en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

自分のブロックや大学のキャンパスを、正気を保った散歩に何度も何度も回っているのにうんざりして、娘を連れて町の向こう側の公園へ短時間の野鳥探検に出かけるように誘った。ハイランドはレナード・ストリートのすぐそばにあり、私が育った通りのほぼ真向かいにあります。私が覚えているように、ハイランドはゴルフコースでしたが、私は遠くからしか見ていませんでした。私が知る限り、それは排他的な顧客にしかアクセスできません。私の友人のエイミーの家族はメンバーでした, ラ・ディー・ダ.しかし、私はそれに足を踏み入れたことはありません。

今は公共の自然保護区だゴルフコースの所有者は最終的に必然に屈し、コンドミニアムを建設したい開発者に土地を売却した。2017年、ウェストミシガン州のランドコンサバンシーとブランフォードネイチャーセンター(ゴルフ場のすぐ隣に長く愛されている教育非営利団体)が施設の購入を手配しました。ちょうど昨年、彼らはこれらの121エーカーの敷地を「refugium」に変える修復プロジェクトを開始しました。野生動物の生息地、自然歩道、教育プログラムなどがあります。私はLCWMとBNCの人々が古いゴルフコースで何ができるのか興味があったので、訪問したかったです。

ミアと私は暖かいジャケット、サングラス、双眼鏡を装備し、午前中に到着しました。私たちは、砂利駐車場に引っ張られ、すぐにクラブハウスがあった場所に気づいた, 今乾いた汚れの広がり.私たちは歩き始めましたが、パスがどこにあるのか分かりませんでした。こいつらこの時点でうっすら概説されてるだけだろ

実際、私を最も襲ったのは、それがすべてこの段階で見てどのように乱雑でした。捨てられたゴルフ場にしか見えないあなたは古いフェアウェイを作ることができます, 今、雑草で乾燥.あなたは水の特徴を見ることができます, 今、泥だらけで乾燥した草で縁取られています.5月上旬なので、落葉樹はほとんど葉出していませんでした。その中には関節炎に見えたものもあります。スプルースの中には、完全に死んでいました。まるで誰かが縁石の上に30フィートのクリスマスツリーを立って、春までそこに放置していたかのように、そこに死んで立っていました。

しかもまだバーディーが歌っていた。「歩道」を踏む前に、サギと鷹の頭上を見つけました。マガモとカナダのガチョウのペアは、池の端で静かに日没しました。1ペアは、近くにゴスリングフラフボールが飛びついています。木のツバメは急襲し、丸で囲まれています。私たちは、赤腹キツツキとタフテッドtitmousesを聞いた。長い間、私たちは東洋の青い鳥の美しいペアを見つけました。もちろん、ロビン、カーディナル、ブルージェイ、ムクドリとカラスがありました。

それでも、LCWMは、クラブハウスを荒らし、いくつかの看板を立てる以外に、これまでこの場所に何をしていたのですか?その後、私は彼らのウェブサイトに行き、私のような素人が肉眼で見つけられるよりもずっと多くのことが起こっていることを知りました。

ハイランドは、100年以上にわたってゴルフコースとして運営されました。これは、百年の看護芝の芝生で、重い散水や肥料、農薬などの有害物質を周囲の流域に排出することを意味しました。だから去年の春、LCWMは芝の芝を取り除いた。ちょうどそれを削った。その後、ボランティアは野生の花の枝を植えるのを手伝いました。しかし、私たちはもう数年間、それらを楽しむことはできないでしょう。花は根を下ろして彼らの最初の2シーズンを過ごすでしょう。米国魚類野生生物局からのパートナーと共に、LCWMは、すでに土地が浸入している場所で湿地帯を掘り出しました。そのため、生き物たちが楽しんでいた池の中には、水の特徴が野生化しただけではありませんでした。彼らは新品だったボランティアはまた、ブルーバードボックスの束の構築と設置を支援しました。

最終的にミアと私は、ハイランドに隣接するブランドフォード自然センターの森に小さなコネクタトレイルを見つけました.ブランドフォードの建物や教育プログラムは、COVID-19のためにすべて停止されています。しかし、トレイルは開いています, 学校グループの若者に適した小さなループを含みます.ブランドフォードの森では、私にとって新しいものを含め、より多くの鳥種を見つけました。金色の腹と少し錆びた帽子を持つヤシムシクイ。カリブ海とユカタンで冬に掘られるので、「ヤシムシクイ」と呼ばれています。当時は知らなかったけど、仙人ツグミも見た。ミアは、不気味で斑点のある胸の仲間の写真を手に入れました。後でそれを特定しました。我々は最終的に我々は良い外観を得るために彼の後につま先を持っていましたが、我々はあまりにも、聴き続け北のちらつきを見ました。下の斑点と上のストライプ、黄色と赤のアクセント、印象的な黒い胸の三日月を組み合わせたスタイリッシュな鳥です。ミアはまた、彼女のためにトウヒの枝でポーズを取って、スポットライトを楽しむように見えた勇敢な小さなチカデの良い写真を手に入れました。アルド・レオポルドがそれらを説明したように、「大きな愛好家の小さな束」。

車に戻る途中、ミアと私は池を見下ろす写真監視ステーションに遭遇しました。そこには、3匹の好サイズの画家のカメが丸太で日光浴していました。カメラをブラケットにセットして写真を撮り、ハッシュタグに投稿してください。LCWMは、最終的には、生態系回復のフォトモンタージュタイムラプスを作りたいと考えています。

維新って一番正確な言葉じゃないけどね?土地は野生でよりネイティブなものに移行しますが、過去の自然のままの理想的な状態に復元されるわけではありません。生態系は常に動的であるため、そのようなことはありません。それはOKです。要は癒し、住宅街やかなり賑やかな通りが近くにあり、人よりも他者の生活のためのおもてなしを提供するレジリエントで持続可能な場所を作り出すことです。巨大な土地じゃないけど十分だな

一方、治癒には時間がかかり、最初の段階は混乱のように見えます。草はだらけ、木は古いし、いくつかは死にます。ウインドスローとスナッグは、とにかく平衡状態での生息地の重要な部分です, しかし、ゴルフコースでそれらを見ることは、場所が無視され、ケンプットされていないように見えます.LCWMのウェブサイトが指摘しているように、「修復では、醜さがしばしば進歩の最初の兆候です」。

それにもかかわらず、種子は文字通り植えられ、これをネイティブの草原とサバンナの生態系に変えます。ちょっと時間かかりそうコミュニティ入力の豊富な専門家のチームによって開発された全体のマスタープランがありますが、各フェーズは雨と種子と生き物が自分の仕事をするのを待つ必要があります。駆けつけるわけでもなく、ちゃんとやりたいのでもない私たちが待って見ている間、移行期間には独自の美神があることも認識する必要があります。例えば、鳥の歌や日照りのカメなどです。キルディア。胸の全体に幅の広い黒い帯がセーラーストライプのシャツのように広がっています。

私は今、このすべてが私たちのために示唆しているのだろうか、今度は、あまりにも醜い、unkemptで、無視されているようです。たくさん死んでいるようだ。種子は植えられていますか?マスタープランがあるのか確かに疑問に思う私たちは何になりますか?すべての醜さは進歩の最初の兆候ですか?

その朝早く、ミアと私は両親の墓を見に行きました。それは彼らの死の5年記念日でした。「地下、そこにある彼らを考えるのは奇妙です」と、私たちは彼らが今横たわっているベッドのふもと、枕のような墓のマーカーに立ったように私は言いました。「まあ、彼らはそこにいません」と私の個人的なイースターエンジェル、ミアは答えた。「彼らの遺体は」と私は指摘した。私たちは花瓶に花を入れ、私たちが見つけることができる最も明るく、鹿が来て食べないようにします。

そんなに待っている、移行、インビトゥイーン。私はその間美神を見つけようとしています。

Debra Rienstra

I am a writer, professor, amateur musician, science fiction fan, and lifelong member of the Reformed Christian tribe. For my day job, I teach early British literature and creative writing at Calvin University, where I have been on the faculty for over twenty years and still need to pedal fast to keep (mostly) ahead of smart, feisty undergraduates. I have published three books, over two hundred essays for The Twelve, and numerous articles, poems, and reviews in popular and scholarly contexts. I have a B.A. from the University of Michigan (Go Blue!) and a M.A. and Ph.D. from Rutgers. My husband and I have three grown children.

16 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    Thanks you so much. So wonderful. As soon as I saw the photo on the website, the Flicker, I knew this would be good. That clubhouse was where we had my sister-in-law’s wedding reception decades ago. I love it that this is happening there now. Golf courses, as someone told me once, may look green, but actually they are deserts.

  • Jan Zuidema says:

    The graces are visible in the people who have been forced outside for the first time, for many, in a very long time. Having time, born of boredom or desperation, to actually see and experience the wonders of birds, trees, sky. The rejuvenating ability of the natural world that is so resplendent around us to wipe away the ugliness of our world right now. For some reason our bird feeder mirrors that this year. Instead of a meager few orioles, we have had numerous ones, as well as flickers, sparrows, titmice, three types of woodpeckers, blue jaws, nuthatches, catbirds, bluebirds, indigo buntings. It is as if the Lord is reminding us, every day, of the abundance of his love and care for us and this world. Thank you for putting this into words this morning.

  • Jim says:

    The whole essay is golden and that last graf is priceless. The last sentence will be my mantra for a long time to come.

  • Well thought, well said, and a beautiful message of hope and faith. Thank you and stay well.

    Blessings,

    Mark

  • Scott Hoezee says:

    Thanks, Deb: Really lovely. (And a palm warbler? You lucky goose! Never seen one.)

  • James Schaap says:

    I just don’t understand why I don’t take such walks more often. Thanks for taking me along.

  • Roy Anker says:

    Lovely, Debra. That’s quite a tour.

  • Rob says:

    Thanks for that analogy. It’s a lovely reminder that our hope is often in the unseen seeds that God has planted in and around us. Until they germinate and flourish, we can water them in prayer. In the meanwhile, we can enjoy the many other graces that He has given, even in the mess.

  • Marcia Bosma says:

    I rarely leave comments on these beautiful daily offerings, but this one just really felt special to me. I grew up on the “West Side” and have spent hours walking the trails at Blandford. And although no one in my extended family was a member at The Highlands, we celebrated our big family Christmas there for several years. I’m excited to see the transformation over the coming years. My dad is also a birder, and I have many memories of walking in nature preserves, learning how to identify different birds by their songs and markings. We were reluctant learners much of the time. Now he is busy teaching his grandkids, who are much more interested in the lessons, because they adore the teacher. 🙂
    Beyond the memories of the West Side and the love of birds though, I just really appreciated this picture of waiting for transformation, trusting the process, and looking for meanwhile graces. Thank you.

  • Susan Buist says:

    I saw a bluebird for the first time when I was there a couple weeks ago! Last summer, there was a test plot with lovely flowers toward the west side, and then wide patches of thistles as tall as I was along some of the main paths. It’s fun to watch the landscape change over the seasons and years.

  • RLG says:

    Thanks, Debra, for the analogy, if that’s what your article was meant to be. To me it was vague enough that you could suggest a number of moral lessons. You ask if all this ugliness is a first sign of progress, then cite the incident of your parent’s grave. Of course, Debra, you bring to mind the objective reality that death is the final end. The bodies of dead people in the grave are proof of that. Mia has a different hope, a hope with no objective reality to back it up, only pretense. Is the reality of death one’s final rest from a life time of decay? Or is death, not really death at all, but only a state of being dormant, and such dormancy will spring to life in some glorious future? That may be a point which can be made from plant life but doesn’t follow suit from animal or human life. And which religious pretense do we want to buy into? With no empirical evidence we can pretend anything, can’t we? Science or religion? Maybe the transition you’re suggesting is from being a beautiful manmade golf course to being a beautiful manmade nature preserve. Reincarnation? Thanks, Debra, for a thoughtful article.

  • Joe Engel says:

    When Blandford and the Land Conservancy of West Michigan started their journey with this property nearly four years ago, we could only hope it would engender the type of thoughtful, forward-looking reflections you have so kindly shared in your blog. Kudos for your heartfelt and well-written insights, obvious patience with nature, and your ability to articulate the “meanwhile graces” of this evolving urban sanctuary. A wonderful and refreshing counterpoint to a world abounding with daily challenges! Thanks Debra.

    Joe Engel
    Executive Director
    Land Conservancy of West Michigan

Leave a Reply