Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

先月、私の想像力を捉えたのはスエズボートの危機でした。一度ルイー、私のFacebookのアルゴリズムは、私がカップルの記事をクリックしたことに気づいた、彼はちょうど私にそれらを送信し続け、そして私はちょうどそれらを読み続けました。今月ルイは私が別の興味を持っていることを発見し、アップデートで私を砲撃し始めた、私は渦巻きに消費しました。その興味はもちろん、ロケットが空から落下しているというニュースだった... そして誰もそれが着陸するつもりだったのか全く分からなかった。あなたがこの話を強迫的にフォローしていなかった場合、ここでは簡単な再起があります。4月29日、中国は新しい宇宙ステーションの最初の部分を... まあ... 宇宙に送るために、長征5Bロケットを軌道に打ち上げました。一度その付着が無かったら、ロケット-高さ108フィートで、およそ40,000ポンドの重さは、地球の重力が最終的に地球に向かってそれをフリーフォールに引き込むまで、宇宙で無限に回転するように残されました。完全に制御不能だそれが最終的に着陸するかもしれない場所を示すことなく。もちろん、希望は、ロケットのほとんどが再突入時に燃え上がるということでした。しかし、この大きなものは、比較的無傷でそれを通すことができ、欧州宇宙機関は、ニューヨーク以南のアメリカ大陸のすべて、アフリカとオーストラリアのすべて、南アジアの一部、および南ヨーロッパの一部を包含する危険地帯を予測しました。専門家たちは、それがおそらく海に落ちる (それは最終的に土曜日の夜に、モルディブのすぐ南インド洋に急落した) とそれが実際に誰かを襲うリスクは小さいことを保証し続けた。でもそれでも空から落下して着陸するロケット誰が知っているどこにもない。だから数日間、私は魅了されました。ルイがロケットでスピードを上げている間、私は別の種類の降下について読み上げました。先週の日曜日、私はヨハネの黙示録21と22で、新しい創造のビジョン、新しいエルサレム、あなたが思い出すならば、神から天から降りて来る新しいエルサレムについて説教しました。そして、それはかなり重要な神学的概念です。私たちは新しい創造に逃れることはなく、この世界のほこりや汚れを全て残しています。むしろ、王国はこの世界に降りてこの世界を変革します。すべてが新しく作られ、全体が作られ、それ自体の真の形になります。啓示は、その変容がどのように見えるか、最も真実なものは何ですか、都市があり、庭園(エルサレムとエデンの変身)があるでしょう。街は光でいっぱいです-危険と悪が潜んでいる日陰の路地や暗いコーナーはありません。都市では、人類は、お互いに神との完全な関係で一緒に住む、すべての戦争は止まった、すべてのEnmityは、庭で、生命の木の葉は、すべての人々の、癒し、和解、国の、すべての人々のために、雷を置きます。その木はまた、生命の水で、私たちが繁栄するために必要なすべてである果物を提供します。人々が崇拝する人は、彼らに必要なものをすべて与える。これが来るもの-これは私たちが向かっている場所です。2週間前の私のブログ記事での会話と、この制御不能のロケットのために続く怒りに振り返って、私は人間が支配しているのが好きだと思い知らされます。私たちは、何が来るか、いつ来て、どのように準備するのが最善かを知りたいです。もちろん、神の王国は、私達が支配するものではありません。イエスによって導かれる現在の現実と、イエスが戻ったときに実現されるその現実の充実。イエスは言った、王国は、マスタードの種のようなものです-あなたはそれがちょうどちびった種だと思うが、それは巨大な植物に成長し、あなたの人生を引き継いで、必ずしもそれが現れて欲しくない場所を示し、油断であなたをキャッチします。王国は、私たちがそれを傾向があるかどうかにかかわらず、善良な王国市民であるかどうかにかかわらず、私たちがそれを望むかどうかにかかわらず、その王国のことをするでしょう。なぜなら我々は王国を支配していないから創造主です。しかし、私たちがコントロールできないからといって、栄冠に休むことを意味するものではありません。あるいは、今できることはぶら下がり、空を見上げて、雲から最初に宝石で飾られた壁を見るのを待って、私たちが何をすべきかを知る前に。 イェール神学学校の新約聖書の教授アデラ・ヤーブロ・コリンズは、彼女の著書『黙示録』の中で、「世界の運命、さらには教会の運命は人間の支配を超えています。しかし、人々はその運命の輪郭を見極め、それで自分自身に味方することができます。彼らはそれに対して働くのを避けることができます。そして、彼らは世界への証人でその価値を体現することができます」(p. 150).私たちは新しい創造の輪郭を知っています。何が来るかわかってるいつどのように満腹に届くのかわからないかもしれませんが、いつどのように見えるかについては少し知っています。そして、キリストと御霊によって、新しい創造がすでにここに存在していることは、予期せぬ驚くべき方法で私たちの生活の中に現れていることを知っています。そして、私たちが突然それが私たちの上に現れるのを見たら逃げる落下ロケットとは異なり、ビーバー氏を言い換えるために、この王国は安全ではないかもしれないことを知っていますが、それは良いことです。それで、私たちは王国に向かって走るように誘われる。神様が自分の世界を変革する時、神が行っていることは何の道を真正面に置き、私たちを尽くすことができるように。和解をもたらすこと。傷を癒す。正義と尊厳のために働く。信頼と満足を宣べ伝え、実践する。暗い場所で光を突く。天が地上にいるかのように生きている。

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

3 Comments

  • mstair says:

    I love this!

    “And so we’re invited to run towards the kingdom. To put ourselves squarely in the path of whatever it is God is doing…”

  • RLG says:

    Thanks, Laura, for sharing the latest thing to capture your imagination. Of course, what has captured your imagination, as well as the imagination of John, if he is the author of the book of Revelation, is pretty imaginative. Of course there are all kinds of interpretations of these final chapters of this apocalyptical book. So reading the book of Revelation, who really knows what was in the author’s imaginary musings.

    Of course, most other religions have their own predictions of what will happen at the end of time, all different from the scheme of Revelation. Their schemes, like Christianity’s, are based on their divinely inspired Scriptures, so like Christianity’s, are absolutely true. People of these other religions, such as Islam, are as convinced as you of the truth of their future schemes and the future domination of their religion and God (or Gods). So common sense would suggest that anyone’s guess is as good and true as the next. Of course the certainty of China’s rocket falling from the sky had a lot more certainty than the return of Christ. Thanks for sharing your opinion.

  • David Hoekema says:

    I didn’t quite know how a falling rocket would link up to Scripture but you made it work, Laura. And I can recommend some musical commentaries on John’s Apocalypse: the powerful gospel song “John the Revelator,” recorded by bluesman Blind Willie Johnson (and also, later, by Son House and, believe it or now, Depeche Mode); and the astonishing work of chamber music that premiered 80 years ago this spring in a Nazi prison camp, Olivier Messiaen’s “Quartet for the End of Time.” (I just led a two-session adult ed class on that work and a very different one that was 40 years old in 2019, Talking Heads’ “Once in a Lifetime.”)
    And if any reader of this blog would like more of Pastor Laura’s reflections on the vision of the Holy City go to the website for our church, Second CRC of Grand Haven, and watch last Sunday’s sermon. In my humble and unbiased opinion, it was brilliant.

Leave a Reply