en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

Instagramは神秘的な方法で動きます。私はいくつかの夜前にベッドに横たわっていた、あなたがベッドの前に行うはずがないように私のInstagramフィードをスクロールして、行の2つの投稿が私の目を引いた。最初は「ニューヨークのヒューマンズ」から。ブランドン・スタントン, ホニーの後ろの創造的な天才, 検疫中に方法を切り替えています.個人の写真やストーリーを撮影するために街に連れて行くのではなく、人々に送り込むように頼んでいます。特に、彼はこの記事で書いた、いくつかの素晴らしい方法であなたに影響を与えた人々の物語を送ります。ちょうどこの投稿の下にはMiddleClassFancy、オリーブガーデンでの派手なディナーについての記事で満たされた風刺のページ、ベルト付きのデニムショーツと完璧に白いニューバランスのランニングシューズがあります。この投稿は、「誰もが残りの人生のために考えるサンドイッチを持っている」と、笑うかもしれませんが、あなたは今サンドイッチを考えているのではないでしょうか?私はすぐに2を考えた。そして、おそらく私はちょうどHONYのポストを読んでいたので、私は両方のサンドイッチが素晴らしい方法で私の人生に影響を与えた人々と結びついていることに気づきました。だから私はこれらのサンドイッチについて教えてくれるつもりです。ベーコンとトマトとソースを詰めたトリプルデッカー現象は、私が理解し始めることができませんでした。このサンドイッチは、オランダ本土沖の北海テルスヘリング島のブランダリス灯台の下にある「Flaman Restaurant」の料理の天才によって作られました。島で過ごした48時間で、サンドイッチに3回戻りました。それは良いことでした。Terschellingで、私はローラ・ヴァン・ヘンリー・ファン・ハーマン・ファン・ヒンネ・ファン・セース・ファン・ドゥーケ・デ・ヨングです。1896年に生まれた曾祖父のヒンネは、この島で育ち、第一次世界大戦に従軍し、最終的に祖父の生まれたフローニンゲン州に移りました。2011年7月、オランダで過ごした夏の間、フェリーに乗ってテルスヘリングへ行き、自分のための場所を見に行き、砂丘を自転車で巡り、コルネリスとトリンジェの墓を見つける。また、ドゥーケとトリンジェ(19世紀テルスヘリングは名前のオリジナリティに多少欠けていた)、私の偉大で偉大で偉大な-祖父母。

ブランダリス墓地

テルスヘリングは、私の人生の中でほとんど神話的な役割を果たしています.Herman van Hinne van Ceesの家族は、場所や人々、イベントとのつながり、そして過去によって私たちの生活がどのように形作られているかによって、大きな在庫を置いています。私の父はクロニラーの間でクロニラーであり、父の詩、母親の物語、祖父の回想のオンラインフォトアルバムやコレクションを作成し、兄弟や子供たちと共有しています。憧れの感覚があります, ホームシックの, 私たちの誰も住んでいないこの島のために, 唯一の休暇に, まだ私たちの一部を保持しています.たまに俺たちはドラマチックすぎると思う意味の層が多すぎる。トリプルデッカーClubサンドイッチみたいな。しかし、再び、私は本当にそのサンドイッチを愛しました。平等は、私が別のサンドイッチのために保持する愛ですが、クラブの全く反対です。パンの一枚, バターと黒砂糖を振りかけ, 4つの正方形に切断し、食べます, 常に, 大きな木製のダイニングルームのテーブルの周り.ランチタイムは祖父母の家(今回、母の両親)で転がり、ウインクとニヤニヤニヤで、私と兄弟にサンドイッチが欲しいか尋ねました。「砂のウィッチ!」泣いたわ彼女は私たちをダイニングルームの窓に座らせて、裏庭の砂場に行って、砂のカップをすくい上げて台所に持ち込むという大きなショーを作るのを見ました。彼女は黒砂糖のために砂を交換するために進むだろうが、もちろん、私たちはゲームと一緒に行って、私たちのサンドウィッチスに驚いた。「誰が砂がとてもおいしい味を知っていた?」口がいっぱいだ

ガートルード・ド・ヨング-「おま」

オーマは2001年に死亡しました — 私はわずか10でした.彼女の記憶はあんまりないけど、彼女の記憶は、あのブラウンシュガーのサンドイッチのような感じがする。シンプルで、謙虚で、甘く、頼りで、彼女の目にはいたずらに光る。2011年のその旅行で、南ホラント州で育った家を探しに行きました。最近取り壊され、建て直されていたことが分かったのです。道路の脇には瓦礫の山があったので、古い家から小さなレンガをつかんで母に連れ帰った。それはあまりにも正しいと思われます-覚えておくことはあまり残っていませんが、そこには堅実で安定しているものがあります。好奇心旺盛な、おそらく、サンドイッチへの家族歴のこの同一視です。私が言ったように、Instagramは神秘的な方法で動く(そして私たちを動かす)。あるいは、もう一つ意味の層で、もう一つは、もはやここにいない人々や、家ではない場所とつながろうとするもう一つの方法だどのような場合であっても、テルスヘリング島に自分を見つけたら、ブランダリス灯台の影の下でフラマン・レストランを見つけて、彼らにあなたのクラブサンドイッチを作ります.後悔しないことを約束する

※ヘッダー写真は1974年に父が撮影したテルスヘリングのパノラマ。

Laura de Jong

Laura de Jong serves as pastor of Second Christian Reformed Church in Grand Haven, Michigan.

8 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    My first ever Philly Cheesesteak sandwich, with a beer, with Cornelius Van Til, in some Philly suburb, almost forty years ago.

  • Dana R VanderLugt says:

    I love this blog. It makes me want to eat sandwiches, travel, and research my ancestors.

    Perhaps not a favorite sandwich, but vivid in my mind, are all the ham on bun I’ve endured at funeral luncheons. Perhaps I’m not a very good Dutch girl because I hate cold sandwiches buttered without my asking.

  • Helen P says:

    Mine would have to an open-faced sandwich made by my mother: a piece of homemade white bread with slices of cheddar cheese, the a slice of very hard salami, with a huge slice of a large tomato on top ~ place in the oven and broiled until the cheese melted, the salami had curled around the edges of the tomato just a bit, and the tomato had softened slightly. Yum!
    I still love those sandwiches.

  • Scott Hoezee says:

    A lovely, breezy, delicious trip down memory lane. Thank you. (And for the record: the Celery Root Schnitzel sandwich at Little Park restaurant in New York City. Perfectly breaded and browned celery root topped with slaw, mayo, mustard and served on a toasted bun. Better than even most any meat sandwich I ever had!) Why is lunch so many hours off yet . . . ?

  • Jon Lunderberg says:

    I had the same reaction to a wonderful blog as Daniel Meeter. I reminisced about my first falafel sandwich on 9/23/1981 in the Old City of Jerusalem at Jaffa Gate. For the next three months, I had five or six falafel sandwiches a week. I wish I still had my youthful metabolism.

  • Lkg says:

    How about the tongue sandwich served to us on Sunday afternoon visits at my Grandmothers…one slice of buttered round bread with a slice of cow’s tongue on top?

  • James Schaap says:

    No question. My fave is the very first BLT, sometime late July, fat and juicy with our own tomatoes, prepared the way my dad used to, with a dash of sugar in the mayo. That’s always best. BTW, I too have Terschelling roots. My great-grandparents left the island in 1868, but I’ve been back twice. What a beloved place! Could almost make me sad they left :).

Leave a Reply