Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

火曜日の朝、私がいた板の位置から見上げて、イルカを見ました。そして別のイルカ。ちょうど彼らの背びれが水から弧を描き、消え、そして再びくねる。二十四時間前に、私は私の車道をシャベルしていた、九度の風に対して束ねた。今私はショートパンツとティーシャツを着て、ヤシの木に陰影された海を見ているデッキでワークアウトしました。今週、フロリダ州にあるビーチで場所を借りた友人から、おもてなしの素晴らしい贈り物を与えられました。2回目のワクチン投与量から2週間過ぎて、私はここを旅し、太陽と暖かさを必要とするいくつかの日光浴を吸収するのに十分な勇敢な空港と飛行機を十分に快適に感じました。でもここで再発見したのは太陽と暖かさだけじゃない久しぶりに経験してない何かを経験した — asombro.Wonder。私はこの旅行に長く愛してきた本を取り上げた:不思議への橋:セシリア・ゴンサレス・アンドリューによる「美の福音としてのアート」。それはあなたが想像できるように、美しい本です。私は私のデッキチェアに火曜日の朝、太陽を見て座って、私は再これらの行を読みます:"能力は本当に美しい認識することがなければ、我々は、その不在を嘆くことができないため、間違っているまたは罪を識別することは困難になる、単独で反対する。とても美しいものを見つけることは、それが私たちの愛を目覚めさせることです。これは不思議によって達成されたユニークな作品です。「ワンダー」という言葉をスペイン語に翻訳できる多くの方法の1つがasombroです。誰かがasombradoであるとき, 何かがそれらに作用し、応答があったことを理解しています, 彼らは不思議に満ちた存在となっています... 私たちがasombradosになると、我々はもはやコントロールと全能の錯覚にしがみつくことができません.私たちは小さく作られ、(自分の)おれが満たされた応答の特性を引き受けています」パンデミックは私たちにとって大きく変わりました。そして、海の前に立つまで、私はあまり名前がつけられなかったそれらの変化の一つは、ペリカンの飛んでいる過去を喜ばせて笑って、私たちの生活の平坦化です。特に冬が舞台になっているように、瞬間、経験、それが私たちに行動し、自分自身から私たちを引き出し、私たちを不思議に満ちたままにすることは、ますます困難になっています。私たちの日々はとても日常的で単調です。私たちの世界はとても小さくて限られています。一方では、このルーチンは不確実性の季節には良いことになる可能性があります。しかし、それはasombradosになるためのほとんど余地を残しません.そして私たちはasombroが必要です。チャールズ・テイラーは、彼の著書『世俗時代』の中で、宗教的かどうか、人生が持つことのできる豊満感と豊かさ、そしてこの満腹感に関連して、3つの生き方があると書いています。私たちは、不思議の瞬間、畏敬の瞬間、私たちが成就し、世界と私たちの神との平和を感じさせる瞬間に、そして深くそれを力強くそして深く経験します。私たちは、その不在の中でそれを体験します, その満腹から追放され, 漂流感, エンヌイの完全な私たちの生活.そして、私たちは中途半端な方法でそれを体験し、仕事や遊び、家庭生活の日常を通って、一般的な内容と幸せで大丈夫です。しかし、彼は言う、この中途半端な方法に不可欠は、私たちがベイでエクシー/エヌイを維持し、満腹感と履行それらの時折経験に悩まされているという感じや信念です。不思議で満たされるためには、私たちの普通の日を向ける贈り物を与えることです。ワンダーは私たちを目覚めさせる、ゴンサレス・アンドリューは言う、愛する。私は言うだろう (そして私は彼女が言うと思う) これは不思議それは神との関係に私たちを引き付ける、そしてお互いとの正しい関係に私たちを引き付ける、別の言い方である。聖金曜日のサービスの間に暗闇の中で演奏されたストリングスのための理髪師のアダージョを聞く不思議。あなたの好きなバンドのコンサートで、他の千人のファンと一緒に歌う。お気に入りのサッカーチームが勝利ゴールを決めたら、悲鳴を上げて泣きます。マラソンのフィニッシュラインを横切る。男がバス停で見知らぬ人に傘を提供するようにコーヒーショップの窓から見ている。新生児を抱える。聖体拝領を取って海の端に立って、イルカを発見する。6世紀の神秘的な神学者偽ディオニュシオス 美について言った。「美はすべてのものを結束し、すべてのものの源である。それは世界を獣にし、美しさを持つためにそれらの中に憧れによって存在するすべてのものを保持する偉大な創造原因です。」美しさ — 不思議 — 私たちを自分自身から引き出し、神に向かって私たちを向きます。もし私たちが私たちの必要性、憧れ、美しさにもっと注意を払っていれば、教会、キャピトルヒル、私たちの家族で、世界はより良い場所になるでしょう。私たちがasombradosになったらおれが欲しかった自分の特徴から生きていれば。これらのおれを誘発する経験の多くが今不可能であるという事実について、できることは全く多くない。しかし、この損失を名付けることができるのは、この過去1年間に発生した多くの感情をすべて損なうことが、その満腹感の地からの全体的な亡命感であり、その持続的な不思議の経験から。そして、満腹感への憧れは良いと重要であることを自分自身のために肯定する。で、反政府と呼んでくれでも今年の四旬節には何もあきらめてない私たちはちょうど十分諦めました、どうもありがとう。その代わり、不思議を探してみる。美しさの為にどこでも、私はできるのです。そして、私の信仰を維持するこの贈り物にしがみつき、それは神の存在と善を私に安心させます。私のレンテンの祈りはasombradoになろうとするものになるでしょう。

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

8 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    So good as usual. Thank you. “Lost in wonder, love, and praise.” St. John’s gospel calls Our Lord’s miracles “signs and wonders.” Not proofs of power to close debate, but wonders to open us up for light and life and love. And how close is wonder to worship. Worship has to have something of wonder in it, to keep it open, and to welcome love. As to the dolphins, do you know J. J. von-Allmen’s marvelous metaphor? The church is like a whale. During the week it’s down deep in the water of everyday life, in mission, service and obedience, but on Sundays the whale comes up for air, as the church comes up for worship. to open itself to heaven and the air. Your post is so suggestive and generative, so many thoughts arise. Going to Florida is certainly a good way to have a “holy Lent.”

  • Alicia Mannes says:

    Thank you!

  • John Kleinheksel says:

    Thank you Laura!
    From Grand Haven to FL in 24 hours is awesome.
    Loved your evoking of beauty, wonder, and mystery.
    I really chuckled when you wrote you weren’t giving anything up this Lent, that you’ve given up enough already! Makes my abstinence from ice cream paltry by comparison.
    Love Barber’s Adagio for Strings. Yes. Asombrado to all!

  • Henry Baron says:

    Your post reminded me of Keats’ “Beauty is truth, truth beauty – that is all you know on earth, and all you need to know.”
    Beauty, Truth – they generate the wonder that makes for asumbrado.
    Thanks, Laura.

  • Sheldon Starkenburg says:

    I’m not in Florida (unfortunately), but stuck in the deep freeze of Iowa. But last night as the temperature dropped again, a light dusting of snow came down. It was the kind of snow that falls only when it is cold, and suddenly the whole landscape was transformed with sparkles. It was a moment of wonder, even in Iowa.

  • Dan Vander Ark says:

    Well-done. It reminds me of a line from Gerard Manley Hopkins: “Give beauty back, beauty, beauty, beauty, back to God, beauty’s self and beauty’s giver.”

  • This is wonderful, worth saving for reading again and again. I think asombrado is what we feel when we are graced with a flash mob performance!
    Thank you for putting your experience into words.

    • Lois Sanchez says:

      I really liked this from the blog to the reactions. I copied the whole thing, but just can’t find a way or where I can save it.

      Until I saw this yesterday, I totally forgot it was your birthday!

      Also when I read the blog, I thought it was one of your writings, but I did a double.
      take and rechecked the author. I also thought it was too soon after your surgery.

      I hope that you are feeling well and getting your perky-ness back!

      I’ve checked with my doctor and my therapists, and they all think it’s a good idea to have this kind of device, mostly to keep my body moving .

      While I’m here I can use the Nu-step, having an aide to walk me over to the bike and later walk me back to my room. I would like to do that. Obviously I wouldn’t have that for home. So I think you can hold back on that for now.

Leave a Reply