Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

じっとして、わたしが神であることを知ってください。 詩篇46:10

ADHDの苦しみ者として、私はこの詩がいつも私にheebie Jeebiesを与えていると告白します。 高校時代は、クラスの後列に座っている女の子でした。 いずれかのクラスが8秒以上続いた場合、私の体はアクティブな動きで振動によって反抗した。 机の下で上下に跳ねる脚, ハチドリの翼に匹敵するのに十分な速さ.

「ベス・キャロル、まだ座って」、私の幾何学教師は刺激で叱るだろう。 どんなに頑張っても、私の脳の運動エネルギーは私の落ち着きのない体を静かにすることができませんでした。 静けさは、私が達成するにはあまりにも欠陥だった状態を表した。

今日、そのメッセージはちょうど私のジッタリな体以上に浸透しています。 ADHDの会社を成人期に保つことは、私の新しい友人、不安です。 ADHDが私の体に何をしたのか、不安が私の脳に1アップしました。 「どのようなifs" の渦巻きの竜巻は、私の合理性の風景を壊す。

組織が不足しているために自分の仕事から解雇された場合はどうなりますか? その蚊の咬傷が実際にクモの咬傷だったら、または悪い茶色の巣のクモの咬傷だったら? それがリコールされているにもかかわらず、私は誤ってE.大腸コリレースロメインレタスを食べる場合はどうなりますか? 食料品店に行った後、手を洗うのを忘れてしまったら、歯からロメインレタスを選んでください。 もし私が愛する人がウイルスを手に入れたら? 人生が正常に戻らないとどうなりますか? もし私が本当に病気になり、病院に余地がないとしたら?

もしも、もしも、もしも、もしも。

このすべては、私の暗い寝室に自分自身を隔離し、私の脳や社会から自分自身を遠けるのに十分です。

神を知るための必要条件がまだあるのであれば、彼女のズボンと頭の中にアリを持つ人にはどんな希望がありますか?

機会に、私は幸運と役に立つ「もし" 植物自体がしっかりと私の脳に入る。 昨日はそんな日だった。

このような静けさは、神が私に明らかにされるように、静かに静かに穏やかに自分自身を中心にするための私の能力とは何の関係もありませんが、実際には全く異なるものを意味しますか?

私は詩篇46に行って、自分のために見に行きました。 この詩篇では、災害はどこにでもあります。 地震や津波があります。 地球の基盤は揺れており、私たちの創造が元に戻されているという脅威があります。 政治領域における不安定さは、同じくらい深刻である。 国々は大まねにいます。 三国志トッター それが知られているように、社会は崩壊の危機に瀕しています。 不気気気心に聞こえる?

しかし,詩篇46はこう言います。「神はわたしたちの避難と強さであられ,困った時に非常に現状にある助けです。 それゆえ、地球は変わるはずだが、恐れることはない。」 「私たち」と「恐怖」という2つの言葉が私に飛び出しました。

ニュースフラッシュ:地球の生存の未来は、私の肩の上に座っていません。 人類の運命は、予防接種を見つけようとする研究室に穴をあけられた1人の孤独なウイルス学者の手にはかかりません。 腐敗した政治システムに対する解決策は、あるオレンジ髪の指導者を別の指導者と交換することにはない。 世界の未来は、私たち自身でまだ座って神を知っている私たちの一人にヒンジしません。

わたしたちの贖いは,わたしたちと周りの大騒ぎや破壊,死,絶望,病気,機能不全を見て,わたしたちが共に立つことができることを知ることにあります。 たとえわたしたちが別々の家に置かれていても,神がわたしたちの周り,わたしたちの前,特にわたしたちとともに何をしてくださっているかを監視します。

まだ生きていて、神を知ることは、メディアが私たちを恐れるように私たちを扇動する場合でも、神が私たちの心に集団的な不安と内なるリスを解決できるようにすることです。 このような宇宙の壊れで、神はまだ私たちを選び、創造を選んでおられることを知ることができます。

これは私たちが召す静けさではないので、神を聞き、知るために自分自身に負担をかけることができます。 この静けさは、私たちが考えて、コミュニティや会衆としてではなく、孤独として想像すれば、可能な変容を見たとき、私たちをgobsmacked残す畏敬の念です。 私たちは神の愛と力を知るにはまだありません。 わたしたちを静止させるのは,神の力と愛に対する意識です。

今シーズンは教会が再発明されたものであればどうなりますか? もし私たちの限られた限定的な限度が、関係、創造性、そして団結において無限の可能性をもたらすとどうなりますか? この現在の時間が創造の破壊を意味するものではなく、実際に何かの出生痛が償還された場合はどうなりますか? 私たちが新しいエキサイティングな方法で私たちの贈り物を私たちの周りの傷つけるように召されている場合はどうなりますか?

もしもどうなるの? もしもどうなるの? もしもどうなるの? もしもどうなるの?

私は、これらの質問は、私たちの揺らぎな心、体、そして心でさえ、答えを聞くために固められる価値があると思います。

Beth Carroll

Beth Carroll is pastor of discipleship at Hope Church in Holland, Michigan.

12 Comments

  • Nancy Ryan says:

    Well said Beth. Well said!

  • Magnificent. It is hard to let God be God.

    Be blessed,

    Mark

  • Tom Eggebeen says:

    Loved the phrase: “What hope is there for someone with ants in her pants?” … well said … thank you.

  • Helen Luhrs says:

    Thank you, Beth. I too have an inner squirrel.

  • Rowland Van Es says:

    What if we are just called to lament, what would that look and sound like? What kind of church would we become if we were better at lamenting?

  • Daniel J Meeter says:

    This is good, and helps me reflect on my own soul, and this kind of meditation is one of the reasons I like this blog.

  • Carol Sybenga says:

    Thank you for this Beth!

  • RLG says:

    Thanks, Beth, for a thoughtful article. I think most of us had some form of insecurity, as young people. Some of us were better at hiding our self doubts than others. I remember well, my two sons telling us as parents the reason they got C’s and D’s in high school was they simply were not smart and they were destined to get low grades. That was okay with them in high school because their sole aspiration was to be professional skateboarders. But then in his final year of high school I overheard the oldest telling his younger brother (a year behind him) that he learned the secret to getting good grades. It was, “just listen carefully to your teachers; you have to be in class anyway, so listen instead of daydreaming of skateboarding.” For him, it was, be still and listen to your teachers. And it worked for him. He was on the honor roll for the rest of his high school career. And today both sons are very successful in their professional endeavors. My sons, like myself, were late learners. I wish my brothers had given me the same advise as a high schooler. But we, mostly, get over many of our youthful insecurities and find a measure of success as we get older. Your article reflects a similar success.

    Just a small matter. Even though social media isn’t always positive, by far and beyond, I hear more positivity for the eventual good future of our nation and world. I hear a lot of good will being shared by a variety of people and a lot of confidence that this endemic will be overcome in time through the combined efforts of many. A little positivity goes a long way. Thanks, Beth.

  • Dick Stravers says:

    I am a member of a neighboring church, Pillar, but I don’t think we have ever met. But if your “ants in the pants” personality allows/inspires blogs like this one, praise God. I like it. I like it. And it comforts me in this difficult time. I hope to read more of these from you, words written with legs shaking.

  • Kathy D Van Rees says:

    Oh dear Beth.
    Thank you.

  • Bob Luidns says:

    “We do not still ourselves to know of God’s love and power. It is an awareness of God’s power and love that stills us.” The psalmist would shout her fullest agreement! As do I.
    Thanks, sister in Christ.

  • Michelle S says:

    THIS! ALL. OF. THIS! So So good! In this season of grief and isolation, reading encouraging words like this are so so helpful! A friend of mines posted this of FB and it was exactly the reminder I needed! I should also add, when grieving, (I lost my dad this week) I enjoy some comic relief mixed in with truths, so I appreciated this line “The solution to a corrupt political system does not lie in exchanging one orange-haired leader for another. ” AMEN!

Leave a Reply