en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

1月はゆっくりと後方に突っ込んでいます, そして今、私たちは荒涼とした真冬の方向に傾きます.

どうぞ あなたがしなければならない場合は、自分自身がそれについてうめき声をしましょう。

非常に少数の人々が2月を崇拝するようです。 それは私たちの最短の月ですが、それは明るい地平線の私たちの見解をブロックし、重い塊のように座る傾向があります。 ここミシガン州では、2月にはあまりにも多くの灰色を提供し、コーナーの周りに、私たちのベッドの終わりに潜む鈍い、静かな暗闇を伴います。 2月は、カールアップと3月を待つ大きな何とか、色の毛布で私たちを包みます。

季節は私たちにとって荒いことがあり、「荒い真冬」は技術的には季節ではありませんが、私は最近、そのアプローチを嘆いている十分な人々が聞いたことがあります。 私の経験から、荒涼とした真冬はひどく退屈で痛いほど静かです。

おそらく、あなたは暗い真冬の中に存在していた自分の人生でシーズンを経験したでしょう。 そして、私はそれが実際の冬の間に起こったかもしれないと言うことを意味し、それは春、夏、または秋の間に起こったかもしれない。 これは今まであなたの経験ですか? あなたは鈍い、痛い、泣く日の長いラインを通過しましたか? 灰色と沈黙はあなたの人生に降りましたか? 季節は痛みを伴い、孤独で、長く苦しむ場所になることがあります。 私は本当にあなたが目であなた自身の荒涼とした真冬を見ていないことを願っていますが、あなたが持っている、または現在ある場合には、ハッシュされた、モノクロの地平線にピアリング、私は友人から聞いたことをあなたと何かを共有したい。

他の230人とともに,友人とわたしはフロリダ州オーランドで開催された最近のミッション2020年の改革派教会に出席しました。 (その太陽は、それ自体で、真実と寛大な贈り物でした、私は告白する必要があります。) 私の友人は、私よりかなり若く、開花するミッションの心と心を持つ医学学校を通り抜けています。

ある朝、ある朝、誰かが、彼女が特定の会話に何貢献するかについて、彼女にいくらか圧力をかけていました。 彼女がその特定の議論に彼女の声を追加する準備ができていたかどうかにかかわらず、私は彼女の反応に打たれました。親切に真剣に述べました。「ねえ、ねえ... 私は2つの耳が開いてここにいます。」

とてもシンプルでした。 彼女は圧力を感じず、声を会話に押し込む必要もなかった。 それは彼女が出席した理由ではなかった。 私の甘くて賢明な友人は、聴いたり、受け取ったり、間違いなく、瞬間が正しければ、応答するために群衆の中にあった。 しかし、まず第一に、彼女は聞いていました。

私たちの荒涼とした真冬の季節にできる最高のことは、耳を傾ける準備ができていると私に感銘しました。 あなたが紅茶といくつかのビスケットで火に飢えている、文字通りの寒さとスチールグレーの午後を撃退している場合、私は時間が無駄ではないことを思い出させるでしょう。 あなたが雪のシャベル、湿った手袋、天気の疲れた精神で周りを踏み回っているなら、再び、2月は無駄ではありません。 あなたが感情的に暗い真冬の暗で憂鬱な日を歩いているなら、今回は無駄ではありません。

あなた方への私の穏やかな励ましは、この静かな空間で、耳を傾ける準備をするということです。 私たちの生活の最も静かで、最も退屈で、孤独な時代がまだ重要な時代である場合はどうなりますか? これらの灰色の日々が私たちをより良く聞くのを助けたらどうなりますか? 私たちが人生の最悪の日にただ一つのことをし、それが2つの耳を開いた状態で現れたらどうなりますか? 神の声のためにあらゆる可能な方法で耳を傾け、注意を払うことは、私たちができる唯一の最良のことである可能性がありますか?

私は、最も困難な日に、私は横たわって、好ましくは最も柔らかい毛布の下にあることを認め、あらゆる種類の努力をしないことを初めて認めています。 しかし、私はひどく恐ろしい一日を持つことさえ努力が必要であることを発見しました。 私の人生では、それは正義のスークフェイスを置くことを意味するかもしれないし、それはエネルギーを必要とする。 そこにそれを保つにはスタミナが必要です。 私の疲労のすべてを保持するには、多くの強さが必要です。それは下に存在する重い山です。 私の暗い灰色の季節に座って、それをすべて私から取り出します。 代わりに、私は自分の仕事を聞いていた場合はどうなりますか?

確かに、私の停止した耳をクリアすることは努力が必要です。なぜなら、他の多くのように、私は冬の小デンで自分を安全かつ快適に保つために強い努力をしているからです。 私の人生で2つの耳を開けることは、おそらく混乱を追い出し、私が心の周りに構築した壁のいくつかを分解することを意味します。 それは私を人質にしている重い、不機嫌な灰色の毛布の私の心を解放するために働くことを意味します。

あんたは? あなたは動きをして、あなたの2つの耳を開くことを喜んでいるのですか? 私たちの生活の荒涼とした冬の間、ついに、2つの耳を開くと、神が私たちに話して聞くことができ、私たちを慰め、私たちに指示し、生きた言葉で私たちの人生を埋めることができるほど静かになることができます。

2つの耳を開けろ シーズンはちょうどいいです。

Katy Sundararajan

Katy Sundararajan lives in Holland, Michigan with her husband and two children, but she has left her heart in a whole host of places called home. She values thoughtful writing that allows us to ponder something small and recognize in it, something big

3 Comments

  • Fred Mueller says:

    Very nicely written. But my perspective is different. By February first the days are gaining three minutes of daylight each day. The temperature has begun its slow climb. Here in Jersey the bulbs in front of the church slate porch have sprung. To me this is not midwinter but its death rattle.
    Now I know it is different in Michigan, but reading your piece I recalled my four winters there at Hope. Great memories like chains of people holding onto a car bumper to glide down streets with packed snow. The year the snow fall was so great that the town used Hope’s campus to dump dump trucks full and it lasted till May and we used dining hall trays to slide. My stupid roommate who never bothered to bring a winter coat in September and shivered through the whole winter. Giant ice flows on Lake Michigan which we (foolishly) walked on way out over the lake. In March swimming the warm power plant outflow north of Holland. Entire weeks when day after day without ceasing powdery snow fell in the dim light of winter. I loved it.
    So cheer up, Katy. Spring is coming. God promised Noah it would.

  • What a wonderful message. It is one that we all need to hear. Too often we speak but never give the gift of listening. This is a very timely reminder. Thank you for this.

  • Karl VanDyke says:

    Unfortunately, this essay misses the very real SAD which is brain chemistry out of balance. One withdraws into one’s private hell without relief. Drugs help some but I find the winter gloom to be a terrible time. Only warm sun works on that malady. I wish it was a quiet time of reflection, but it is not.

Leave a Reply