Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

1861年1月21日からニューヨーク・タイムズのオープニング文を微調整するために、「みんな、とても多くの不安と関心を持って見えた日がやってきた。ジョー・バイデンは発足し、「すべてがうまくいっている」」その文は、もともとエイブラハム・リンカーンの就任を指し、いくつかの南部諸国による分離の真っ只中に行われたイベント。武装した暴徒が式典を妨害する恐れとリンカーンを殺す陰謀により、彼はその朝早く街に忍び込むことを余儀なくされた。通りは封鎖され、兵士はリンカーンを四方に横たえ、多くの人が息を止めてイベントが進行しました。翌朝、彼らはタイムズ紙が『すべてうまくいった』と書いたように、再び息を吹き飛ばした。」よく聞こえるね。もちろん、1861年1月21日にはすべてがうまくなかった。就任はスムーズに終わったかもしれないが、その国はまだ分裂、不正、深いイデオロギー的な敵意によって取り壊された。次の4年間の戦争は、死傷者が他のすべてのアメリカ戦の戦いを上回った戦争の証人でした。就任式の合図は変化し、彼らは新しい始まりとして見られます... しかし、12月31日に行われた決議のように、本当にカウントされるのは、その日に何が起こるか-日後-後のことです。これは主に前日に行われたことによって異なります。昨日、多くの人が安堵のため息をつきましたが、その翌日、世界へ、一国に、分裂、不正、深いイデオロギー的な敵意によって起きました。Facebookは昨日解説と洞察に満ちており、一つの投稿は特に共鳴を感じました。バイデン大統領が「大きな暫定牧師のエネルギー」を持っているという聖職者による観察でした。私たちの教会の多くは、分裂と挫折、危機、紛争を経ています。牧師は去り、会員は去り、評議会はロガーヘッドに来て、教会は痛みの山全体、分裂、悲しみの全負荷で残されています。穏やかで、思いやりのある、賢明で、忍耐強く、prodding — 集会に真実にお互いに話す部屋と道具を与え、彼らの痛み、恐怖、希望を挙げて、彼らの共通の愛を再発見し、彼らがキリストにいる誰かを覚えるには、正しい牧師が必要です。もちろんジョー・バイデンは牧師じゃない彼は国を結び越える議題を事務に持ち込む。議題は私が知っている多くの人々が不安や懸念、絶望さえ抱えて挨拶する。しかし、政治的説得にかかわらず、私たちのほとんどは、バイデンがこの瞬間に適切な気質を持っていることに同意できると思います。彼の思いやり、彼の穏やかな態度、彼自身の闘争と損失は、彼がこの国のためになれることを願うものになるよう彼を装備した-真実と愛、謙虚さでお互いに話すのを助けてくれるリーダー。そしてバイデンがその人なら、彼は間違いなくそうだろうけれども、彼はハードのための部屋を作ることができますそして健康的な会話、通路を越えたり、壁を越えたりするには、この瞬間を利用して仕事を入れるのは私たち次第です。どんな小さな方法でも、できる限りどこでも。この瞬間、変化の希望、連邦社員、法律や法案、大統領と副大統領に、行政上の変更に負担をかけるのは魅力的です。しかし、私は1899年にアメリカの哲学者ウィリアム・ジェームズが書いた手紙を今日思い出させます。その手紙の中で、「私はあらゆる形態において大きさと偉大さに反し、個人から個人まで働き、世界の頭蓋骨を盗み込んで、目に見えない分子道徳的な力を持つ柔らかい根草、または水の毛細管に滲み出るようなものですが、時間を与えれば、人の誇りの最も難しいモニュメントを借りる。時にはあなたは大きさと偉大さが必要です。就任式と国民運動と抜本的な改革は、彼らの場所を持っています.しかし、今日この引用で聞いているのは、その翌日のことですが、最も小さい行動でも大きな効果をもたらすことを忘れることはできないという思い起こしです。そして、もしジェームズを少し再ルーティングするならば、自分の力ではなく、御霊の力に頼って、取るに足らないと思われるものを取り出し、神の王国においてそれを強大な方法で使うという大いなる約束を思い出します。そして、その翌日、教会は立ち上がり、もう一度、の業に呼ばれます。王国。 その作品はいろんなもののように見えるだろう。それは悔い改めのように見えますが,個人の誇りと敵意と裁きと,わたしたち自身の福音ではなく福音を促進する上での教会の集団的共謀の両方です。友情と関係の喪失、希望の喪失、かつて国や地域社会、あるいは会衆のために抱いた愛の喪失を嘆くように、それは悲しみのように見えます。それは真実の物語のように見えます, 私たちは間違いを呼び出し、正しいものに速く, 我々は反対する人の中で, そしておそらくもっと重要なのは, 友人として数えるものの中で.私たちの恐怖と希望について正直に話すので、それは脆弱性のように見えます。私たちは他を理解しようとするので、謙虚さのように見えます。何よりも、それは乱雑に見えます。結局のところ、私たちは人間だけだ。私たちは偉大なユートピアを達成しません、私たちはすべての問題を解決しません、私たちはそれぞれの関係を復元しません。私たちはできないからではない。神の民は、リンゴの最初の咬傷からその教訓を学びました。しかし,わたしたちは福音の呼びかけに応え,正義を行い,慈悲を愛し,謙虚に歩むことはできますが,わたしたちの応答は不完全であるかもしれません。御霊がわたしたちや地域社会で,教会や国々に働いていることを信頼でき,導くところを大胆に守ることができます。私たちは、神の王国を発足した人の後に私たちの生活をパターン化することができます, 米国よりもはるかに大きい王国, 北米よりも, 西洋世界よりも, 私たちの頭の中で保持するかもしれないどのイメージよりも.ある日、すべてが順調になる王国です。そして、自分の弱さを知ることで、私たちは祈りの中で人生と労力を浴びることができます。平和のための祈り、団結のための祈り、愛のための祈り。主よ、私にあなたの平和の道具を作ってください:憎しみがある場所、愛をまかせて; 傷害、恩赦がある場所; 疑念がある場所、信仰、絶望がある場所、希望; 暗闇がある場所、光、悲しみがある場所、joy.O神のマスター、私ができることを許すコンソールへの慰めを求めない, 理解するように理解され, 愛するように愛されること. それは私たちが受け取ることを与えることにある, それは私たちが赦免されていることは赦免であります, そして、それは私たちが永遠の命に生まれて死ぬことです. アーメン.

Laura de Jong

Laura de Jong is a pastor in the Christian Reformed Church. After seminary she served as the pastor of Second CRC in Grand Haven, Michigan, before moving back to her native Southern Ontario where she is currently serving as Interim Pastor of Preaching and Pastoral Care at Community CRC in Kitchener. 

19 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    Thank you.

  • mstair says:

    “… the Church gets up and is called, as it is every day, to the work of the Kingdom. That work will look like many things.”

    What I pray it won’t look like …
    The dilution of The Gospel for the sake of unification … ALL must be called to repentance, forgiveness must be given following it … impenitence must not be accepted as a unique “expression of faith” – it must be prayed for and asked to be changed.

  • Henry Ottens says:

    A splendid inauguration address to us, your congregation. Thank you, Pastor Laura.

  • David Hoekema says:

    Wise and welcome words. Thank you!

    Joe Biden is a politician, not a pastor. But there was a lot of powerful preaching from presidents and poets and singers in yesterday’s inaugural events. I don’t think I was the only one shouting Amen at my TV.

  • Rodney Haveman says:

    As I read your words (welcome and quite lovely), I was reminded of the NY Times editorial on Jan 19 from Thomas Friedman where he wrote about the great experience of people surprising us on the upside, “So, I have two asks of every American: Give Joe Biden a chance to surprise you on the upside and challenge yourself to surprise him.”
    These words feel like lovely imploring words for the church as well in our current situation, “So, I have two asks for every Christian: Give each other a chance to surprise you on the upside and challenge yourself to surprise each other.”
    Thank you, Laura.

  • Jim says:

    Wise and wonderful. Many thanks.

  • Sharon A Etheridge says:

    Thank you Laura
    It is the small individual things between individuals that really make a difference in the world.

  • Beverly Vandermolen says:

    Your piece reminded me anew of friend Mike Yaconelli’s books Messy Spirituality and Dangerous Wonder. He would have loved your words as do I. Thank you.

    • Ronald Dykstra says:

      Dear Beverly,
      What do you mean when you allude to the church’s” collective conspiracy in promoting a gospel not our own”? A “collective conspiracy” might be the definitive description of a “broad brush”.

  • Gary VanHouten says:

    “….the loss of friendships and relationships, the loss of hope, the loss of the love we once held for country or community or congregation.” That’s the saddest thing about these last 4 years.
    Your words point a way to some restoration. Thank you.

  • Thank you. Your encouragement is greatly necessary and appreciated.

  • John VanStaalduinen says:

    Awoman

  • Rowland Van Es, Jr. says:

    Good prediction: it will look like repentance, grief, truth-telling, vulnerability, humility, and it will look messy. Good prescription: do justice, love mercy, walk humbly with God. I would add a good priority, “Justice and only justice you shall follow, that you may live and inherit the land which the Lord gives you.” (Deut. 16:20). Lewis Smedes said the acid test of obedience to their covenant with God was: is justice done among the people? I agree.

  • Henny Vroege says:

    “…Biden has the right temperament for this moment…”

  • Shawn F says:

    I know this has been said throughout numerous comments, but I would also like to add to them and say, thank you. May we look at what has happened yesterday as the opporunity to put the Kingdom on display by standing United in our differences and to give when we can find a list of ways to recieve. In whatever political stand we stand on, we can remind ourselves that God still remains on the Throne and whoever the President is, we are called to love the Body of Christ. Let us start with today.

Leave a Reply