en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

月に一度、大人が礼拝をしている間、教会の小さな人たちに聖書の物語を伝えることができます。 子供たちは、2年生を通して4歳の子供たち、そして彼らの教師は、自分の年齢によって色分けされた毛布の上に私の目の前に床に座って、提供されたカリキュラムと私が持っている背景知識を使用して、私は通路にアクセスできるように最善を尽くします。

良い話をするのが大好きな先生として、この仕事は簡単だと思いました。 間違ってた

完全な開示では、数ヶ月前に土曜日の夜に遅れていた、私は翌朝、私はジャエルの話をすることになることを発見するために私の材料を開いたとき、それは悲しげなヒロインを振り回すテントステークだった(または自分自身を守った?) 残酷なCanaanite将軍、シセラ、彼に牛乳の慰めのガラスを与えることによって、その後、よく、彼女に利用可能なリソースを使用して、彼に終止符を打つとジャビンの国勢からイスラエルを配信しました。

私は暴力的な解決にあまりにも重点を置いて子供たちにこのシーンを提示する方法について、私の頭の中ですべてのオプションを実行しました。または、就寝時に眠りに落ちることができないときに両親のミルクのオファーを非常に恐れています。

最終的に女性のヒロインをフィーチャーした聖書の物語で慰めを取ると、私は最終的に物語に付属の漫画ビデオを使用することに定住しました。その物語は、より大きな文脈に焦点を当てたものであり、テントステークが最後に悪人の寺院を通して叩かれた方法を気軽に言及しました。

ストーリー・タイムの終わりに、大学高齢のボランティアの一人が、私を見て、目を広く見て、「うわー、私はその人が来るのを見なかった」と言いました。 私の夫は奉仕の間に私をチェックし、教会が「世代のために子供たちを怖がらせる」方法について冗談を言っています。

しかし、子供たちは段階的に見えないようでした。 たぶん、彼らは彼らの着色ページと一緒に奉仕聖書の死と破壊に慣れています。 結局のところ、私たちは子供のおもちゃやベッドカバー、そしてノアと彼の家族を除く人類のすべてを破壊した洪水を特色とした壁紙を持っています。 子供の聖書の中で最も基本的なものでさえ、アブラハムはほとんど神の方向に自分の息子を殺したり、ソロモン王が半分に赤ちゃんをスライスすると脅したりする物語が含まれています。 そして,わたしたちの教訓のほとんどは,わたしたちの信仰が中心になっている場所に戻ります。救い主は,わたしたちの代理で陰惨でひどい十字架に耐えました。

その日曜日にジャエルの話をすると、私は良い会話につながりました。 私は青少年ディレクターと話しました。過度に道徳的ではない堅実な聖書カリキュラムを見つけるという課題について話しました。 教会で成長し、フェルトボードと聖書トリビアによって聖書の物語のキヤノンを学ぶという私たち自身の思い出について友人に話しました。 私はサマーキャンプに戻って、「ファラオ、ファラオ」の激しい演出の中で、ファラオの軍隊のすべてが「死んだ人の浮動」をしたという感嘆を喜ぶように、私たちは皆、私たちの前に私たちの腕を広げました。 私の友人、エリザベス、エピスコパルの司祭と私の経験を分かち合った後、彼女は同僚の非公式の世論調査を行い、誰が子供のプログラミングにジャエルの物語を含めるだろうと1がイベントの完全なレゴ再制定にアクセスできることを発見しました。

しかし、すべての誠実に、ジャエルとの私の経験は、私が過去よりもさらに多くのことを考え、苦労させました。子供たちに聖書について教えるという意味です。 または、最近著者Sara Besseyが司会したフォーラムで尋ねられたように:どのように私はそれらを台無しにせずに神に私の子供を紹介することができますか?

* * *

約1年前、私は学区でインストラクションコーチとして新しい役割を担いました。 私の仕事は、もはや毎日学生と直接働くことではなく、教師と一緒に働き、私たちが教えること、そしてもっと重要なことは、私たちがそれを教える方法を考えることです。

日常の仕事では、真正性の姿勢と成長の考え方について説教し、モデル化するために非常に懸命に働いています。 私はすべての答えを持つ専門家ではありませんが、私たちは常により多くのことを学び、より良い教えることができる信念にしっかりと保持します。

それでは,なぜ子供たちについても,この同じ姿勢と考え方を移し,神と信仰について教えるのに苦労しているのだろうかと思います。

私は教会の大人と私の小グループと一緒に座っているとき、なぜ私たちはお互いの質問と不確実性と聖書との闘いのために多くの部屋を作るのですか、まだ私は就寝時に私の最年少の息子に読んでいるとき(彼はループ上のイエスストーリーブック聖書を好む)、私は迅速な答えと確実性で彼の質問に挨拶します。 先週,彼はわたしに尋ねました。「神はまだ蛇を愛していましたか。」 彼はまた、男が十字架で死ぬかもしれない正確に疑問を呈しました。「出血から?」 そして、オリーブの庭に言及すると、彼はそのレストランがどれくらい長く続いてきたかを尋ねました。

聖書と一緒に大人の部屋に座って、「わからない」と言い、子供たちと一緒に隣の部屋に入って、「知っておくべきだ」と言う。

子供のころから私と最も立ち往生してきた経験を考えるのをやめるとき、それらのすべては、日曜学校の教師、青少年指導者、ペンパル(ペンパル)になったキャンプカウンセラー(私の隣に来て、私と私の質問のための部屋を作った人)を中心に集まっています。

質問が私たちを押しつぶす必要はないことを子供たちに示すことが可能かどうか疑問に思います。 そして、カーペットの上の小さなものから思春期の不確実性、そして大学の形成期に成長するにつれて、それはますます重要になるかもしれません。 わたしたちの信仰と,わたしたちの神が,わたしたちの不確実性,闘争に支えるほど強いことを願っています。

息子の中学生の青少年グループリーダーはこう言います。「イエスを売る必要はなく,イエスのようになりましょう。」

今週の日曜日にもう一度聖書の話をします。 今回は前もって計画を立てており、黙示録から7つの教会への神の警告である物語を伝えることを知っています。 それは再び簡単なものではないだろうし、私はすべての答えを持っていません。 そしておそらく大丈夫だ

画像:アルテミシア・ジェンティレスキ、パブリックドメイン

Dana VanderLugt

Dana VanderLugt is a teacher and instructional coach. She is also pursuing an MFA in Creative Nonfiction from Spalding University in Louisville, Kentucky. Her work has been published in Longridge ReviewRuminate, and The Reformed Journal. She blogs at www.stumblingtowardgrace.com and can be found on Twitter @danavanderlugt.

4 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    The open, wondering questions of children, and the free use of their imaginations with difficult stories, is welcomed and assumed in the Godly Play / Children in Worship curriculum, as it is also in the marvelous but less well-known curriculum that we use here for first-through-third graders, called Beulah Land, by Gretchen Wolf Pritchard. Give them half a chance, and they will explore those Bible stories, even the violent ones, with their questions and imaginations way beyond our pious expectations.

    • Lynn Setsma says:

      Thanks for suggesting Godly Play/Children in Worship. I was thinking of that as I read Dana’s post. I love that children can respond and there is no “right” answer.

  • Rowland Van Es says:

    A similar story is told in the Deuterocanonical book of Judith, another woman who kills another enemy general. Judith is more aggressive than Jael since she deliberately goes to the enemy camp, lies to them, dresses in her finest, and after Holofernes gets drunk in his tent, she cuts off his head. When did we get the idea that the Bible was a children’s book or that every book or every story was appropriate for children? It is about real life: the good, the bad, and the ugly. Ezekiel was not supposed to be read by Jews under 30 because it would be too confusing for them. And what about the “texts of terror” where women are raped and murdered and treated badly? Not suitable for a “children in worship story” with all those wondering questions. Perhaps we need to have a rating system for biblical stories like we do for movies: G, PG, PG-13, R, and even X rated stories are in there. There is a reason there is such a big market for children’s bibles like the one your son prefers. Stories like Jael and Judith are why Sunday school is not just for children and why young children leave before some scripture readings. The adults in attendance, however, should wrestle with them.

Leave a Reply