Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

今週末、礼拝から始まった集会に出席しました。礼拝のリーダーは短い祈りをささげ、井戸にいる女性にイエスの言葉を借りて、「霊と真理をもって礼拝する」よう励ましてくれました。彼の(そして他の人たちの)このテキストの解釈で、この礼拝の指導者は私たちに頭だけでなく私たちの心を礼拝に持って来るように勧めました。自分の感情を礼拝に持ち込むこと、歌っていること、言っていること、聞いていることを本当に熟考すること。ただ動きを経験し、義務やルーチンとして礼拝に近づくのではなく。彼が求めていたものはわかる。そして、私は彼に反対しません。主に。礼拝は確かに暗記行為になり得ます。私たちが考えずに行うことです。一般的には、自分たちを全面的に礼拝し、私たちが話す偉大な真理を熟考し、大切にするのがおそらく最善でしょう。しかし、暗記行為であるために礼拝が必要な場合もあります。私たちが話す真実が、私が感じている感情と完全に一致しないことがあるからです。9月4日、私はいつもの席に座り、聖域の前から四人の席に座り、かなり心配そうに説教のメモをシャッフルしていました。教会は私が最後になりたかった場所でした。三日前、私の26歳のいとこが突然肺出血で亡くなりました。彼には生きるべき人生がたくさんあった、そしてただ... 消えてしまった。私たちは立って「これが私の父の世界だ...」と歌いましたが、私は解散しました。「間違ったことはしばしば強そうに見えますが、それでも神は支配者です」と私たちは宣言しました。「本当に?」怒鳴りたかった。「彼なの?最近の証拠はそうではないと示唆している」何が起こったのかを知っている友人が、ティッシュの準備が整った状態で私の隣に座ってきた。その礼拝の間、彼女は私を退屈させた。でも、単に動きの中を通り抜けるという堅実で頑強な行為にも私は支えられました。私の目の前には話すべき言葉があった。口には歌詞があった。座る、立つ、握手、頭を下げる、という日常的な行動が頼りになりました。それは暗記行為でしたが、それで私はやり遂げました。5日後、私は召使いの教会の聖域に座りました。私たちが家族として集まる前の晩に、お互いに言えることは、「ただ言葉がない」ということだけでした。しかし、ここ、私の膝の上のこれらのページには、言葉がありました。彼らは希望、信仰、そして愛について語りました。涙を流しながら、私は真実だと信じているが、その瞬間には感じなかった言葉を話しました。このように、典礼は私たちを信頼の姿勢に導きます。真実は守られています。私の隣に座っていた妹は、典礼に苦労していました。ダウン症の私の妹は、悲しむのが嫌いです。誰がやる?彼女は一週間かけて、いとこが彼のことを覚えているように私たちに喜んでもらいたいと言い続けました。彼女は葬儀の間、鉛筆を出し、「悲しみ」、「痛み」、「悲しみ」の言葉を削り取り、代わりに「平和」、「慰め」、「希望」を落書きしました。「悲しくても大丈夫」と私は彼女に言った。彼女は首を横に振った。彼女は礼拝中ずっと悲しい言葉との戦いをあきらめなかった。しかし、典礼が彼女を退屈させ、彼女の世界に喜びと悲しみの存在のためのスペースを作ってくれることを願っています—私は信じています—10日後、多くの人がそうであったように、私は早起きしてエリザベス2世の葬式を見ました。ページェントリーと行列、行進と音楽、儀式と儀式がたくさんありました。しかし、ウェストミンスターとウィンザーの両方のサービス自体は、そのシンプルさに際立っていると感じました。祈り、連続、賛美歌、聖書の朗読など、すべて書き出され、すべて期待され、すべて日常的に行われています。もちろん、慎重に考え抜かれ、作られています。しかも... シンプル。この出来事を特別なものにしたのは、その人物、歴史、そして彼女の死が多くの人にとって何を意味するのかということの大きさでした。このような瞬間に言葉を入れるのはほとんど不可能です。しかし、この瞬間は、葬儀礼の素朴な言葉に支えられ、非日常の中を案内してくれ、とても重大に感じる何かに直面しても自分自身を安定させる場所を与えてくれました。多分それはあなたにとってそれほど重要ではないと感じたでしょう。しかし、霊魂が通り過ぎるのを見て、数千人が集まったり、何百万人もの人々が集まったことを考えたり、自分の人生や、今シーズンもたらした喪失と変化、そして絶え間なく変化する砂について考えたりして... もしこの葬式が 女王のためだけどここ数年で失った他の全てのためにももし、この君主の死は、私たちの生涯を通じてずっと存在し続けてきたが、変化と不安の世界で、親しみを感じ、知っていると感じるすべての人々の死を象徴しているのだとしたら。たぶん。ですから、おそらくこの葬儀の典礼は、私たちが失ったすべてのもの、つまり失うことを恐れるすべてのものに、私たち自身の悲しみと恐れと心痛と嘆きを向ける場所を与えてくれたのでしょう。完全に名前を付けたり理解したりすることはできませんが、私たちが知っていることは私たちの魂の中にあります。葬儀が言葉にするもの。ですから、言葉、賛美歌、祈り、動きなどの典礼は、私たちが信じられないとき、信じたくないとき、理解できないときに、私たちを支えてくれるだけのものだと思います。わたしたちが語る大いなる真理は,それに対応する感情を常に引き出すわけではありません。特に信仰が揺らいでいると感じるときにはそうです。しかし、棺側添人が聖ジョージ礼拝堂の急な階段を上って棺桶をシャッフルするように、典礼は私たちを支え、気まずい一歩ずつ、信頼できる休憩の場所に連れて行ってくれます。

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

10 Comments

  • Daniel Meeter says:

    So good. I think of the Daily Office that I pray every morning as a bus ride, my morning commute. I get on the bus and let it carry me. And I don’t to drive it. Thank you for capturing for us the comforting power of Her Majesty’s funeral. And may your cousin rest in peace and rise in glory.

  • Gloria McCanna says:

    Laura,
    Yes, the beauty, familiarity, hope and truth of the Church of England liturgy gave me quite a sense of peace and a place to hold all our sorrows. The RCA liturgy does the same for me.
    Thank you for putting this all into such a beautiful essay.
    My sympathy and prayers for you and your loved ones.

  • David Jones says:

    What a wonderful essay! Thank you so very much. Your words help to remind us of the of the power within the simplicity of ritual and liturgy. I also appreciated your insight that the Queen’s funeral represented the many losses we have all experienced, especially within the last few years. I had not considered that. Thank you!

  • Jim Bratt says:

    Exactly this! With extra credit for QEII’s funeral being the funeral of the before times.

  • Bruce Buursma says:

    This is balm for my soul and heart this morning. Thank you, Laura!

  • James C Dekker says:

    “Lord, I believe. . . Help my unbelief.” Thank you, Laura. Blessings, jcd

  • Don Tamminga says:

    Thanks Laura. Similar experience playing music for worship. Sometimes when I am not all there, the practice, interaction and worship time can work their magic. By the way, I just love Daniel and Betsy. T

  • I love this post, Laura. My head and heart will surely return to it. And I’m so sorry for your loss.

  • Christopher Poest says:

    Thank you, Laura.

  • Elly says:

    This touched my heart!
    May God’s peace also be with you!

Leave a Reply