Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

数年前、私はフラー神学校の神学と文化教授であるデビッド・テイラーによるカルビン・ワーシップ・シンポジウムのワークショップに出席しました。ワークショップは、「SF小説から学んだ真にキリスト教の葬儀の賛美について学んだことすべて」と題されました。それがこれまでに作曲された最高のワークショップのタイトルではない場合、何があるかわからない(そしてSFのつながりを理解するためには、プレゼンテーションを全面的に聴く価値がある)。テイラーは、彼のワークショップで、賛辞はキリスト教の葬儀の唯一の非キリスト教的な部分であると主張した。代わりに、死者を称える言葉を発話するというグレコローマンの練習や、大衆文化の言及によって形作られます。賛辞では、私たちは人について良いことだけを言う傾向があります。彼の成果、孫との彼女の道、彼の家での私たちの好きな思い出、または神に対する揺るぎない信仰について話します。私たちが話さないのは、彼が自宅よりも多くの時間をオフィスで過ごしたこと、または彼女の義理の娘を息子たちにふさわしくないと感じさせた方法、またはホームオフィスのキャビネットで頻繁に見つかったボトル、または彼女が子供のために神について難しい質問をするためのスペースを作らなかったかということです。それは理にかなっている。私たちは人について最高のことを思い出したい。悲しみと喪失に直面したとき、私たちはそれらの前向きなことに立ち向かう傾向があります。誰も死者の悪口を言いたくない。しかし、テイラーは言う、これは賛辞学を神学的にではなく、明確に人類学的にする。キリスト教の葬儀における一瞬は、人に関するものであり、神に関するものではありません。賛辞が神についてあるためには、それは良い言葉でなければならない。そして良い言葉、テイラーは言う。「真実、全真理、真実以外の何物でもない。だから神を助けて下さい。」それは、神の恵みが人の人生にどのように現れたかを何度も何度も説明することによって、私たちを神を指す言葉です。それは、自分の人生が、乱雑であるかもしれないが、神によって保持されていることを聞いている人たちに保証する言葉です。このような良い言葉を話すということは、慎重に選ばれ、ケアに満ちた言葉を通して、死者についての真実を語らなければならないことを意味します。彼らは完璧ではなかったことを認めることができ、認めるべきです。私たちは、苦味や苦味の場所からではなく、この人が神の子であることを祝うために、神の忠実な愛を彼の不完全な人々に感謝するかもしれないように、中毒性、疑い、うつ病、情事、気性、忙しさなど、難しいことについて話すことができます。人について誠実に話すことは、愛する人のことを話すことであり、それらをよく愛することです。先週、カナダと米国の両方で祝賀のナショナルデーズを考えて、テイラーのプレゼンテーションを考えました。そして、私たちの国のために真にキリスト教の賛辞を提供することはどんなものになるのか疑問に思った。もちろん、我が国は死んでいない。しかし、私たちはいつも人々に、彼らがまだ生きている間にそれを聞くために賛同を与えるべきだと言っているんでしょ?で、この土地のためにそれをやったらどうなりますか?国民の祝賀の日が「我が国をうまく愛する日」と表現されたとしたら、それが私たちの国について良い言葉を話したということですか?それでは、私たちの国について本当の言葉を話したという意味ですか?この質問は、居住学校で亡くなった数百人の先住民族の子供たちの無印の墓の苦痛で恐ろしい発見に照らして、カナダ人が休日の週に入ったため、特に適切であると感じました。子どもたちが家庭や地域社会から連れて行かれ、白い文化、言語、宗教を取り入れなければならないという現実で、私たちは早く忘れる歴史に直面しました。そして、多くの人が休暇に入りました。「この痛みの遺産も認めながら、どうやって我が国を祝うことができますか?」一日を全休したいと思っていた人もいました。他の人はその日を見たが、パレードや花火は開催されなかった。一部の人にとって、それは喪と反省の日でした。しかし、他の人たちは「それはそうだったし、それは私のせいではありませんでした。私たちを罪悪感で生きさせるのはやめろ」これはカナダでもアメリカでもよく聞く遠慮だ。「その頃でした。」「それは私たちが国として誰であるかではありません。」「何で先に進めないの?」「この国に感謝してない?」「しないで この国が大好き?」ほとんどの愛国的なスピーチは、過去の罪のささやきを鳴らしています。私たちの偏光の時代に、人、アイデア、場所、物の後ろに私たちのサポートを投げかけるたびに、愛を示すという信念は、疑いなく愛を示すことであるという信念を果たすダイナミックです。私たちが達成されていると信じているより大きな善のために私たちを不快にするものを単に無視しなければならないこと。不完全さを認めるのは、反対側への裏切りと降伏の行為である。改善の余地があることを示唆することは、道徳的根拠を失うことになるだろう我々は主張した。そして、私たちの愛は無秩序になり、自己中心になり、不誠実になります。しかし、私たちが場所を愛していれば、それをよく愛しているなら、それについて良い言葉を話します。不完全さを認め、国ではなく神を指し示す言葉。私たちの愛を適切に命じて、神がこの場所で彼の王国を明らかにし、この場所で私たちにシャロームの代理人を作り、この場所で恵みをスチュワードするのを助けるように神に求める言葉。慎重で気遣いに満ちた言葉で、真実であることは、立証的でも苦いことでも絶望的でもない。それはよく愛することです。それは恵みを指し示すことです。ですから、7月1日と7月4日に真にキリスト教の賛美を申し出したら、どう見えるかと思います。「史上最高の国」の礼儀と控え、揺るぎない愛国心を呼びかける演説の代わりに、私たちは感謝し、嘆くべきものを嘆いたことに感謝し、嘆きました。歴史を認め、「どうしたら良くなるのか」と聞かれたら私たちが驚いた不思議の中で、神が私たちのコミュニティや地域で素晴らしい、驚くべき方法で働いている方法を宣言したら。そして、何よりも、神が場所、コミュニティ、隣人、国をうまく愛することの意味を私たちに示し続けて、私たちの愛によって最初に私たちを愛した人が称賛されるよう祈りました。

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

9 Comments

  • Daniel Meeter says:

    That would be “true patriot love.”

  • Dana VanderLugt says:

    “If we acknowledged our histories and asked, “How can we be better?” Yes! Yes! Thanks, Laura.

  • Jim says:

    You continue to excel, every time. This is just the right word. Thanks.

  • Rowland Van Es, Jr says:

    Yes, we need to speak the truth in love, so that we will in all things grow up… (Eph. 4:`15). The problem is that we are like infants being tossed by waves and blown by the wind and by cunning, crafty and deceitful men (Eph 4:14). And to make matters worse, our “teachers” are telling us only what our itching ears want to hear, (2 Tim 4: 3). Our charge is to keep our head, endure hardship, and do the work needed (2 Tim 4:4). Thanks.

  • Janeh2obrown says:

    Really like your last paragraph-
    This model would be so helpful in all types of political discussions too-

  • Rodney Haveman says:

    Thank you Laura for your wise words that are needed in so many places, including the church. We too have produced horrible atrocities, and yet, we refuse to confess, hear words of assurance of forgiveness, and then ask, “how can we be better?” (maybe rely on that grace and cling to the third use of the Law). It seems that every institution needs its call to accountability with the hard truth spoke in love.
    The use of a eulogy is a fascinating one. In my experience of officiating funerals, I can only speak in the ways that you suggest when I am given the permission to do so by the audience that will hear the “Good News” of that truth. Once permission is granted, I can speak in ways that exhibit the whole Gospel. I wonder if our nation has long since set aside its permission for the church to speak to it. It may have good reasons to do so, since we have some work to do in addressing the log in our own eye …
    How can we do better, so that we might receive the permission we need? It might start with how we treat the vulnerable (the indigenous children you mourn in Canada, and the US has its own examples for the first peoples of our nation often perpetrated by Christians), black and brown siblings, LGBTQ+ folk, etc.
    If we practice your wise words in our own house, I wonder if we might receive the permission of our nations to speak the words of truth that are so desperately needed.

  • Henry Baron says:

    YES! This reminds me of Hardy’s words: “If a way to the better there be, it exacts a full look at the worst.”

  • Diana Walker says:

    From William Sloan Coffin these words:
    “There are three kinds of patriots, two bad, one good. The bad ones are the uncritical lovers and the loveless critics. Good patriots carry on a lover’s quarrel with their country, a reflection of God’s lover’s quarrel with all the world.”

  • So well said, as usual. For some reason this is prompting me to think today about whether we give ourselves permission to be human and flawed too, and how that affects our perceptions of other people, country, etc. Thank you.

Leave a Reply