en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

先週、私は2年半前に第二CRCの牧師としてポストを取って以来、私の第16回葬儀を主宰しました. 15回目の葬儀は2週間前に行われていた。 葬儀は、バッチで来る, それはそうです, 中西部の冬のうろしさは、中西部の冬のセットで特に.The第十五葬儀 — そして、その前に6人 — 軍事的栄誉と結論づけました. 私はセカンドに来る前に兵役を経験したことがなかった。 私の南部オンタリオCRCコミュニティでは、第二次世界大戦で奉仕するのに十分な年齢のほとんどの人は、オランダの市民としてそうしたでしょう。 そして、私たちのサークルには、最近の紛争に関与している人は多くありません。 「カナダ軍の葬儀」のための迅速なGoogle検索は、いくつかの政府のウェブサイトを思い付くが、このサービスが実際にどのように見えるかについての情報の全体の多くはありません。 軍の栄誉の私の唯一の経験は、したがって、私はテレビで見たものでした, トビー・ジーグラーはホームレスの朝鮮戦争のVet.Nowのための軍事葬儀を確保するために戦うとき、西ウイングのシーンのように, 今私はこれらの儀式のためのユニークな見晴らしのポイントを持っている, 会衆に直面して, ちょうど締結した宗教的なサービス。 私はライフルガードが棺に敬礼を申し立てるためにプロセスを見て、正面玄関の外の彼らのポストに行進します。 私はカラーガードが細心の注意を払って旗を展開し、それを緊張させます。 私はコングリゲーションの誰が旗を敬礼しているのかを見ることができ、常に部屋の退役軍人の数に驚いています。 私は彼がタップを演じるように、ラッパの選手がドアのすぐ外に立っているのを見て、私は涙が最前列の家族の顔を下って流れているのを見ます。 ドアに面して銃を撃つ準備はもう少しだ 彼らは棺を敬礼するためにピューからシャッフルとして、私は各名誉ガードメンバーに従ってください, 手が上げられ、断続的な遅さに落ちました. 間もない遅さは、実際には、軍事サービスを定義しているようです。 精度,目的,敬意は,その日の命令です。 何も急ぐことはありません。私はこれらの儀式が数週間前に展開するのを見ているように、私はマリリン・ロビンソンのギレードの通路、別の種類の葬儀を考えました。 ジョン・エームズ牧師は、ある日、コミュニティが燃え尽きた教会を片付けた時、父親と一緒にいることを思い出す。 彼らは無傷の説教壇をオフに運ばとして人々は暖かい雨の中で働いていた一回ピューキンドルの山を作り、聖書や賛美歌のために掘った、すべてのおなじみの賛美歌を歌うとway.Amesのうち、子供たちを撃つ間、彼らは台無しにされたすべての本を集めていたとき、彼らは彼らのために2つの墓を作った、と聖書を一つに、賛美歌をもう一つに置くと、その教会であった大臣 — バプテスマは、私が思い出すように — 彼らの祈りを言いました。 私はいつも驚いていました, 大人を見て, 彼らはどんな状況で行われるべきかを知っているように見えた方法で, まともなものだったかを知る.」(94) それは私が思った最後の行でした, 敬礼で提起片手, 杖をつかむ, 彼らは彼らの同志を名誉として. これはまともなことでした。 これらの行動と動きと、全国の何千人もの男性と女性によって共有されてきた遅い、着実な、意図的な儀式。私は神戸ブライアントの死のニュースのちょうど数時間後の日曜日の午後に行われるバスケットボールの試合のクリップを見て、再びこの行について考えました。 ロケットとナゲットは、試合前に沈黙の延長された瞬間を開催しました。 スパーズとラプターズ、ペリカンとセルティックスは、それぞれ24秒のショットクロック違反を神戸の24番ジャージに敬意を表しました。 他のチームは、神戸の第8号ジャージにうなずきとして8秒のバックコート違反を取った。 それは自分自身の1を称える方法でした, ゲームにそんなに意味誰か, 彼らにそんなに多くの. それはまともなことでした。私はバスケットボールを見ません。 コービー・ブライアントの名前は知ってるが、彼がどんなチームでプレーしたか教えてくれなかった。 そして、私は名声のレベルとスポーツスターに属するお金の法外な量について私の意見を持っています。 しかし、日曜日の午後に全国各地で支払われているこれらの賛辞を見て涙を流さなかったら、私はアメリカ人でもありません。 私は私の心の上に私の手を保持するとき、私はこれらの葬儀で少し厄介な感じ フラグが表示されます。 そして、良い自己非難カナダ人として、私は通常、ここで遭遇する愛国心と軍事的誇りのレベルに少し困惑しています。 しかし、私はまだ泣くことなく軍事葬儀を通してそれを作っていません。そして、私はそれが私たちの多くの異なる意見にかかわらず、何かがまともなことであるときに認識できるからです。 そして、良識について何か動いています。 私たちが頻繁に混乱しているように感じる世界では、正しいことをやろうとしていて、怒りたいと思っていない、常に情報をソートし、情報に基づいた意思決定を行い、一緒に暮らす方法を考え出すと、私たちが共有する儀式、私たちが合意した儀式について美しいものがあります。ちょうど右を感じる儀式。 我々は関係なく、私たちの意見やイデオロギーの、一緒に何かの一部であることができるとき、我々は誰か、または何か、またはいくつかの場所を、尊重として、それは私たちすべてを一緒にもたらしました。 「奇妙なのは逆境の使い方です」とエイムズはシェークスピアを言い換えます。 「私は雨の中で彼のかかとにダウン私の父を覚えています, 水は彼の帽子から滴下, 彼の焦げた手から私にビスケットを供給します, 彼の背後にある教会の古い黒く化した難破船で... 悲しみ自体は、多くの場合、その朝に私を返しました, 私は私の父の手から聖体拝領を取ったとき. 私はそれを聖体拝領として覚えています。そして、私はそれがそうだったと信じています。」(96)私の最初の葬儀は恐ろしい試練だったが、今は彼らを愛するようになった。 復活の希望について説教するから、私は彼らを愛しています。 私はハムパンとライクのケーキを愛しているので、私はそれらを愛しています. しかし、私はまた、その40分間、我々はまともなものに参加するために取得するので、それらを愛しています。 時が行うべき正しいこととしてテストした儀式。 そして、その瞬間、私たちはお互いと、私たちの前に行った聖人、そして奇妙で甘い方法で逆境を使用する神との交わりになります。

Laura de Jong

Laura de Jong serves as pastor of Second Christian Reformed Church in Grand Haven, Michigan.

12 Comments

  • James Schaap says:

    Very beautiful. Thank you. I’ve been reading too much, maybe, about the Battle of the Bulge recently, 75 years in our past. But I’ve read more than enough to say that I think what you’ve written here is also “a decent thing.”

  • Daniel J Meeter says:

    Just marvelous. I loved this. I loved how your choice of words, the “decent thing.”

  • Jan Zuidema says:

    So fittingly written, bringing to mind all those moving moments in honor of men and also a few women who served. It is comforting to know that there are still so many ‘decent things’ happening in our world.

  • Beautifully said, says this old Army helicopter jockey.

  • Jeff Carpenter says:

    When Dad passed, over a decade ago, he was given military honors as a WWII veteran (China-Burma-India Theater) by the local VFW-American Legion group. Mom insisted, though, no 21-gun-salute, and no guns in the church. When my father-in-law passed 8 years ago, church funeral, but burial in a national cemetery (Korean War veteran), with honor guard and full military ceremony on site. Both events were deeply moving, each appropriate to the men honored. Decent things for decent men.

  • Walter Ackerman says:

    Thanks for honoring those who have served in the military and those who have served as honorable parents and grandparents. I have been at a number of military funerals since I left the Army. After returning from Viet Nam I had only a few months left in the Army. I was asked by a Officer if I would be willing to a go with the caskets of fallen solders to their homes. Doing this provided me with wonderful experiences. I prayed with families after the caskets were removed from the airplane and before being taken to the funeral home. Yes it was the ‘decent thing’ to do as well as a Christian thing to do. Thanks for you continuing sharing that love to relatives and families.

  • Jan Hoffman says:

    Interesting. I have bit my tongue, yet feel a need to speak. I’ve also officiated many funerals with military honors and have found the experience very negative. For me, the liturgy and proclamations of Christ and Hope were negated by the stiff military precision, gunshots, flyovers and taps. The contrast between state and Christian faith comes, for me, to a head at these times. I’m thinking, though. I appreciate your writing and the comments.

    • Laura de Jong says:

      Thanks Jan. I’ll say this is also a tension for me. Someone else commented similarly on the Facebook post, wondering why the military service is often more appreciated or emotional for people than the religious service. And I don’t have an answer for that, except perhaps that there’s something about a military service that’s more embodied than the religious service – which is primarily words being said, and not actions – and people want/need to have their grief embodied. So there’s the question of the juxtaposition of the religious and state, which we certainly have to wrestle with. But I also wonder if there’s something we could learn from military services about what people need in a funeral. But I’ve just started pondering this.

    • RLG says:

      Too bad, Jan that you have negative feelings toward the military honors. They are simply a way for our government and nation to express appreciation fo service rendered.

      • Jan Hoffman says:

        Yes, RLG, for military service rendered. My grandfather and uncles were farmers and served our country well at home. They were refused military service by their local draft boards. My father and uncle were ministers and missionaries and served our country well. My friend was a conscientious objector and served in a hospital well. There are many ways we serve our government and our country well, in fitting ways. I think we need to be careful about the ‘decent thing’ we do in one situation and not another.

  • Susan says:

    You are a gifted write. You have helped me understand and appreciate funerals and why we are there. Thank you

  • Dana VanderLugt says:

    Laura,

    I love reading your posts. I started to read today the blog today without looking at the author’s name and just a little bit in recognized your voice. Thanks for your continual honesty, wisdom, and thoughtfulness.

Leave a Reply