabling students to discover the worth that comes in the creating.
    Thank you!

  • Daniel Meeter says:

    I hated phys ed, as one of those uncoordinated unathletic kids. Our phys ed teachers were interested only in the jocks, and saw kids like me as rabble to be tolerated. But then I reflect on how my experience of phys ed was no different than many other kids who had terrible times in the academic classes, which were so easy for me. How they must have felt humiliated in the classes that I enjoyed. I can’t even imagine how a modern American high school could design a phys ed program that would serve a runt like me. I used tot think that one step would be to end inter-scholastic sports in high school, so that phys ed programs would be less competitive, but I don’t know if that would make any difference.

Leave a Reply