en flag
nl flag
zh flag
fr flag
de flag
ja flag
ko flag
ru flag
es flag
Listen To Article

月曜日の夜、私はついにネットフリックスで2つの教皇を見に行きました。 フェルナンド・メレイユ監督, フィルムは、教皇ベネディクトの意外な辞任を中心に 2013, 同じ役割に教皇フランシスの可能性は低い昇格. それは素晴らしい映画です。 ホプキンス(ベネディクト)とプライス(フランシス)の公演は、オスカーノミネートに値する。 風景は素晴らしいです、カメラの角度は驚くべきことであり、音楽の選択肢は楽しく風変わりであり、映画のほとんどは単に2人の老人が互いに話していることを考えると、ペースは魅力的です。

私が見たように, 私は聖ペテロ大聖堂の前で過ごした夕方に戻って, 彼の辞任のわずか2ヶ月前に教皇ベネディクトを聞いて. 2012年12月の終わりに、私は世界中の4万人の若者たちにローマで開催されたTaizé欧州会議に参加しました。 この集会は、毎冬、フランスのテゼのエキュメニカルコミュニティでの1週間の集まりの小宇宙イベントである別のヨーロッパの都市で行われます。

サーカスマキシムスで昼食を待っている4万人

私は2011年の夏にTaizéに行っていました。それは深く形成された経験です。 毎週何千人もの若者が世界中のあらゆる宗派から集まり、一緒に祈り(Taizé音楽の簡単な控除を使って)、一緒に食べて、一緒に学ぶことができます。 聖体を含む朝の祈りは、8:15 から始まります。あなたが言う最初の言葉は祈りの言葉、あなたが聖体拝領のパンを食べる最初の食べ物です。 チョコレートのロールとスティックを朝食した後、人々は共通の言語グループに分け、福音の一つを研究し、その後2時間の議論のために小さなグループに分けます。 12:30 には正午の祈りと昼食があり、その後にワークグループで過ごした時間が続きます。 夕食に続いて夕方の祈りが続き、9:30 頃に終わります。その後、11:30 にベルが沈黙のために通行料を鳴らすまでの自由時間です。

それは騒々しい、大声で、混沌とした、平和的で、感情的で、深くエキュメニカルな週でした。

到着の時間以内に、私は何年も近いままになる人々と友達を作りました — 特にドイツからマイケルとポーランドからアリシア、両方のローマカトリック教徒から。 2年後、私たちはローマで再会し、Taizéのルーチンを再現しましたが、祈りと活動が街のバシリカ全体に広がりました。

テーズの祈り

私たちの集まりの2日目に、私たちはサン・ピエトロ大聖堂広場への道を作り、教皇が私たちに対処するであろうから、バシリカの階段からわずか12行の座席を得ることができました。 待っての3時間後、教皇はpopemobileに到着し、人々の行と行と行を蛇行し、優しく手を振って笑顔。 彼は私たちの10フィート以内に合格し、彼が乗ったようにちょうど一瞬間、私は彼と目の接触を作った。 彼は私の教皇ではないかもしれませんが、彼はまだ教皇であり、それはまだ非常にクールな瞬間でした。

悲しいかな、popemobileは、波の両方に1のために十分にゆっくりと移動し、良い画像を得ることはありません。

奉仕は、歌い、ろうそくを照らし、教皇からの統一についてのメッセージを進めました。 「あなたは若い人たちです」と彼は言いました。「正教会、プロテスタント、カトリック教徒... あなたは地球上の人々にとってイエスです。」

そして確かに、タイゼの週とローマでの週について私が愛していたことは、私とは違った信仰と礼拝をしている人々と礼拝していました。しかし、中核はキリストに対するわたしたちの信仰によって統一されています。 私はカルバン礼拝シンポジウムを愛する理由の一つであります, その出席者は30の異なる国と40宗派を表すイベント. その理由は、私はハーグのアメリカのプロテスタント教会でインターニングを愛しました, 信者のコミュニティは、60の異なる国と40の宗派からの外国人の任意の時点で構成されました.

礼拝のその瞬間,わたしたちの団結はわたしたちの違いの合計よりも大きいです。 私たちは一緒に何かを体験することができます, 共有何か, バインディング何か, 我々は異なった投票であっても, または別の言語を話す, または別の食べ物を食べます.

分極、怒り、そして敵意の中で、私たちはしばしば互いに対話することを学ぶ必要性について話します。 最初か、おそらくこれと並行して、一緒に礼拝する機会を増やす必要があるのだろうかと思います。 それは我々がキリスト教徒として、共通点を持っていることを覚えておくために。 白または黒かどうか, 共和党または民主党, アジアやヨーロッパ, ゲイやストレート. 私たちの違いの合計よりも大きい団結を実践する。 そして、多分我々はいくつかの橋を構築するために、そこから出発点を持っているでしょう。

別の映画で閉じるには、私のすべての時間のお気に入りのシーンの一つは、1984年のドラマの場所・イン・ザ・ハートの最後のものです。 映画は、大恐慌の間、小さなテキサスの町で多数の文字間の緊張した関係をナビゲートします。 初期の場面では、保安官ロイス・スポルディングはワイリーという若い黒人男に殺される。 ワイリーは、その後、復讐で殴られ、リンチされます. 保安官の未亡人、エドナは、彼女が彼女の2人の幼い子供を気遣うように彼女の農場を海上に保つために戦わなければならず、彼らと一緒に搭乗する盲人の部屋を作ります。 最終的にモーセという名前の黒人男は、農場で動作するように来て、町の不信と人種差別を数える必要があります。

最後のシーンは、教会で行われます, 聖体拝領のお祝い中. 要素は、隣人から隣人まで、これらのすべての文字は、一緒に暮らすことを学ぶ行に渡されます。 最後に、シュールレアリスムの瞬間に、カメラはロイス・スポルディングとワイリーに休むようになります。 ロイスはワインをワイリーに渡し、ワイリーがそれを取ると、彼は「神の平和」とつぶやく、映画の最後の言葉です。

お互いに和解し、正義を求め、損害を修復し、一緒に解決策を見つけるために行われるべき多くの作業があります。 しかし、ここには、おそらく、イエスをお互いに拡張し、多分いくつかの平和を見つけることを開始する場所です。

Laura de Jong

Laura de Jong serves as pastor of Second Christian Reformed Church in Grand Haven, Michigan.

7 Comments

  • Daniel J Meeter says:

    You brought me along.

  • Scott Hoezee says:

    Thanks, Laura. And Places in the Heart is an all-time favorite. I have used that closing clip in presentations quite a few times. Incidentally, did you know that director Robert Benton placed such a high value on that kingdom-of-God-glimpse communion scene that he had a special camera dolly built just so the camera could follow the communion elements as they passed person to person. Maybe the most theologically rich moment ever captured on film. And you’re right: it brings tears because it is the vision of unity we all yearn for. Thanks!

  • Eric Van Dyken says:

    Laura, I like your writing. It seems to me that God has blessed you with a kind and gentle soul.

  • John Kleinheksel says:

    Thanks Laura.
    For a refreshing ecumenical worship experience, for those in W. MI, come worship at First United Meth. in Holland, 5:00 p.m. this Sunday, January 19. 65 of us will be in the choir. CRC, RCA, Methodist, Roman Catholics, Pentecostals, Presbyterians, Lutherans, African Americans. Colleague Bob Batastini (St. Francis de Sales) will direct the choir. To kick off the Week of Prayer for Christian Unity. Sponsored by CUSP (Christians United in Song and Praise).
    Google CUSP for more details. Singing and praising the One God might go a long way toward honoring our Lord’s Prayer that “they may be one, even and I am in you and you are in me” (John 17).

  • Gary VanHouten says:

    I haven’t seen The Two Popes, but did see this article entitled, “Two Popes at odds as Benedict attacks plans for married priests amid fears over ‘parallel papacy.” Read it here: https://www.telegraph.co.uk/news/2020/01/13/popes-francis-benedict-clash-priestly-celibacy-row-underlines/
    Thanks for your piece, Laura. Always enjoy your perspective.

  • Daniel J Meeter says:

    There’s also a very moving Holy Communion scene in the 1982 Italian movie, Night of the Shooting Stars. It’s a fabulous movie all around.

Leave a Reply