Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

どうやらページェントはまだアレだな好きなスポーツライターの一人、フランク・デフォードの言葉で、「アメリカの一つのセグメントに悪い、別のセグメントに愛され、そのすべてによって誤解され、ミス・アメリカはまだミシシッピのように流れ、琥珀色の穀物の波を漂い、野球のバットの亀裂のように聞こえ、ママのアップルパイのような味、そしてドル紙幣のような匂い」歴史的なミス・アメリカのページェントは、競技者と消費者の両方にとって受け入れられ、関連性を維持するために定期的に再発明しました。宗教学者のマンディ・マクマイケルによると、出場者はページェントを自分のアイデンティティを策定する方法として見るかもしれないが、実際のミス・アメリカのページェントはすべてセックスに関するものである。しかし、スポーツ、ビール、音楽、映画、テレビ、政治など、アメリカの文化の他のすべてもそうです。セックスはアメリカの生活のあらゆる領域に浸透しているからです。「彼らの核心は、アメリカ人は望ましく、望ましいことを望んでいます。確かに、アメリカの文化の中で、セックスやセックスの使用についてではないものを見つけるのは難しいです。それでも、セックスの嘘は決して十分ではないということです。公共の場での消費のためにパレードされるだけでは、空っぽで浅く、無意味です。」McMichaelは、ミス・アメリカンがたとえたとえたとえ純潔で処女に見える必要があることを説明するために続きます。「ミス・アメリカは、『立派な』女性のために、容認できる形式と容認できないディスプレイの間を綱渡り歩くよう求められました。」彼女は裸になることはありませんでしたが、美しくなければなりませんでした。でもミス・アメリカ・ページェントがセックスだけだったら、マクマイケルの理由なら年齢とともに他界しただろうなミス・アメリカのページェントは、エンターテインメントについても話しています。ミス・アメリカはセックスを楽しませるために使用しましたが、ライブシアター、ゲームショー、リアリティテレビ、ドラマ、コメディの主要要素をすべて組み合わせて、視聴者を楽しませました。しかし、ミス・アメリカは、スキル、トレーニング、戦略を必要とする競争に関するものです。見栄えは十分ではありませんでした。出場者はコーチを雇い、訓練を受け、適切な「形」を学び、互いに競った。それでも、マクマイケルは、セックス、エンターテイメント、競争の聖三位一体は強力な力ですが、宗教は切り札であると主張しています。「ミス・アメリカのアメリカ人であるすべてのことを宗教が活かしています。それはセックスを聖め、娯楽を儀式化し、競争を正当化する。宗教はミス・アメリカを作る」マクマイケルが説得力のある議論をしている一方で、今日のアメリカ文化におけるページェントの力について反芻している。最近、タリロ・ムゼワは「Juneteenthを戴冠されるとはどういう意味ですか」という記事を書いた。また、サッシュ、クラウン、タレントが表示されたこと、質問があること、歴史的に黒人カレッジや大学に与えられる奨学金があるという点において、Juneteenthページェントは馴染み深いとコメントしている。しかし、Mzezweaはまた、6月十日のページェントは、黒人女性、コミュニティ、姉妹の祭典として、女性、家族、そして彼らのコミュニティにとってより深い意味を持つと主張している。2019年Juneteenthページェントの受賞者であるケネード・ウォレスは、「私が誇らしげにブラックで、私はそれに満足しているし、私は強いことを思い出させる。ブラックは美しいことを思い出させる。私たちが経験する憎しみを持つか、憎しみなくして自分自身になること。私たちは自由であることを思い出させる。私たちは目的を持ってここにいる。」マクマイケルは、ページェントが競技者のアイデンティティ形成を披露するケースを作り、MzezewaはJuneteenthページェントがアイデンティティ形成に関するすべてであり、この場合は黒人アメリカ人女性のアイデンティティと経験を示しているように見える。Juneteenthのページェントは、ページェントがアメリカの文化に関連性を保つために自分自身を再発明することの意義を明らかにしている。しかし、セックス、エンターテイメント、そして一流の宗教との競争が依然としてアメリカの注目を集めているように見える。ページェントは、アメリカ文化における女性のアイデンティティ形成を見るのに有用な方法ですか?Frank DeFord、There She Is: The Life and Times of Miss America、(ニューヨーク:バイキングプレス、1971)。ミス・アメリカの神、マンディ・マクマイケル:アメリカ最古のページェントにおける信仰とアイデンティティ、(テキサス州ウェーコ:ベイラー大学出版局、2019)。

Rebecca Koerselman

Rebecca Koerselman teaches history at Northwestern College in Orange City, IA.

5 Comments

  • Pam Adams says:

    Rebecca, I would answer no to your last question because I would hope women would want to be highly regarded for the good works they do and using their brains for the Lord and for this world.

  • Daniel Meeter says:

    Thanks for this, interesting. And compelling. But I could not track the leap at the end of the third paragraph, to religion. I’m not contesting it—just that I don’t see it.

  • John vanStaalduinen says:

    The Juneteenth pageantry (as described by the 2019 winner) of racism is pretty disgusting.

  • As I was reading this I began to think of the song from Styx “Miss America.” I have never understood why as a culture we have been in love with these pageants, which I have never appreciated. Thank you for the history of this which I never had heard before.

  • Like every other area of life, there are good competitions, and others that are about sex appeal and swimsuits. It’s really about doing your homework and not getting involved unless you find one that has the right priorities. A good pageant is an opportunity for someone to learn their strengths and talents, and use them to become a positive force in the world. To “Lead the Change.” Some do not have swimsuits, or only consider the “perfect size” of woman. It’s really about empowering and challenging yourself to be your best authentic self. I got involved in the world of pageantry after leaving a domestic violence relationship. It had been on my bucket list, and I hoped it would help me build back self confidence, but it did so much more. I moved from survivor to advocate, and because others know my story, I have had victims find me, and helped them to connect with resources that saved their lives, and the lives of their kids. It also became a platform to educate about the realities of domestic violence, and to work to change laws. My legacy will also include supporting other survivors in their healing and success. It is also the single largest source of college scholarships, once again empowering women and equipping them for success.

Leave a Reply