Skip to main content
en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

私たちの生活は、瞬間の無数の連続で構成され、それらのほとんどは、忘却に記憶されていない通過するように見えます。 私たちは、夕方には、私たちが朝に持っていた考えや感情を覚えていない, はるかに少ない過去からの考えや感情.

私たちの誰が私たちの幼い頃を覚えています。母親の暖かさは、就寝前に幼児として私たちを嫌い、愛を癒すことです。 それとも、私たちが認識しなかった顔を持つ介護者に残されるという恐怖? 誰が私たちの10代の破壊的な情熱を覚えていますか?それとももっと良く、思い出したいですか?

しかし、これらのすべての瞬間は忘却に渡されません。 私たちの奥深くにある場所(私たちが魂と呼んでいた場所)では、彼らは保持されています。そこでは、ジオード内で結晶化する鉱物のようなパターンを整列させ、形成します。 時間が経過し、パターンが形成されると、私たちの魂は物質を獲得し、アイデンティティを引き受けます。 これらのパターンには異なる名前があります。 私たちは時々、仮定、時には前提や素因と呼んでいます。 どんな名前であれ、彼らは私たちを特定の方法で考え、行動するように処分します。

私たちの人生の瞬間は、私たちの魂の中で深い時間とともに整列していますが、いくつかは反対の効果を持っています。 これらの瞬間は、確立されたパターンと力の再編成を分解します。

神は何らかの形で現れ、人生において新しいアイデンティティと方向性を与えられたことを感じているので、私たちはしばしば神話と呼んでいます。 これらは私たちの燃えるブッシュまたは静かで、小さな声の瞬間です。 まれですが、私たちのほとんどは、私たちがそれらを覚えるために急いでハリーした生活の中で十分に長く休止すれば、それらを再集計することができます。

ミシガン州グランドラピッズの住宅マンフィールドでトラックで17歳のとき、これらのテオファニックの瞬間の一つが私に来ました。

*****

幼稚園から9年生まで、私は各クラスに約20人の学生を持つ小さな小学校に通いました。 私は10年間、同じクラスメートと勉強し、遊んでいました。数年間にわたり来たり来たり来たりする人はほんの数人だけです。 私たちはお互いのことをよく知るようになり、私たちは常に互いに親切ではなかったので、確かめるために不完全なコミュニティを形成しました。 その年の私の親友は、警官になるために育ち、人生のうましい側面を見ていたが、彼が死ぬ直前に私に言った。「私たちはゆっくりと育った。 運が良かった」

その年の私の人生は安全だったが、高校に入学するとセキュリティが脅かされた。 私は最初の日を覚えて、鐘が鳴ったときに1000人以上の学生が流れて流れた広い廊下を通って私の道を作ります。 私は圧倒的な洪水の中で小さく、実質的でないと感じました。 失われた このような考えで占領され、私はインターホンで声を聞いて、クロスカントリーに試してみたい人は体育館で午後3時30分に出会うべきだと発表しました。

秋はクロスカントリーに挑戦し、春はトラックすることに決めました。 私はスポーツは、私は自分自身のための場所を作ることができ、この非晶質コミュニティで認識される手段になるという概念を押収しました。

欲望はスポーツの成功の鍵です。 しかし、欲望の世界でさえ、筋肉が必要です。 私は高校に入ったとき, 私は5フィート10インチでした, 骨が、成長しました. 最初の年に、私はスタミナもスピードも成功したランナーになっていませんでした。 私はクロスカントリーやトラックのどちらでもバーシティチームで競ったことはありませんでしたが、その結果、私は他の人を見るのに十分な時間がありました。 傍観から, 私は体に対してピットボディの元素のドラマを目撃しました; 勝利にいくつかの場所深い内側とスピードから強さを引き出すランナーの驚異; 腕を持つランナーがアップアップアップアップアップしたときの拍手の栄光は、テープを破りました. それは栄光に対する私の食欲をそそった。

2年目には、私はスタミナを持っていましたが、スピードはありませんでした。 全くの決意を通して、私はバーシティに進んだが、トップランナーの間で終わったことがなく、リボンやメダルをめったに受け取らない。 私は立って、他の人が彼らの賞を受賞し、観客の認識を受けるためにプラットフォームを上昇として見ました。

3年目には、行方不明だったスピードがそれ自身を見せ始めました。 私は今6フィート2インチだったと百五十から五ポンド、私のヒーロージムRyunのまさに大きさの重量を量った。 彼のように、私はマイルを走ることに集中した。 私の時代は、グランドラピッズ市の他のマイラーの間で私の立場がなかったように、週に週に改善しました. 私はいくつかのレースに勝ち、私の時代は学校の記録に近づいていましたが、市の記録から遠く離れていました。

各トラックシーズンの終わりに、グランドラピッズのすべての高校は、1回の最終会合で互いに競争するためにハウスマン・フィールドに集まりました。 当時は多くの注目を集めました。数千人が参加し、その会合はローカルチャンネルで放映されました。 私はレースになるランナーのいくつかに負けていました, しかし、私のコーチ, バリー・クップス, 自分自身記録保持マイラー, 私に戦略を与えていました. 私は背の高いランナーだったので、彼は私に4周のそれぞれを一貫したペースで走らせたいと思っていました。これは、後ろに落ちても最初の2周を保つことを意味します。 彼は第三ラップでリードを獲得し、私の長いストライドと勢いで第四にそれを保持するように私に言いました.

戦略はうまくいった。 私は第三ラップで7人のランナーを渡し、4番目のリードに押し入り、それを拡張しました。 私は以前の最高の時間を6秒離し、高校の記録を粉砕し、市の記録も破った。

そして、何か他のものが粉々になりました, 私は予想できなかった何か. ホームストレッチを下って来て、群衆の話題を聞いて、私はテープを壊し、私の息をキャッチするために私の膝の上に私の手で曲げ。 人々は私に走り上がり、記録に私を祝福し始めました。 枯渇の霧を通して、私は空を感じて、自分自身に「それは価値がありませんでした」と言ったことを覚えています。

私は3年間、この瞬間のために働いていました。数え切れないほどの時間、汗のバケツ、足首のねじれ、脛のスプリント。 私は認識が私を喜びで満たし、コミュニティで私のための場所を作り出すだろうと思った。 しかし、このいずれにも喜びやコミュニティはありませんでした。 高校の初日と同じように、レース後に内野の群衆の間で蛇行を失ったように感じました。 望まれる栄光の瞬間,わたしはすべての虚栄心を感じました。 ベイングロリー

五十年後を振り返ると、私の人生はその瞬間に新しい方向性を取ったことに気付きました。 私は、私たちのとらえどころのない神が人生で私たちにどのように付随するのか決して確信していませんが、私は神が住宅マン・フィールドに存在していたかどうか、私に突破し、達成と栄光についての私の欠陥のある前提を打ち破ったかどうか今疑問に思います。 その瞬間の私の人生の将来の方向性を知っていたわけではありません。 そうじゃなくて、個人的な栄光の追求が喜びと孤独であることがわかりました。 私の魂の欲望はそれほど簡単に満足していませんでした。私の落ち着きはそう簡単には落ち着きません。

Tom Boogaart

Tom Boogaart recently retired after a long career of teaching Old Testament at Western Theological Seminary in Holland, Michigan.

9 Comments

  • mstair says:

    “Through the haze of exhaustion, I remember feeling empty and saying to myself, ‘It wasn’t worth it’”

    Yes … know what you mean. Why is it that we cannot anticipate/pre-learn that before all of the investment we make? We seek something, believe we know what will deliver it, achieve it, and it doesn’t. Perhaps it is just the seeking … to learn to live as a “seeker” … we remember what Jesus said about that life-goal…

  • Helen P says:

    I love your last line:
    “My soul’s desire was not so easily satisfied; my restlessness not so easily calmed.”
    Perhaps that’s why some of us feel we’ve never figured out what we want to do when we grow up. Perhaps our souls are simply not easily satisfied.

  • What a wonderful, thought-provoking post. Thank you and have a blessed Lent.

  • John Kleinheksel says:

    Tom, what self-disclosure.
    I’m almost through reading all the articles in the festschrift in your honor.
    You’ve been self-effacing (from Houseman Field?) yet making huge impacts in people’s lives, the Seminary community, at the intersection of “faith and science”. The value of “community” has been enhanced everyplace you’ve “run your race”.
    Thanks my friend, John

  • Paul Ippel says:

    Thanks, Tom
    I also grew up in that small school and was in class with your sister.
    I spent many Friday nights at Houseman Field, but missed your record run.
    Appreciate each of your contributions to The Twelve

  • Jeff Barker says:

    Beautiful Tom. Another wonderful contribution to your growing list of shared theophanies.

  • Harvey Kiekover says:

    Fulfillment, satisfaction, deep joy, contentment–we earnestly seek them but so often in places they just aren’t. Thank you for a great story of honest humility illustrating this.

    Harvey

  • Barry Koops says:

    Thanks for waking the memories, Tom. I love your “Theophany at Houseman Field.” .It is a beautiful as your performance that Friday night 50 years ago! I believe, too, that God was present at Houseman Field, breaking through to you. I believe God uses those intense, elemental moments to speak to those who listen–like Eric Lidell in”Chariots of Fire” who heard, “God made me fast.” I, too, heard that voice whispering messages to ponder days and years later: When you feel exhausted, you can still go on. Raise your eyes–you can do more than you realize. I have gone ahead of you; don’t be afraid.

    I am still inspired, elevated, watching “the elemental drama of body pitted against body, the wonder of a runner who draws strength from some place deep inside and speeds to victory; the glory of the applause when a runner with arms upraised breaks the tape.” The cheers fade, the crowd thins, but a well paced race is like a well-crafted lecture, a hear-tugging cello concerto, or a perfect sonnet–a thing of beauty we may put in the hand of the hand of the Lord.

Leave a Reply