Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

主がシオンの運命を取り戻された時、私たちは夢を見た人々のようでした。私たちの口は笑い声で満たされ、舌には喜びの歌が流れました。そして、国々の間で「主は彼らのために素晴らしいことをなさった」と言われました。主は私たちのために素晴らしいことをしてくださり、私たちは喜びに満ちています。主よ、ネゲブの小川のように、私たちの運命を取り戻してください。涙をまく人は再燃します喜びの歌を歌え。種をまくために種を運んで泣きながら出かける人は、束を持って喜びの歌を持って戻ってきます。-詩編 126

あなたがアメリカの読者の一人なら、今日は食べ物、家族、そしてサッカーの日、別名サンクスギビングの日です。私はもうアメリカに住んでいませんが、11月の第4木曜日がやってきて、感謝の気持ちについて考えさせられました。しかし、私も多くの牧師や礼拝計画者のように、アドベントの計画と準備の危機に瀕しています。それで、アドベントシーズンが始まる直前のこの感謝の日に、私は詩篇126のことを考えています。詩編126は昇天の詩編の一つです。これらは、ユダヤ人の巡礼者が礼拝祭のためにエルサレムに向かって上ったときに歌った、古くて馴染みのある詩篇でした。これらの詩編にはそれぞれアクセントが少しずつ異なり、この詩篇は、この言葉を4回使用したことからもわかるように、喜びが表れています。つまり、ユージン・ピーターソンが「同じ方向への長い従順」で述べているように、その喜びはキリスト教の巡礼の特徴です。アメリカの作家フィリス・マッギンレーはかつて、「カトリック教会が列聖化の過程で候補者に喜びの証拠を要求することを読んだことがあります。章と節を突き止めることはできませんでしたが、不機嫌は神聖な属性ではないという提案が好きです。」*私はそれが大好きです。「不機嫌さは神聖な属性ではない。」神の豊かさを体験する人は喜びを示すべきです。今、私たちは喜びが幸福と同じではないことを知っています。詩編作者は、巡礼者に毎日毎分太陽の光と笑顔にあふれるよう呼びかけているのではありません。どっちがいい。なぜなら、人生にはまだ心を温かさと喜びで満たすものがたくさんありますが、私たちの多くは、かなりの疲労と悲しみを抱えてこのアドベントシーズンに入っているように感じるからです。物事は私たちが望むようにはいかない。私たちの教会、家族、学校、近所には、不安、分裂、不親切さ、喪失感があります。私たちを喜びに導くものはあまりありません。そのため、詩篇126節は特に共鳴しているように感じます。現在形の人々が泣いている詩編です。ほとんどの学者は、「主が捕虜をシオンに連れ戻したとき」という冒頭の行から、この詩篇を亡命後の詩篇と呼んでいます。何世代にもわたってアッシリア、バビロニア、ペルシャの支配下に住んでいた後、ペルシャのキュロスはイスラエル人がエルサレムに戻ることを許可しました。これはシオンへの帰還という信仰の偉大な物語です。しかし、彼らが戻ると、彼らは荒れ果てた土地、山積みの神殿、そして特に近くに戻ってほしくない新しい隣人を発見しました。疲れや悲しみを引き起こすものがたくさんありました。それでも、詩編作者は喜びについて語っています。詩編作者は過去形で喜びについて語っています。「私たちの口は笑いで満たされ、舌は喜びの歌でいっぱいでした。」詩編作者は喜びについて未来形で語っています。「涙を流して種をまく人は喜びの歌を歌うでしょう。」そして、人々が泣いているときでさえ、詩編作者は現在形で喜びについて語っています。「主は私たちのために素晴らしいことをしてくださり、私たちは喜びに満ちています。」主は素晴らしいことを成し遂げてくださり、喜びが訪れました。主は素晴らしいことをなさり、喜びが訪れます。そして、私たちが知っていること、信頼していることによって、喜びは今、私たちの顔に浮かぶ涙や背中の痛みと同じくらい私たちに現れています。カナダでは、アメリカのサンクスギビングのタイミングを楽しんでいます。クリスマスが近すぎて、収穫するカボチャがもうなく、天気がひどいことがよくあります。10月はもっと理にかなっています。しかし、私が詩編126節について考えるとき、感謝祭からアドベントまで数日で進むことは、世界中で理にかなっています。**神が行われたことを語って初めて、私たちは大胆に神にもう一度それをしてほしいと願うことができるからです。過去の彼の忠実さを知って初めて、これから起こることを期待することができます。亡命からの帰還について語って初めて、詩編作者は「神よ、私たちを回復してください」と祈ることができます。ですから、切望、期待、希望に満ちた季節に備えて、今日が、あなたがどの国にいても、神の忠実さを語る日になりますように。彼の善良さと愛の物語を話してください。あなたが喜びに満ちていた時代を思い出し、神がまだこの世で働いておられるという信頼が、今もあなたを支え、喜びの道を歩むように導いてくれますように。

*何年も前に行った説教研究のノートにこの引用がありますが、出典はありません。どこから来たか知っているなら、私たちに知らせてください!

**感謝祭は実際には典礼の日ではないことを認め、アドベントが始まる前の週の日曜日に王様のキリストを観察するのが適切でふさわしい理由でもあります!

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

4 Comments

  • Jan Zuidema says:

    How fitting to hear your words this morning of Thanksgiving, knowing that a part of your heart will always reside in western Michigan. Even though we will make the switch to Advent on Sunday, you’re right; Thanksgiving turns us to the source of all and prepares us for the longing for his first coming and, more importantly as we strive to live with true joy, the perfection of his forever Kingdom. Thank you, Laura.

  • Barbara J. Hampton says:

    Declaring through my tears, that joy is the bowl that holds my sorrows (the visual a group of international women formed in a Bible study on the fruits of the spirit, joy).

    • John Breuker, Jr. says:

      Wonderful image, Barb!

      • Barbara J. Hampton says:

        Thanks! But it is our mentally handicapped daughter who speaks in metaphors. When she learned that the young woman who had killed her sister had fled the country to as not to stand trial, Karen said through her tears, “My heart is torn into a thousand pieces and only one piece at a time can go back in. But God’s sewing needle hurts.”

Leave a Reply